« BRM401R東京400kmサッタ峠に参戦 | トップページ | 米子のののこめし »

蒲田で羽根つき餃子

3月30日米子出張の前日羽田空港の近くの蒲田に前泊。ついでに蒲田三大餃子の一店、歓迎(ホアンヨン)に行ってみた。
01 会社のある浜松町からは京浜東北線で1本で蒲田駅に到着。20分弱と本当に近い。独身社員はこの辺りに住んでいる人も多いようです。蒲田は羽根つき餃子の聖地?と言われているようで、創業のニイハオ、金春、歓迎は三大餃子店と言われている。今日は歓迎(ホアンヨン)に行ってみた。
02 駅から5分程の近くに歓迎はありました。まだ6時前なので非常に空いています。中に入るとなかなか気付いてくれない。(入口を見ていない)やっと気づいて席に通されたが水も出てこない。近くにメニューがあったので中を見て手を挙げて店員を呼んでも殆ど店内に出てこないし全く気付かない。近くの人へ食事を運んで来たので声を掛けてやっと気づいてもらい注文をした。6時を回るとどんどんお客が入って来る。席は殆ど空いているが円卓などにどんどん詰めて座らせて行く。頼んだのはビールと餃子とザーサイと海老チャーハン。しばらくして餃子が出て来た、その後遅れてビール、遅れてザーサイが出て来た。と思ったらすぐにチャーハンが出て来た。順番がちがうだろ!と思っていると、餃子は焼き立てではなく生暖かった。ビールは普通の生ビール。ザーサイも普通。
03 海老チャーハンはべたべたの家庭で作る炒め飯という感じで味も薄い。付いてきた卵スープも水っぽくていただけない。町の中華料理屋さんのが餃子もチャーハンも卵スープもおいしいだろう。この店はいただけない。
後から人に聞くとニイハオも同じらしい。お客さんは殆どが観光客のようで「三大餃子のお店」 という事で来る一見さんばかりで店員も横柄で食べ物もいただけなくなってしまったようだ。
もう二度と蒲田で餃子店には入らない。

|

« BRM401R東京400kmサッタ峠に参戦 | トップページ | 米子のののこめし »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517801/65134132

この記事へのトラックバック一覧です: 蒲田で羽根つき餃子:

« BRM401R東京400kmサッタ峠に参戦 | トップページ | 米子のののこめし »