« 2016年4月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年5月

ぽてかる三大ビール工場見学

4月29日ぽてかるのバス旅行で東京駅八重洲口前の鍛冶橋駐車場に集合。

01_3添乗員さんの説明があって三大ビール工場見学に出発。このツアー東京の周りを東京駅から府中→横浜→千葉→東京駅と戻る移動が多いものなのにバスにトイレがありません。ビールを飲んで大丈夫?と心配しながら高速道路に乗ります。

02_2まずは中央フリーウェイを通って♪右に見える競馬場、左はビール工場♪のサントリー武蔵野ビール工場に着きました。すごく順調で工場が開く30分前に到着。工場開館とともに入場しました。順調です。

03朝からビール造りのお勉強。ここが一番詳しく説明してくれました。ビール造りには水が大事。武蔵野は深い井戸を掘っておいしい水をビール造りに使っているそうです。

04二条大麦麦芽どこのビール工場もこの大麦を使っているようです。
05ホップは輸入品、その中でもアロマホップをというブランド物を使っているそうです。
06工場見学中。大きな設備の中でビールの元が育っています。
07工場見学中。沢山のバルブやパイプがタンクにつながれています。綺麗ですね。
08サントリーのフィルターは特殊な形で細かく絞れるそうです。
09試飲会場のサーバー。試飲は3杯まで。
10まずは看板のザプレミアムモルツを一杯。サーバーの注ぎ方やおいしい泡の話がありました。
11るエール軽くて飲みやすい。癖の少ないビールですね。おつまみを一袋いただきました。
123杯目はマスターズドリームの呑みやすくておいしいです。
13サントリーが一番充実した売店ということで、購入時間も用意されています。ビールやおつまみを購入してバスに乗ります。
14横浜までは大分時間が掛かるということで高速のパーキングでトイレ休憩。助かります。つつじが満開で綺麗でした。
15キリン横浜工場に到着。すぐに工場見学です。やはりまずはビールの造り方から教えてもらいます。ここでは水やアロマホップの話はありませんでしたが二条大麦を少し食べさせてもらいました。
16工場見学。サントリーは大きなタンクが4つでしたが、こちらは見える範囲で9つ?多いです。
17一番絞りと二番絞りの体験工コーナー、二番絞りは水っぽくて一番絞りとは大分違いますね。
18試飲会場で揃って乾杯。ここも3杯までです。
19まずは看板の一番絞り、昼飲む生ビールは格別です。おつまみは柿の種です。
20黒ビール、コクのある味です。3杯目は二つのビールを混ぜてハーフでいただきました。
21横浜(生麦)から千葉への移動は略寝ていたので記憶がありません。明るい日差しの中をサッポロビール千葉工場に到着です。風が強いですが天気が良くて気持ちよいです。横には南極観測船シラセが停泊していました。
22到着が早かったのかロビーを見学して待っていると壁にゆずも見学したようでペナントと写真が貼ってありました。
23工場見学中。こちらも大きなタンクが沢山おいてあります。説明は一番簡単でしたが、タンクを切った通路があったり見せる内容でした。
24試飲会場は明るく感じです。まずは看板の黒ラベル。変わらないおいしさです。ここも3杯です。
25ここからはいくつか呑んだことの無いビールを飲んでみます。黒ラベルエクストラビュー。のど越しが良いですね。
26東京駅八重洲口でバスを降りて解散。八重洲の地下街を歩いて、日本酒のおいしいお店で夕食をいただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

早割りでグリーン車

4月25日JR東日本早割りでグリーン車に乗りました。

01_2二本松に出張が決まり、えきネットを調べると、なんと35%割引。グリーン車も同じく35%割引で普通車での通常料金よりも安かったので今回はグリーン車で移動です。


02略各駅停車で時間がめちゃくちゃ掛かりますが、グリーン車は快適。コンセントも合って仕事もしてゆっくりと郡山まで移動しました。この日の出張は上手くいったのは言うまでもありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大宮鉄道博物館

4月17日従兄弟と大宮のJR東日本の鉄道博物館へ行った。

01東海道線で大宮へそこからは埼玉新都市交通の小さな電車で新幹線の横を走ります。

02すぐに鉄道博物館駅に到着、結構沢山の人がで降りて行きます。

03駅構内に沢山の台車があって台車の歴史を語っているようです。機械やさんには興味深いですね。

04suica入場券。SUICAでも入れるようですがここはやっぱり特製の入場券を買いました。価格は一緒です。

05入り口に青函連絡船の模型もあって鉄道の歴史を感じます。船尾のレールが良いですね。

06丁度お昼前ということで1階の日本食堂は大賑わい。2階のレストランで食事をしてから中を見学しました。2階からは大きなホールに沢山の懐かしい列車が展示されて、真ん中の転写台にSLが止まっています。

071階に戻って入り口から、まずは弁慶号。「汽笛一声新橋を」ですね。客車には人形があって当時のお客さんや職員の服装などが解ります。

08弁慶号の連結器はまだ非常に簡素です。ダンパーが良いですね。

09熊のプーさんみたいな珍しい機関車なども在って子供にも楽しいですね。

10お召し列車は豪華です。このお召し列車は時代に合わせて数両あって、調度品もすばらしいですが、布で出来た壁掛けなど芸術的なものもあります。



11古い路面電車のような電車の懐かしい運転席。でも速度メーターは120km/hまで振ってあります。

12近代列車の象徴はやっぱり新幹線。0系がいくつか展示されています。客車の給水器は封筒に水を入れて呑んでいましたね。新幹線開通前の試乗会で興奮して飲んだ記憶があります。懐かしい。

130系新幹線はやっぱり花形ですが、こちらは東北新幹線です。

14「夢の超特急。」というレコードが出ていましたね。良く聞きました。

15てっぱくの帰りは西日暮里から稲毛屋でうなぎを食べました。うなぎの白焼きからいろいろな形の料理を肴に日本酒でてっぱくの話で盛り上がりました。「今度は京都のてっぱくへ」と合言葉になっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウィンドサーフィン大会

4月16日NPO湘南海上安全協会の理事会前に早く着いたので逗子海岸にでて見ました。

01_5

ウィンドサーフィンの大会が行われています。ここ逗子海岸は波が入らず一年中ウィンドサーフィンが行われています。

02_4

海岸中央に沢山のウィンドサーフィンが置かれて屋台も沢山出て結構な賑わいです。プロの大会なのでしょうか?二人づつトーナメントで勝ち抜いて行くようです。今日は風が弱いので一寸かわいそうでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小田原ポタ

4月16日来週はBRM423の600kmブルベということで午後からNPOの理事会ですが午前中を使って一寸走って来ました。

01_4

天気は良いので本当ならばっちり走りたいところですが、午前中縛りなので湘南道路をLSDでケイデンス90&スピード30km/hを守って走ります。

02_3

今日は波が無くてサーファーも数えるほどしかいません。平塚方面には少し波があるようで黒い人影が沢山います。

03_3

出たのが早かったので大磯の新杵もここ小田原のなりわい交流館も閉まっています。

04_3

今日は隣の伊勢屋で豆大福と柏餅を買って交流館の外でいただきました。

05_3

この間のブルベで寝てしまった国府津のローソンで最近TVに出ているヨーグルトを買いました。

06_3

イートインがあったので限定のオレンジ味を食べました。おいしいね。

そんなに山坂が無いコースなので帰りは重いギヤで負荷を掛けて一寸頑張ります。大磯ではもちろん新杵が開いていたので豆大福と柏餅を買って帰りました。

本日の走り、所要時間:3:33”49。距離:85.3km。平均:23.9km/h。MAX:51.2km/hでした。仮眠場所も焼津のスーパー銭湯と決めて来週の600kmを待つばかりです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

モス級レースレスキュー説明会

4月10日、5月20日~29日に葉山新港で行われる国際モス級ヨットのレスキュー講習会に参加しました。

01_3

これがモス級のヨットです。1人乗りの小さな船体ですが、実は水中翼船みたいに船底から翼が出ていて(今は付いていません)船体がそっくり浮き上がり風と波がよければ時速km/h位ですごいスピードで走ります。

02_2

非常にひ弱?なので陸上で運ぶときは壊さないように注意して運びます。船体は30kgくらいと軽いので一人で運ぶことも可能ですが、風にあおられるなどで一応二人で運びます。持つところも決まっています。

03_2

これがこの船の命、水中翼のホイルと呼ばれるものです。浮き上がると舵が効かなくなるので、舵(ラダー)にも水中翼があります。

04_2

ホイルが付いたセンターボード入れるときはこんな感じで倒します。

05_2

バテンはフルバテン、この向きに倒さないと風が当たると揚力が働いて浮き上がってしまいます。

06_2

スキッパーがダウンしていてレスキューするときはホイルを操作できないのでフラップを操作するこの留め具(ピン)を外します。

07_2

ブームエンド、どうにもならないときはブームからセールを外してフリーにしますが、この部分を外します。でも海の上では出来そうも無いですが。。。

08_2

このロープを外せばブームはフリーになります。でもロープありすぎ!選手によっては更に複雑なそうです。細かいレギュレーションは無いそうです。

09

フロントステーは外しません。フラップを自動操作するロッドも大変弱いようです。

10

組み立て終わりスロープへ運んでいます。

11

フラップが立つところまで持って行きますが実際のときは難しいのでモーターボートで引っ張って欲しいそうです。

12

曳航するほどの強度は無いですが一寸引っ張るくらいならフロントステーを引くことが出来ます。

13

フラップが立つ所まで引っ張ります。

14

15

レスキュー?と聞いてYESと答えたらレスキューするそうです。曳航できないので張り出したテントの片側をゴムボートに載せて運びます。スピードが出ると水中翼船のように浮いてくるので船を抱く方向と風、スピードに注意して船を壊さないように港まで運びます。70隻程参戦し大半が初心者!?ということなので風が強いとレスキューは回りそうもありません。レスキュー隊長もいないようなので一寸厳しいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鎌倉米倉でランチ

4月9日今日も従兄弟と鎌倉米倉でランチを楽しみました。

01_2

入り口にあったお飾り。注連縄ですね。

02

中に入るとエントランスにかわいい花が綺麗に咲いています。春の演出見事です。

03

いつものように料理が次々と運ばれてきます。どれも季節をあらわしておいしいものばかりです。

04

おつくりも金目と鯛をいただきます。

05

焼き魚は鰆と鰤。

06

お椀物。

07

〆の手打ちそば。細いですが歯ごたえがあっておいしいです。

08

デザートのお豆も良く煮えていて甘さも良い加減です。

最近は大分ここも有名になって予約が取れなくなって来ました。早速次の予約をして帰ります。出来れば毎月少しづつ変わるお料理を楽しみたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハイランドの桜

4月3日地元ハイランドの桜の花見をしました。

01

今年は大分早くから花は咲いていましたが寒い日や雨の日があったりで花が散らずがんばっています。でもいつものように一度に咲かないのでいまいち身頃がつかめなかったようです。また春がやって来た様で楽しくなってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年4月 | トップページ | 2016年10月 »