« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

2018年1月

BRM113神奈川300km鎌倉に参戦

1月13日AJ神奈川主催のBRM113神奈川300km鎌倉に参加した。

01_21月8日からまだ4日しか空いていないので一寸疲れが残るが地元という事もあり5時過ぎに家をでて5分ほどで鎌倉駅西口に到着。西口公園には既に沢山の選手が集まっていた。気温が低くて寒い。ブリーフィングで担当の井手マヤさんから「寒いので低体温症に気を付けて」と話がありました。また伊東でマラソンがあって10時過ぎはう回路を行くように指示がありました。

02_pc1_2鎌倉駅東口を出発して若宮大路から滑川を右折して慣れた湘南道路しかし寒い。湘南大橋の温度計はマイナス2度です。大磯から一寸向かい風の国道1号線を走ります。小田原早川口を左折すると伊豆半島に入ります。ここからは国道135号線を南下します。この辺りでは大分暖かくなってPC1根府川のローソンに到着です。天気は快晴。気持ち良いです。

03更に国道135号線を南下して真鶴、湯河原、熱海への長い坂を上って熱海市内へ。この辺りから南風が強くなってきて走りを妨げます。ブリーフィングで聞いたう回路は伊豆高原を上るので大分時間ロスになります。ここは頑張って10時前に伊東を抜ける必要があります。殆ど向かい風もものともせず頑張って走って伊東入口の岩松信号は9時40分、そのまま真直ぐ抜けて県道109号線に入りました。
04_2県道109号線に入ってすぐの汐吹公園。ここにも熱海の公園と同じく公共トイレがあって一寸一休み。この後の急坂に備えて羊羹をほおばって出発です。

05_pc2県道109号線を上ったり下りたりしてPC2伊豆高原のローソンに到着です。11時、早速早いお昼と思いましたが既に結構食べ物がなくなっています。寒いのでカップヌードルカレー味を食べて締め切り1時間20分前に出発。しばらくは長い下り調子で海岸線まで降りて綺麗な海沿いの道を走りますがその内北川温泉など厳しい上りと長い下りを繰り返します。この辺りは向かい風が更に強くなって下り坂を空き缶が上ってくる始末。漕がないと下れません。
06_2しかし天気は快晴なので伊豆七島が綺麗に見えて、大島の街並みも見える程です。綺麗な海岸線を苦しみながら走ります。河津では国道の河津桜が3部~5部咲きに咲いていました。白浜が見えたときはやっと厳しい上りが終わりそうとほっとしました。下田から更に道なりに走り下賀茂へ手前のファミマで間違えましたが、すれ違った選手に教えてもらい無事PC3のファミマに到着です。

07_pc3もうこの辺りでは選手は少なくなって力のある選手は通過した後のようです。速い方は稲取辺りですれ違っています。到着時間を見ると締め切り2時間まえ。同じ調子で走れば完走できそうです。おにぎりなどをほおばって補給しました。向かい風に大分体力を奪われましたが、ここからは折り返しなので追い風。風に押されながら今度は伊豆半島を北上です。

08下田駅の黒船。一寸楽になって走り出すとしばらくは追い風で大川温泉辺りまでは楽に走っていましたが、なんと暫くすると横風位の軽い向かい風に変わって上りが大変になってきました。体力が失せて既に売り切れの足で上りはふらふら下りは飛ばして永い伊豆高原の坂を上ってやっとローソンが見えてきました。
09_pc4PC4の伊豆高原ローソンには更に締め切り時間に余裕が出来て少し気持ちが楽になってタンタンメンを食べて出発です。県道109号線はこちらからは余り急ではないので無事抜けて伊東から熱海の坂や湯河原の坂をふらふら上ってPC5真鶴の7-11に到着です。もうここから先は殆ど平坦。21時過ぎに出発なのでゴールの締め切り26時には50kmで5時間と時速10kmでも着ける様。もう体力がないのでユンケルを飲んで出発です。しばらくは休んだ勢いで走りますが寒い、時間が経つに従いどんどん冷えてきます。早川口を曲がって小田原に入った辺りからユンケル効果が利いてきて何とか足が回ります。湘南道路に出ても一応20km/h位で走って鎌倉滑川を通り小坪のトンネルの坂を上り切ればもうゴールはまじか。

10f逗子海岸を回って逗子の街並み、逗子銀座商店街を抜けるとゴールのマクドナルド逗子駅前に到着です。1階でナゲットを購入し3階の受付に、井手マヤさんが優しい顔で待っていてくれてホットしました。タイムは18時間24分でした。

本日の走り、所要時間:16:03'24。距離:306.73km。平均速度:19.1km/h。MAX:53.1km/hでした。年の初めから200km。300kmと連続はきつかった。もうヘロヘロですが兎に角年始めに300kmまで行けたので今シーズンが楽になりました。次の400kmまでは大分間が空くので200kmを混ぜて調整しながらゆっくり進めましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BRM108東京200kmはとばす参戦

1月8日2018年度最初のブルベ「BRM108東京200kmはとばす」に参加した。

01朝5時半頃スタート地点の駒沢オリンピック公園に到着。寒い!本日は15時位から雨の予想で主催者の話ではDNSの方も多いようです。着いたときは既にブリーフィングが始まっていて聞いてから受付、間もなく車検してスタートと忙しい。

02_pc1暗い街並みを列を作って走って段々夜が明け明るくなります。空は曇っていますが時々日がのぞきます。PC1の二宮駅近くのローソンに着いた頃は多少寒さも緩んで走りやすくなりました。ここからはいつも走る湘南道路多少横風気味ですがあまり影響なく略平坦な道を飛ばします。この区間しか時間が稼げないので。。

03_pc2逗子の渚橋を渡った処から三浦半島に入ります。西側を南下して林交差点から一騎塚を右折して少し長い坂を上り一気に降りると三浦海岸駅を抜けて三浦海岸に出ます。海沿いに右折したところにPC2のファミマがありました。大分時間の余裕が出来て良かったです。今カレーメシにはまっていますが、このお店にはなく、軽く食べて直ぐに出発、来た道を戻り湘南国際村を上ります。上りらしい上りはここだけなので一寸頑張って上って道の頂上のファミマで念願のカレーメシをいただきます。お腹も膨らみ長い南郷のトンネルを通ってイトーピア団地を上り降りた処の逗子病院辺りでザーと雨が降って来たので合羽上下を着ました。船越から日産の近くに来た時は既に雨も殆ど感じなくなってきましたが今度は寒くなって来たのでそのまま合羽を着て走ります。八景島方面に走り国道16号線に出て八幡橋を左折して中村橋を通りPC3のローソンに到着。まだ15時過ぎに出発、みなとみらいから国道1号線に入り北上、鶴見川、多摩川を渡って東京に、池上本門寺辺りを過ぎるともう暗くなってナビが無いと分かりません。と時々ナビがフリーズ。この辺りから若い二人組の後に付いて走ります。都内の中は記憶のある処とない処があって三人で協力して走ります。特許庁辺りからは記憶が完全に戻って国会議事堂から三宅坂を左折し真直ぐ走ります。

04しばらく行くと靖国神社のいつもの提灯が見えてきて安心しました。

05ck711交差点横の7-11が通過チェックポイント、お買い物をして直ぐを左折、あとは東京の町中を上がったり下がったり、迎賓館や原宿駅などを通って(この時間には人出も少なくなっていた)建設中の国立競技場辺りで道に迷ったものの住宅街を抜けゴールのファミマに到着。ここはイートインがあったので既に二人の方が暖を取って食事していました。ファミマを出ると三人の選手が更に入って来て、意外とみんな固まって走っていたのだなと感じます。
06受付は更に2km位走った駒沢公園の野球場横です。公園を入ると直ぐに受付の明かりが見えてきました。到着して早速受付。暖かいコーンスープをいただきます。
07身体が温まり記念撮影。

本日の走り、所要時間:9:30'51。距離:203.34km。平均速度:21.3km/h。MAX:52.3km/hでした。2018年最初のブルベ、昨年はスタートで雨に降られましたが直ぐ止んでよかったですが、今年は午後から雨で参りました。でも完走出来て良かったです。タイムはよく覚えてないですが、12時間40分過ぎと記憶しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

真鶴へロングライド練習

1月4日箱根駅伝も終わって国道1号線や湘南道路が走れるようになったので早速出かけてきた。

01今年は1月8日昨年と同じランドヌール東京の200km、13日にはAJ神奈川の300kmとありますが、どちらも峠越えがないので初練習は100km走ろうと国道134号線を西に向かいます。今日も天気が良くて稲村ケ崎から富士山が良く見えます。

02稲村ケ崎公園でパチリ。

03そのあとは湘南道路をペダル90回転速度30kmのLSDで走ります。大磯の新杵で豆大福を購入、小田原のなりわい交流館で熱いお茶をもらって交流館の方とお話しして伊豆を目指します。サイクルコンピュータを見ると真鶴駅付近で50km。ここで折り返します。

04pc小田原に戻ったところで家のデスクトップが遅くなったのを思い出し早速小田原のPCDEPOTでSSDとマイクロSDHメモリを購入しました。そのあとは国道1号線から湘南道路をいつもの様に戻りました。

本日の走り。所要時間:4:52"25。距離:116.45km。平均:23.8km/h。MAX:47.0km/h。でした。あまり起伏が無いですがとりあえず100km越えをしてLSD練習も出来て8日の200kmは走れそうな気になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年初乗り

1月3日今日は我が家で兄弟を呼んで新年会ですが、その前に自転車の走り染め。

01_9今日は半日という事でまだ行っていない三浦サイクルスタンプラリーの残りを制覇に行きました。まづは近い鎌倉由比ガ浜へ、滑川の駐車場の隅にありました。

02_5お次は逗子マリーナの端にある小坪のマイルストーンへ

03_5ここからの富士山も綺麗でした。左は江の島、右は稲村ケ崎です。

04_6逗子駅裏の通りを通って、逗子アリーナから逗子警察、イトーピアの坂を上って長い南郷トンネルを抜けて湘南国際村を上ります。ファミマを過ぎて更に上り公園に、一番高い処にマイルストーンがありました。観光でいらしたかたから「これは何?」と何人も聞かれました。

05_6公園からみた富士山。今年のお正月も綺麗な富士山が見れて良かったです。

本日の走り、所要時間:2:01"01。距離:34.11km。平均:16.9km/h。MAX:49.3km/h。でした。初乗りなので無理せず国際村から相模湾側に下りて更に上ってイトーピアを上ってかえりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

実家で新年会

2018年1月2日奥様の実家で新年会。

01_8今年は一寸少ないですが、美味しいお酒がそろいました。もちろん開けて殆どいただきました。3月には新潟酒の陣へ行きましょうと新たに打ち合わせしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

境港は松葉ガニ

12月25日クリスマスのプレゼント?境港で松葉ガニを食す。

00境港の味処美佐でカニ料理をやっているとの事で予約して行きました。仕事が押して30分程遅く到着です。

01_7本日の料理。まずは先付けやお造り、煮たカニが出ています。お酒はもちろん千代むすびの強力です。

021本日いただく松葉カニです。まだ足が動いています。雄カニの漁は12月末までで以降は水槽にあるカニを出すそうです。もちろんベニズワイガニはいつで大丈夫です。

03_4甲羅・カニみそは焼きガニで


04_5カニの甲羅で茶わん蒸し、中身はカニの肉です。

05_5脚は生で食べやすく切ってくれます。これを生、焼きガニ、しゃぶしゃぶでいただきます。味噌は焼いたのが美味しかったです。足はしゃぶしゃぶが良いですね。焼いても甘くておいしいです。生は身から肉が剥がれにくく食べ難いですが鮮度を感じます。

06_4最後はお雑煮で締めてお腹いっぱいになりました。やっぱり松葉ガニは美味しいですね。寒さや雪は困りますが、冬はやっぱりいいですね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2泊3日京都旅行上下賀茂神社

12月17日まだ行ったことが無いと言う人が多いので上賀茂神社と下鴨神社へ行った。

01_6二条のバス停からバスで移動。まずは上賀茂神社へ
02_4広い境内を真直ぐ入ると神馬がお出迎え。ここは本当の白馬がいらっしゃいます。

03_3また、日が良いのかあちこちに新婚さんが歩いていたり写真を撮っています。

04_4有名なすぐき漬けを境内で行っています。石の重さを変えて梃子で押さえてますね。いろいろな商店の名前がたるに書いてあります。

05_4門を入ると目の前に立砂が高く積まれています。

06_3楼門を入って拝殿でお参りし御朱印をもらいに行くと本殿内を見れるという事で早速白装束を羽織って神官から神社の説明を聞いて本殿の中を見せていただき、もちろんお参りさせていただきました。少し雪が舞って神妙な雰囲気です。

07_3表に出ると神様が降臨したという神山が見えました。


08_2再びバスで下鴨神社に移動。バス停から門を入ると直ぐに末社の河合神社があります。まづはここをおまいり。女性に良いというお茶もあります。

09_2真直ぐ行くと下鴨神社の参道にでます。まだ紅葉が残っていますが、半月前なら紅葉が綺麗で人も多かったと思います。いまは人も少なく落ち着いた感じです。

10_3横に未舗装の落ち葉に埋もれた広い道が続いています。こちらも良い感じですね。

11_3門を抜けると手洗い舎があります。形から舟型です。

12_2さざれ石。日の丸に載っているものですね。

13_2楼門です。極彩色で綺麗です。参道を歩いているとこちらも沢山のお嫁さんに出会います。


14_3入ると直ぐの舞殿に来年の干支の戌の大きな絵馬が飾ってあります。

15_3拝殿の入口を入ると中に干支の小さな社があり拝殿とそれぞれの干支の社にお参りしました。


16_3奥の方に行くと水くじがあり吉や凶が浮かび上がってきます。大体の方は木などに結んで行くようです。※乾くと文字が消えてしまうのでスマホでみんな撮っていました。
17_3参道を戻ると道路に面した処に入口がありました。でも参道は更に先の方に続いていて数百m先に鳥居があって賀茂御祖神社の碑がありました。

18_2地下鉄で河原町駅を出て四条大橋脇のお店でお昼。名物ひょうたん弁当をいただきます。

19_2中身は結構華やかな内容でした。

20_2歩いて三十三間堂に来ました。お堂以外は塀も門も新しくなっていて非常にきれいに整っています。大きなお堂の中は沢山の重要文化財の千手観音や国宝の神将など見ごたえがあります。ご本尊の大きな千手観音も非常に立派です。なんどもの火災や戦乱を抜けてこれだけの仏像があるのは奇跡ですね。

21_2歩いて京都駅に帰ってきました。荷物はホテルから駅に送って貰ったのでここで受け取ります。丁度夕映えの京都タワーが綺麗でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2泊3日京都鉄道博物館

12月16日、2日目は京都のてっぱく!京都駅から十数分あるいて会場へ

01_5開館20分前位に着きましたが既に沢山の方が入口に並んでます。こちらは入場券を持ってない方。大分早くから並んでいるようです。我々は7-11で前売り券を購入。30人位ならんでいましたが直ぐに入れました。

02_c62入ると直ぐに綺麗に磨かれたC62がお迎えです。

03_00系新幹線の中が見学できます。ここは運転席。記念写真が撮れます。計器はアナログですね。

04_3昭和のコーナーにあった赤電話。山梨から持って来たのか酒の王者七賢が入っています。

05_3トワイライトエクスプレス懐かしいです。

06ef81この機関車が引っ張って走っていましたが、一昨年青森県と秋田県の間で雪に埋もれて27時間閉じ込められてニュースになりました。思い出の列車です。

07_2マークが良いです。豪華列車の走りですね。

088630入場して直ぐに予約したので蒸気機関車に載れました。近くの公園に行って戻って来るだけですが蒸気の汽笛が良いです。

098630機関車の運転台、高圧メーターが沢山あって使っている機関車の味がします。

10_2転車台。沢山の蒸気機関車があって壮観です。

11_2

12_c58お召列車正面に菊の御紋、横には不死鳥、菌入りのパイプが綺麗です。

13_d511ここにはいろいろな種類の1号車があって、これはD51の1号車です。他にも何種類も1号車があります。


14_2工場の中には蒸気機関車をばらしてメンテンナンスが出来るようになっています。お釜の修理でしょうかもうバラバラでオーバーホールですね。

15_2中には大きなジオラマがあって1日の様子を表しています。新幹線や在来線もちろん関西のですが、沢山走って壁のスクリーンにジオラマの中を走るHOゲージの映像が映されて結構臨場感もあります。

16_2特急列車のヘッドが壁に並んでいます。もちろん実際の列車や機関車のヘッドにも付いています。

17_2線路の幅を変える装置。初めて見ました。

188630開園時間も終わりに近づき蒸気機関車の乗車が終わりいよいよ転写台で停車場に移動です。

一度転車台で向きを変えて、水と石炭を補給してまた転車台でぐるっと回って停車場にはいりました。直に転車台が動くのは初めてみました。結構回転が速く重い機関車が結構なスピードで停止するのは驚きです。

夜は宿に近い「かもん家」でいただきました。居酒屋ですが、しゃれた変わった料理が良かったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

浜松町国際貿易センタービルのたまごドック

12月21日以前から気になっていた国際貿易センター2階の喫茶店にあるたまごドックを食した。

01_3毎日の様にこの喫茶店の前を通って気になっていました。今日は午前半休で粗大ごみを捨てたので昼から出勤、軽く昼食という訳で入りました。早速たまごドックとコーヒーを注文。直ぐに出てきます。※横にパン屋さんがあってパンはここで作って出していますが現金のみなのでナカナカ入ったことがありません。

さてお味は、普通に家でゆで卵をつぶして塩コショーしてマヨネーズをかけて混ぜ合わした感じの期待通りの味です。パンは軽くて気になりません。一寸懐かしい感じもします。

また機会が有ったら食べてみましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

広島は牡蠣!

12月11日広島出張。という事で牡蠣料理の店、「聖屋」で牡蠣料理をいただいた。

01_2広島まで新幹線のグリーンポイントが溜まっていたのでグリーン車で優雅に行き、JR山陽本線で横川駅へここから広電バスで仕事先へ。同じ道のりで戻り広島駅近に泊まった。

02_2夕飯はもちろん牡蠣!食べログなどでググって駅近くの「聖屋」へ。ここは牡蠣料理と日本酒が充実している。まづはこのお店にしか無い?という「八九」一寸癖があるけど呑みやすい。

03広島に来たら「がんす天」美味しいけどどちらかというとビールや焼酎にあうかも。

04冷やし牡蠣、早い話が生ガキ。スルッと美味しい。1月ならもっと大きいかも。


05この辺りで周りの忘年会が始まりなかなか料理が出てこない。30分以上待ってやっと焼き牡蠣が出て来た。これは美味しい。生ガキを焼いたので大分小さくなっているのが残念。

06

お酒の一覧。日本酒は壁に一杯名前が張ってあります。焼酎も結構ありますね。

一人だともうお腹いっぱいになってしまいここで引き上げました。お酒も牡蠣も美味しかったですが、忘年会や新年会以外の時に、出来れば1月終わりにまた来たいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三浦半島サイクルスタンプラリー

12月9日足慣らしに三浦半島一周。以前11月19日に8つの内「宮川公園」「荒崎公園」「長者が崎」の三つをゲットしたので今回は東京湾川の2個を目指した。

本日は午後から予定があるので午前中を使って三浦半島を走った。

逗子の家から船越に出て国道16号線を南下、横須賀から観音崎の坂を上って降りたところにたたら浜がある。

01このたたら浜のマイルストーン黒船。道路からは目立たないけど公園の一角にありました。

更にそのまま進んで浦賀、久里浜を通り野比の海岸に出た。一部工事していたが気持ちよく走っていくと直線から上りカーブに入る処で海側にマイルストーンが見える。

02北下浦海岸の水仙。

分かりやすい場所で良かった。時計を見るとそろそろ帰らないといけない。三浦海岸から駅前を通って一騎塚へ、林交差点から国道134号線の海岸道路を走って逗子に入り家に帰りました。

あとマイルストーンの残りは国際村と鎌倉、小坪の家の近くを残している。次に回しましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2泊3日京都旅行比叡山

12月15日から17日でタモリ倶楽部に触発されて従妹と京都旅行に行った。まず1日目は比叡山。

01_4新幹線で京都を降りると駅の中央通路にガラスの仮面の展示が、嵌め絵もあって結構楽しめます。荷物をコインロッカーに入れて身軽になり地下へ。

02_3ここからは京阪の地下鉄で浜大津を目指します。そう、タモリ倶楽部の京都特集の様に行きます。

03_2浜大津からは坂本石山線で坂本を目指します。

04_2線路はくねくねと緩く登ったり下ったり、そのたびにギギギと鈍い音が、浜大津に着くところが90°カーブで一番すごかったです。

05_2坂本駅に到着。結構近代的な最新の駅にびっくり。タモリ倶楽部ではここからケーブル駅までバスで向かいましたが歩いても大したことがないのでここからゆっくり歩いて上ります。


06_2日吉神社の向かいに日吉そばという古風なお店があったのでここで昼食。

07お手洗いは外なので出ると庭があり綺麗に手入れがしてあり良い感じです。

08お店の一押しは古代そばですが、関西定番のにしんそばをいただきます。結構大きなにしんが入っていてびっくりです。

09お腹も膨れて向かいの日吉神社へ行きました。山の中腹に奥の宮が見えます。


10まずは奥の西本宮へお正月の準備で忙しそうです。

11そのまま歩いて東本宮に回ります。昨日の雪が残って良い景色です。


12東本宮境内に葉書の元になった「タラヨウ(多羅葉)」の木がありました。珍しいのでしっかり眺めました。御猿の岩など見るものもありますが、比叡山に行く時間が無くなるので急いで坂を上ります。

135~6分程上るとケーブル坂本駅に到着。この駅は文化財に指定されています。

14ケーブルカーで一気に比叡山に上ります。すごい急こう配で驚きます。

15ケーブル比叡山駅から眺めた琵琶湖。竹生島の向こうに雪山も見えます。手前は琵琶湖大橋です。

16ケーブル駅から7~8分r歩くと延暦寺に入ります。比叡山の上は雪が沢山残っています。

17萬拝堂、大黒堂、根本中堂は工事中でしたが中は入れました。写真は文殊堂、他に大書院、延暦寺会館からの眺めも良いです。寒いのでゆっくりでしますね。大講堂、戒壇堂、阿弥陀堂、東塔などを見てケーブル比叡山駅から坂本駅にもどりました。※タモリ倶楽部ではバスで中比叡山を走りましたが、冬は走っていません。

18三条駅で特急にすれ違いました。京都駅に戻って荷物をコインロッカーから出し、そのまま二条にある本日のホテルに戻ります。

19今夜の夕食は四条駅の近くの「宗そう」で、突き出しから美味しくて5人で入ったのでいろいろな料理を少しづついただきます。

20これは美味しい、お酒におつまみに最高のレバー。

21メニューは沢山ありますがどれも美味しいです。

22〆はお釜で炊き込みご飯これも良いです。日本酒の種類も沢山あってよかったです。

23帰りは出口まで送っていただきました。また来たいですね。数人なら予約要です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »