旅行・地域

2017年逗子海岸海開き

6月30日金曜日逗子海岸が関東一早い海開きとなりました。
01 朝9時半から神事が行われ海岸関係者や市長・市議会議長・県議・衆議院議員など関係者の玉ぐし奉納が行われました。
02 その後海開き行事を開催、市長の挨拶と今年はキャンパスガールによる広報活動の紹介がありました。
03 挨拶の最後は逗子サーフライフセービングクラブの挨拶。監視長「えびちゃん」が子供たちから大人気でした。
04 逗子?海岸?のキャラクター?も頑張っています。
05 今年も人文字が行われましたが、風が強く空撮ではなく梯子に上って撮影でした。
06 市長のカウントダウンで子供たちが一斉に海に飛び込んで海開きです。
07 今年からライフセーバーの中央監視所は木製の建物になり恰好良くなりました。
今日から9月3日まで、66日間しっかり海岸のガードをして行きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

逗子海岸海開き準備

6月29日明日から2か月逗子海岸海開きという事で監視所の準備にやってきた。

海岸監視所(本部)は逗子海岸の中央に設置され、今までの仮設建物から木造のかっこいいものに替わって気持ちよく準備が出来ました。

01

海上に設置するブイの準備
02使用する器具などの清掃

02a_2お弁当の試食。種類もあってナカナカ美味しい

03新しい海岸監視所へ水上バイクをしまう。

04新しいユニフォームが到着。本日の準備メンバー

05社会人メンバーで。

なにはともあれ明日から66日間使うものですので大事に使っていきましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

隅田川水面の祭典

6月4日日曜日隅田川言問橋の近くで隅田川水面の祭典にキッズボート体験乗船会で参加しました。

01_23日横浜開港祭を昼で撤収して浅草は隅田川の白髭橋の上流で川に面してクレーン付きトラックを止められる所へ移動し別のところから来た浮桟橋を積んだトラックと合流しさっそく浮桟橋を降ろし3つを繋げて先程まで横浜で使っていたキッズボートにまたエンジンやハンドルを付けて川に降ろし浮桟橋に乗せて水上バイクで引っ張り下流の言問橋先の会場まで移動します。私はこの筏役なので乗ってのんびり川下りです。
02_2言問橋のすぐ先の会場について準備をしたらとりあえず解散し19時頃夕食をいただいて近くのゲストハウス?に宿泊。4日は朝7時から浮桟橋が使えるように組み直しマーク(ブイ)を打って準備を行います。会場は丁度スカイツリーの正面です。
03_2会場では我々のキッズボート体験乗船会以外にもカヌーやSUPの体験や水上バイクの競技、フライ(アクア)ボード披露など盛りだくさんで準備にそれぞれ追われています。
04_2川幅が140mとあまり広くなく航路をまたげないので真ん中あたりまでしか行けないこともありますが前日の横浜港のような波はないのでゆっくり走って自由に運転してもらいそれなりに楽しんでもらったと思います。

15時に体験乗船会は終了。浮桟橋にキッズボートやライフジャケット、アンカーなど機材を載せて水上バイク1隻で引っ張り2隻のキッズボートで後ろを押して川を遡上しクレーン付きトラックで揚げてトラック3台に機材を積み18時過ぎに撤収、高速道路で帰宅しました。

3日間しかもトラックから降ろして準備→体験乗船会→船などをバラしてトラックに積んで移動→トラックから降ろして川下り→準備・体験乗船会→川を遡上→機材を上げてバラしてトラックに積み込みと大変な作業の連続で、高齢者の方々に頭が下がる思いです。

来週も東京若洲で体験乗船会です。頑張りましょう。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年横浜開港祭

6月2日3日と横浜開港祭にキッズボート体験乗船会で参加しました。

012日朝まだ観客がいない内にトラックでキッズボート(ゴムボート)を搬入し台船のクレーンで下ろして支度をします。
0210時からの開始時間にはもう沢山の子供たちが並んで次々と体に合ったライフジャケットをつけてスタンバイします。
03小さい子供は保護者が付いて、小学生以上は一人でも乗れます。この日は風が強くて沖を走る大型船の引き波もあり結構揺れて水しぶきも浴びますが、夏のような温かさで皆様楽しんでいただきました。
04NPOの仲間は大分高齢化していますがみんな子供の笑顔が見たくて頑張っています。しかし本日は午後が13時~17時と永くて皆様お疲れ気味です。

3日は午前中で体験乗船会は終わり即撤収でトラックにボートを積んで浅草に向かいました。忙しい体験乗船会の連荘です。

※小生は運転している方なので写真は皆様が撮っていただいたものを一部使っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

逗子海岸監視キックオフ

5月28日逗子市交流センターで逗子ライフセービングクラブ員が集まって逗子海岸監視のキックオフを行った。

01_4自転車は13時20分に家に到着、シャワーを浴びて着替えて逗子の交流センターへ歩いて向かいました。

会議室に着くと既に逗子ライフセービングクラブのみんなは集まってワイワイやっています。昨日は新歓練習、今日も練習をしたそうです。

時間で始まるとプロジェクターを使って監視長の話や練習について、PWC(水上バイクレスキュー)、宿舎やシフト、新しい制服、作成したマニュアルの説明など次々にわかりやすく進んで行きました。最後にみんなで今年の目標を前に記念撮影しました。

6月30日逗子海岸海開きから9月3日までの66日間、今年はマニュアルも出来て一味違ったガードで頑張りましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NPO湘南海上安全協会総会

5月27日ボランティアで所属するNPO湘南海上安全協会の総会に参加した。

01_3NPOは必ず毎年総会を行うことになっているので、今年は逗子のKITORIで総会を行い、その後そのまま親睦会に入った。また1年みんな年をとったが、まだまだ動けそう。今年も沢山のイベントがあって土日は忙しそうです。頑張りましょう!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

義母の88歳記念旅行。富山・加賀屋

5月21日藤井荘を出て糸魚川で昼食し高岡で藤を見て和倉温泉の加賀屋へ行った。

01_22日目は車で移動という事で糸魚川のお寿司屋さんで昼食し近くのつつじ園に行きましたが、暑さ続きですでに見ごろを過ぎていたこともありパスして氷見の磯部神社へ藤の花を見に来ました。

02_4大きな藤ノ木が神社の大きな木の上をすっかり覆って垂れ下がっています。こちらは方向によって咲き具合が違います。

02_5神社に入ってみるとあちこちの大きな木に太い藤の木の幹が龍の様に絡まって奇妙です。

03_4凄いものを見て40分程で和倉温泉加賀屋に到着。

0411f渚館11Fは竹のフロアーエレベータ前は竹尽くし渚館は階によりそれぞれ木や花が違い、この階はフロアーから部屋の中まで竹尽くしでした。
05_3部屋からの夕日がきれい

06_88夕飯はホテルから88歳のお祝いでめでたいお祝いの品が飾ってありました。

07_88記念撮影。

08_2食事も流石加賀屋というものが沢山出て美味しかったです。三大珍味のなまこの「干くちこ」も出ました。こちらのお風呂は大きくて3階建てお水はしょっぱいです。

09_2次の日は能登島ガラス工房に寄って金沢駅へ、そこから北陸新幹線で東京へ帰りました。

藤井荘、加賀屋とも良い宿でした。藤井壮は山の中で静かで本当に落ち着いた宿、食べ物も美味しくてお酒も美味しかったです。お風呂も少し熱いですがよく温まってよかったです。加賀屋も良い宿でお風呂も大きくて良かったですが、団体が沢山いて一寸落ち着かなかったです。でも北陸はお魚が美味しくてまた来てみたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

義母の88歳記念旅行小布施・藤井荘

5月20日~22日で義母の88歳お祝いで旅行へ行った。希望は北陸新幹線で加賀屋に泊まりたい。という事で、、

01まずは東京駅から北陸新幹線で長野へトヨタレンタカーで新型プリウスを借りて小布施の蔵部へ行き昼食。

02_3外観は酒蔵のようですが中には大きな酒樽がありました。聞くと酒蔵枡一が経営しているそうです。

03_3ご飯が美味しいのはこのお釜のおかげでしょうか?4人でそれぞれ違うものを頼んでシェアしましたがどれも美味しかったです。
04_3昼食終わって表通りの枡一酒造へ行きお土産にお酒を買いました。(まだ飲んでません)

05cafe小布施堂で買い物をして横の引き戸をを開けて奥の喫茶ENTOTU(えんとつ)へ

06_2ここはこのモンブラン朱雀の専門店。結構大きかったので流石お昼を食べた後なので二人で1個づつ注文、コーヒーを飲みながらいただきましたが栗の味が良くて中はアイスが入って今日のような暑い日のはありがたい美味しさです。栗の季節には長蛇の列が出来るそうです。

07車でどんどん坂を上って山田温泉藤井荘に到着。

08鬱蒼たる谷の中にある。新緑が綺麗
09そして静か!部屋からの眺め

10日本間の部屋は落ち着いて、旅館の中全部が落ち着いた感じで非常に良いです。

11bw談話室のスピーカはB&W音が良い。
12谷間なので下の渓流へ降りて見る。ヒヤッとする風が渡り気持ちが良い。α波を感じます。お風呂はそんなに大きくないですが近くの木に鳥が良く来て楽しいです。夜は星が良く見えます。

13晩御飯は別のお部屋でいただきます。これもまたすべてに手がかかっていて美味しかったです。この宿のおすすめのポンポン鍋もいただきました。

14朝、宿の向かいにある宿の外湯の滝野湯に入りました。タオルを借りて入ってみるとお客はなし、板葺きの真ん中に木の浴槽が在って熱いお湯が流れてかけ流しになっています。お湯は熱くて宿のフロントの方から「熱いので水で薄めて入って下さい。」という事で水を出してその近くに浸かりました。が浸かった処は真っ赤になりました。

15宿に帰って今度はフロントで入浴券をもらいもう一つの町でやっている外湯の大湯に入りました。ここは一般の方が数人入っていて板葺きですが洗い場もあります。お風呂も大きいからか滝野湯程熱くはありませんでした。表に出て公園の足湯に足を入れるとここも結構熱かったです。宿の話では源泉は68度という事でそんなにうすめて無いようです。

16最後に出発前に記念撮影

17宿からすぐのところに八つ滝があります。滝つぼが八段になっているそうですが、木が鬱蒼と茂っていてしかとは見えません。さらに上に雷滝というのがあるそうですが、140m坂を下りるという事でパスして北陸に向かいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

横浜トライアスロン2日目

5月14日横浜トライアスロン2日目

012今日は水上バイクが2艇増えて6艇でレスキューを行います。

02_2続々会場に到着。審判を載せる小さなゴムボート、全体を指揮する少し大きめのゴムボート、水上バイクなど緊張の面持ちで会場入り。

03_2朝7時過ぎからスイムのスタートが始まります。毎回カテゴリーの始めにはスタート位置から追いかけるグループとコース上の定位置にいるチームでガードします。

04_2次々と選手がスタート1つのカテゴリーで5分毎に4レースがスタートします。これが14レース続くので沢山の選手がコース上に泳いでいます。分けるのは帽子の色、1周のレースは分かりやすいですが2周のレースは審判の方の指示でレスキューが動きます。

05_214時位まで休まず続けやっと戦い終わって片付け、岸壁は貝が沢山あって水上バイクが傷つくのでゴムボートを岸に着けて水上バイクを次々釣り上げて回収します。

06211時間くらいで全ての船を上げて片付けも終わり最後のミーティング。今年も反省が沢山ありそうです。この後お弁当をいただき解散しました。

昨年より水上バイクが増え効率よくレスキュー出来たので今年は事故もなくスイムを終えることが出来ました。来年も今回のいい処、気になった処を検討して良いレスキューに繋げたいです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

横浜トライアストン1日目

5月12日準備、13日横浜国際トライアスロンの国際エリート級レースのスタッフ参加してきた。

01113日トライアスロン1日目

02水上バイクの面々

03国際エリートのスタート待ち。審判の方たちも緊張しています。

04雨の中でエリートのレース中。流石エリートは殆どの人が塊になってあまり差がつかず750mのコースを2周して行きます。特に男子はマークを回る時は迫力があります。

05レスキュー岸に揚げて再出発して行く。リタイヤなどの選手がいると水上バイクに着けた黄色いスレッドに乗せて岸に運びます。岸には貝が沢山付いているのでスリッパを履いてもらっています。エリートでは殆どありませんが2日目の一般では大活躍する時もあります。
06明日は大変だ!ライフセーバーの面々泳いでいる選手の一番近くで選手を見守っています。

1日目のエリートのパラ・女子・男子のレースは殆どレスキューする事もなく。逆にTVカメラの中に入らないように気を付けて審判を載せてボートを運転していました。

天気が悪くて選手には気の毒しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧