« 浜松町国際貿易センタービルのたまごドック | トップページ | 2泊3日京都旅行上下賀茂神社 »

2泊3日京都鉄道博物館

12月16日、2日目は京都のてっぱく!京都駅から十数分あるいて会場へ

01_5開館20分前位に着きましたが既に沢山の方が入口に並んでます。こちらは入場券を持ってない方。大分早くから並んでいるようです。我々は7-11で前売り券を購入。30人位ならんでいましたが直ぐに入れました。

02_c62入ると直ぐに綺麗に磨かれたC62がお迎えです。

03_00系新幹線の中が見学できます。ここは運転席。記念写真が撮れます。計器はアナログですね。

04_3昭和のコーナーにあった赤電話。山梨から持って来たのか酒の王者七賢が入っています。

05_3トワイライトエクスプレス懐かしいです。

06ef81この機関車が引っ張って走っていましたが、一昨年青森県と秋田県の間で雪に埋もれて27時間閉じ込められてニュースになりました。思い出の列車です。

07_2マークが良いです。豪華列車の走りですね。

088630入場して直ぐに予約したので蒸気機関車に載れました。近くの公園に行って戻って来るだけですが蒸気の汽笛が良いです。

098630機関車の運転台、高圧メーターが沢山あって使っている機関車の味がします。

10_2転車台。沢山の蒸気機関車があって壮観です。

11_2

12_c58お召列車正面に菊の御紋、横には不死鳥、菌入りのパイプが綺麗です。

13_d511ここにはいろいろな種類の1号車があって、これはD51の1号車です。他にも何種類も1号車があります。


14_2工場の中には蒸気機関車をばらしてメンテンナンスが出来るようになっています。お釜の修理でしょうかもうバラバラでオーバーホールですね。

15_2中には大きなジオラマがあって1日の様子を表しています。新幹線や在来線もちろん関西のですが、沢山走って壁のスクリーンにジオラマの中を走るHOゲージの映像が映されて結構臨場感もあります。

16_2特急列車のヘッドが壁に並んでいます。もちろん実際の列車や機関車のヘッドにも付いています。

17_2線路の幅を変える装置。初めて見ました。

188630開園時間も終わりに近づき蒸気機関車の乗車が終わりいよいよ転写台で停車場に移動です。

一度転車台で向きを変えて、水と石炭を補給してまた転車台でぐるっと回って停車場にはいりました。直に転車台が動くのは初めてみました。結構回転が速く重い機関車が結構なスピードで停止するのは驚きです。

夜は宿に近い「かもん家」でいただきました。居酒屋ですが、しゃれた変わった料理が良かったです。

|

« 浜松町国際貿易センタービルのたまごドック | トップページ | 2泊3日京都旅行上下賀茂神社 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2泊3日京都鉄道博物館:

« 浜松町国際貿易センタービルのたまごドック | トップページ | 2泊3日京都旅行上下賀茂神社 »