« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月

小田原へポタ

6月13日4日連続の出張で体がだるい!今日はポタしました。

01今日も天気はイマイチ。とりあえず横風の中湘南道路を西に向かいます。大磯ではもちろん新杵で豆大福を購入。何回も来ているのでお店の人とお話をして、、

02そうそうはがきを出すのを忘れていたので交差点の横にあるポストに近づくと海水浴場発祥の地の標識があります。

03_2さざれ石の信号から先の坂を上ろうとすると鴫立澤の碑が木漏れ日の中にありました。

04_2近くには「湘南発祥の地」の石碑もあります。横の立札には中国の湖南省湘南に似ているので呼んだという事がかいてあります。この辺りが明治の始めに沢山の政治家や文豪が避暑に来たところと前に見たことがあります。

05chairo丁度お昼になったので坂の途中にあるCHAIROでカレーを食べることにしました。

06_2店の中は昔の家を改装したようで柱などが見えて中に流れるジャズとともに和と洋が混じった感じです。

07_2キーマナスチーズ焼きカレーはいつも美味しいです。

08_2のんびり国道1号線を走って小田原のなりわい交流館で熱いお茶をもらい先ほど買った豆大福をいただきます。お茶と合って美味しいです。(間違いない)来た道を今度は追い風に押されながら戻ってついでに逗子海岸に来ました。暖かくなって天気も良くなったのでウィンドサーフィンやSUP、ヨットや水上バイクなどマリンスポーツを楽しむ人が沢山います。

09_2海岸から渚橋を渡って葉山へ日陰茶屋の手前の信号を右折して葉山新港のレスキュー1を見に行きました。フロートの空気もまだ沢山入っていて必要なライト類も着いて今年も逗子海岸警備に使えそうです。安心してそのまま家に戻りました。

本日の走り。所要時間:3:56’53。距離:92.29km。平均:23.2km/h。MAX:43.6km/hでした。足などが張って体もだるくて距離を走ってもなかなか調子が出ません。今までならこの季節50km位走ると走れるように調子が出てくるのですが、今年は肝心な3月4月に走りこまなかったので疲れやすく今一つ調子が出ません。まだ走り込みが必要ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

岡山散歩:岡山城へ

6月11日岡山の朝岡山城までウォーキング。

01_2

岡山市内のイーオンの近くのホテルから東に歩いていくと図書館のある公園に蒸気機関車D51が置いてありました。何回も塗り替えているようで錆がほとんどありませんがだいぶ塗料が厚くなっています。

02_2直ぐ横に用水路が公園のように整備されていて憩いの場所になっているようです。木々があって木陰を作り夏は涼しそうです。

03城下まで来るとなんと「禁酒会館」が、隣が聖書の本やさんみたいで呑んべの私は近づけません。

04城下から兼六園までの歩道に色々な「マンホールの蓋」があります。どれも桃太郎がモチーフで、水道局。

05消火栓は桃太郎の消防士。

06これはウスイかしら?

07噴水のある小さな公園を抜けると兼六園の川に出ます。風もなくて鏡のようです。

08ボート乗り場も辺りに溶け込んでいます。

09散歩している人が多いですが殆どの人は橋を渡って兼六園の外周道路を歩いているようです。私はそのまままっすぐ行って岡山城に来ました。ここは最初の門が開いて中に入れますが広場から大手門の中にはやはり入れません。

10天守閣の周りを歩いていくと昔の武士町の跡などありますが、石垣がだいぶ痛んでいます。創建した宇喜多秀家は野積ですがしっかりした石垣を作ったようですが、小早川秀秋は丸い石を積んだようで上手く改修出来ていないようです。太平洋戦争の時はまだ天守閣はあったようですが、空襲で燃えて石垣が赤くなるほど火勢が強かったそうです。

11門の近くに宇喜多秀家の碑がありました。この辺りで雨が落ちだして急いでホテルに戻りました。

朝の散歩では一寸足を延ばしてゆっくり見ることが出来てよいですね。また出張の時は朝散歩を続けて行きたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

岸和田へ行きました。

6月10日出張で岸和田へ行きました。

01品川から新幹線で新大阪へ大阪環状線で新今宮えきに来ました。一寸早く着いたので3番ホームに行くと特急サザンが入ってきました。

02前の指定席列車は全面妖怪ウォッチ列車です。自由席は通勤列車みたいです。

031200後ろのホームにはサザンの「高野山開創1200年」に彩られていました。なかなか南海電鉄はカラフルです。

04次はやっと私の乗るラピードβが入ってくるようです。特急券は南海鉄道クラブのホームページから予約して携帯にemailで送ります。車掌さんが回ってきたらメールから南海鉄道クラブのページを表示するそうです。

05と間もなく鉄仮面?鉄人?ザク?のようなラピードβが入線です。

06窓はすべて楕円形です。

07早速乗って中から見ると窓はこんな感じです。なんか海底から表を見ているようです。でも座ると結構景色は見やすいです。

08内装から入口を見ます。席は2+2の4席で広いです。スーツケースを置くスペースもあって余裕があります。すべて楕円で卵を立てたような感じですね。

0919分の快適な特急の旅は直ぐに終わり岸和田駅に到着です。駅前のアーケードは道幅も広くて天井も高いです。後から聞くとこのアーケードをだんじりが走り抜けるそうです。

10朝飯前に市内を散歩しました。朝の町は一寸涼しくて気持ち良いです。岸和田城に来ると結構沢山の人が散歩や、ランニング、太極拳?、中には詩吟を謡う一団もいます。岸和田城は天守閣はそんなに大きくはありませんが石垣がしっかりして湖面に映る姿もきれいです。

11大手門はさすがにしまっていますが、風情がありますね。1時間程の散歩でしたが、岸和田の町は意外と緩やかですが坂があって重いだんじりを運ぶのは結構大変ですね。下りはきっとスピードが付いて勢いよく走るのでしょう。機会があったら是非一度は見たいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

美味しい酒を戴きました。

6月7日親戚と美味しいお酒を飲みました。

01no6xtype鎌倉米倉の食事会の後、家で美味しいお酒を飲みました。右は「新政(あらまさ)No6 X-type」。新政酒造㈱の純米吟醸の生酒です。さっぱりして美味しかったです。2000円程で購入したそうですが、もう販売していないのでネットでは8000円以上の価格が付いているそうです。前の日に体育会TVで蛍原が大好きなタイガーウッズに送っていましたね。

左は山梨銘醸㈱七賢酒造の「純米大吟醸大中屋斗瓶囲い」です。七賢の最高酒。酒蔵で購入して720mLで9860円です。なんともいえず、兎に角ずるいほど美味しいです。

もうこの日はこれ以降のお酒は味が違いすぎて。。。米倉で美味しい料理を食べて、美味しいお酒と良い一日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鎌倉米倉で食事会

6月7日鎌倉の米倉で親戚と食事会です。

01_3先付け乳鮎が美味しいです。

02_3お碗、鱧です。

03_3お造り

04_3焼き物。ぶダイも香ばしくて美味しいです。

05_3海老シンジョに湯葉

06_3手打ちそば

07_2デザートのゼリー

今回も手数を惜しまず気合の入った美味しい料理を戴きました。次は10月?夏は暑いので少しずらします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富士が見えないのでヤビツ峠へ

6月6日湘南道路から富士山が見えないのでヤビツ峠を目指しました。

01今日は曇り空ですが明日は米倉で食事会と言う事で兎に角西を目指します。もう鎌倉の海岸は海の家が建ち始めています。

02湘南道路で茅ヶ崎から湘南大橋を渡ると箱根は厚い雲の中。とりあえず大磯まで来たのでいつもの新杵で豆大福を買っていると、後から二人のブレザー姿のおじ様が入って来て、一人が「ここは虎子饅頭が売りだけど私は豆大福が美味しくて好きなんだ」と言っていたので「私もです」と思わず言っちゃいました。

03少し国道1号線を戻って金目川を上って秦野の7-11でお休み。今日は雨が上がったばかりということもあり先日購入したゼファーのフェンダーを付けています。

04ろはタイヤが当たってしまうので大分跳ね上がっています。

05名古木からいつもの定点観測です。

06自転車が置いてある上の草原にかわいい花が沢山咲いています。

07蓑毛の急坂を登って中間になる見晴台に来ると雲が低くて空が狭いです。

08どんどん上って行くといよいよ雲の中、周りが全く見えません。峠に到着すると人が一杯!どんどん人が上がってきて100人以上にもなって来ました。そういえば来週は富士ヒルクライム。練習の人も多いようですが、何処か学校の団体の様な人も沢山います。

09が込んでいるのでそのまま通り過ぎてやっときました「気まぐれ喫茶」。中に入るとママが居て、ランチ有りますということで暫くぶりに戴きます。かなりな量ですが美味しくて完食しました。

10仕上げはもちろん湧水コーヒーです。帰りの峠までの上りは短いですが一寸厳しい!立ちこぎで護摩屋敷の水まで上って峠からは一気に坂をくだります。

今日の走り、所要時間:5:07’23。距離:107.48km。平均:20.9km/h。MAX:51.5km/hでした。3週間ぶりに上りましたが3週間前と同じ位の感じで上れました。今度はもう少しスピードアップして上りましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »