« 早割りでグリーン車 | トップページ | 大山の林道を走る »

ぽてかる三大ビール工場見学

4月29日ぽてかるのバス旅行で東京駅八重洲口前の鍛冶橋駐車場に集合。

01_3添乗員さんの説明があって三大ビール工場見学に出発。このツアー東京の周りを東京駅から府中→横浜→千葉→東京駅と戻る移動が多いものなのにバスにトイレがありません。ビールを飲んで大丈夫?と心配しながら高速道路に乗ります。

02_2まずは中央フリーウェイを通って♪右に見える競馬場、左はビール工場♪のサントリー武蔵野ビール工場に着きました。すごく順調で工場が開く30分前に到着。工場開館とともに入場しました。順調です。

03朝からビール造りのお勉強。ここが一番詳しく説明してくれました。ビール造りには水が大事。武蔵野は深い井戸を掘っておいしい水をビール造りに使っているそうです。

04二条大麦麦芽どこのビール工場もこの大麦を使っているようです。
05ホップは輸入品、その中でもアロマホップをというブランド物を使っているそうです。
06工場見学中。大きな設備の中でビールの元が育っています。
07工場見学中。沢山のバルブやパイプがタンクにつながれています。綺麗ですね。
08サントリーのフィルターは特殊な形で細かく絞れるそうです。
09試飲会場のサーバー。試飲は3杯まで。
10まずは看板のザプレミアムモルツを一杯。サーバーの注ぎ方やおいしい泡の話がありました。
11るエール軽くて飲みやすい。癖の少ないビールですね。おつまみを一袋いただきました。
123杯目はマスターズドリームの呑みやすくておいしいです。
13サントリーが一番充実した売店ということで、購入時間も用意されています。ビールやおつまみを購入してバスに乗ります。
14横浜までは大分時間が掛かるということで高速のパーキングでトイレ休憩。助かります。つつじが満開で綺麗でした。
15キリン横浜工場に到着。すぐに工場見学です。やはりまずはビールの造り方から教えてもらいます。ここでは水やアロマホップの話はありませんでしたが二条大麦を少し食べさせてもらいました。
16工場見学。サントリーは大きなタンクが4つでしたが、こちらは見える範囲で9つ?多いです。
17一番絞りと二番絞りの体験工コーナー、二番絞りは水っぽくて一番絞りとは大分違いますね。
18試飲会場で揃って乾杯。ここも3杯までです。
19まずは看板の一番絞り、昼飲む生ビールは格別です。おつまみは柿の種です。
20黒ビール、コクのある味です。3杯目は二つのビールを混ぜてハーフでいただきました。
21横浜(生麦)から千葉への移動は略寝ていたので記憶がありません。明るい日差しの中をサッポロビール千葉工場に到着です。風が強いですが天気が良くて気持ちよいです。横には南極観測船シラセが停泊していました。
22到着が早かったのかロビーを見学して待っていると壁にゆずも見学したようでペナントと写真が貼ってありました。
23工場見学中。こちらも大きなタンクが沢山おいてあります。説明は一番簡単でしたが、タンクを切った通路があったり見せる内容でした。
24試飲会場は明るく感じです。まずは看板の黒ラベル。変わらないおいしさです。ここも3杯です。
25ここからはいくつか呑んだことの無いビールを飲んでみます。黒ラベルエクストラビュー。のど越しが良いですね。
26東京駅八重洲口でバスを降りて解散。八重洲の地下街を歩いて、日本酒のおいしいお店で夕食をいただきました。

|

« 早割りでグリーン車 | トップページ | 大山の林道を走る »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517801/63670508

この記事へのトラックバック一覧です: ぽてかる三大ビール工場見学:

« 早割りでグリーン車 | トップページ | 大山の林道を走る »