« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月

マリンピア日本海

3月15日昼間で長男が酒の陣に行っているので私たちは水族館に行ってみた。

01_4新潟酒の陣はお酒の試飲をしなければ無料(試飲前売り2000円/人)で入れるので買い物に行くつもりでしたが、人は多いいは昨日試飲しながら沢山買ったのでもういいねということで、14日夕方合流した人だけ入場してほかの人は新幹線の時間まで市内のマリンピア日本海へ私の車は7人乗りなので6人で来ました。(6回の回数券で割引)たまに来ると結構水族館は面白くて大人6人、きゃっきゃ言いながら見て回ります。イルカショー結構面白くて(油壷マリンパークみたいに凄い芸はしませんが)


02_41トンもあるトドが2m程の岩場にエイやっと上る迫力も凄くて驚きの連続です。

03_3最後はマゼランペンギンのお散歩。ひょうきんなペンギンが度々まじかに来てかわいいですね。いい大人も子供に帰って昼過ぎまで堪能してしまいました。

朱鷺メッセで買い足しのお酒を持った人を拾って、新潟駅のポンシュ館でお土産を買って地元の美味しい食事をして新幹線組は車中酒を買って別れました。

我々は昨年関越道で大渋滞でひどい目に合ったので、今年は磐越道から東北道経由で帰りました。一部事故などで渋滞もありましたが、昨年程でなく今年は順調に帰れました。

今年は新潟まで、行きは圏央道を使い、帰りは磐越道から東北道を使って意外とスムーズに走れました。来年は圏央道も延伸するし北関東道もつながるようで更に走りやすくなりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年新潟酒の陣

3月14日新潟酒の陣に参戦。

01_3新潟朱鷺メッセに7時半到着。まだそんなに人はいませんが、なぜかリクルートスーツの男女が沢山入口にいました。


02_3早速慣れた感じでエスカレータで2階に回り酒の陣の門に来ると誰も人がいません。


03_730100係りの人が「今年は反対側に並んでいます。」というので門をくぐって裏に行くとすでに100人余りが並んで、中には椅子を持ち込んで座っている人も多いです。ホームページで事前に調べたところでは椅子のある席は500席余りあるので今年は余りあわてなくても席は確保できました。(表にテントで1000席位あるようですが。。何時も数万人来るので。。お酒を飲んだらやっぱり座るところがないと厳しいですね)8時過ぎからどんどん人が入って来てこの廊下を折り返して数百メートル並んで1階に下りて更に並んで入口から表に出て延々並んで行きました。10時開門!まずは二人の男が小走りに8席確保!後から女子が来ます。


04_3全員集まるまでにおつまみを購入。少しいお腹に入れようとのどぐろ丼をいただきます。脂がのって美味しいです!


05_3今年はしぼりたて原酒を出すところが多く、美味しいですがアルコール度数が19~20度位あって酔いが早いですね。また梅酒や甘酒など目先の少し変わったものを出すところも多くて、大吟醸以外でも1か所で何杯か飲むのでお酒が進みます。


06_3乗ってくると酒蔵の社長と美味しいお酒で乾杯!

07_3杉玉も飾って置いて目立っています。この後人が多くて一寸邪魔かな?

08_3今年も阿部は新しい「あべ」を数種類持ち込んで社長自らサービスしています。                                

09_3私はやっぱり「阿部」が美味しいですね。おすすめ!この日で無くなってしまうそうですが。。


107数十の酒蔵を回って何杯飲んだか覚えていませんが、14時半頃引き揚げです。会場はこんな感じ、昼からはもう中を歩くことは困難ですね。この日は1日で7万人入場したそうです。入口の外にはまだたくさんの人が並んでどんどん人が集まって来ていました。ホテルで少し休んでこの日も新潟駅のやはりツマミと地酒が美味しいお店であそこの蔵のこれが美味しかったなどと話が尽きません。


11_3家に帰って買ってきたものを並べて見ました。生原酒が多いので冷蔵庫は一杯。床下に大分入れています。まずは飲めなかった今代司酒造の生酒からいただきますか。
苦労するけどやっぱり気の合った人達と行く酒の陣は良かったです。来年も行きましょう。って、来年は朱鷺メッセ並びの日航ホテルに予約したとメールが入りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今代司酒造見学

3月13日明日から新潟酒の陣と言う事で新潟に前入り、酒蔵見学に来た。

01_2新潟市街に入り栗木バイパスで新幹線をくぐったところに酒蔵があります。

02_2今代司酒造は大変古い酒蔵で昔は販売をしていたようですがお酒を造るようになってこの地で美味しい水と海運が良いということで酒造りを行っているそうです。昔は栗の木バイパスは川で河口に向けていくつもの酒蔵があったそうです。今は2件しか無いそうです。中越地震で地層が変わったのか今は美味しい水が出なくなり、仕込み水は五泉から持ってくるということです。

03_2蔵の入口の暖簾をくぐってガラス戸を開けると涼しい酒造り現場に入ります。

04_2こちらは本蔵、貯蔵して味が落ち着いてから調合して出荷するそうです。ここではすべて純米酒だそうです。

05_2電気の配線は碍子引きです。線は裸銅線では無いようですが、、今は火事になるのでVVFなどのビニル銅線ですよね。

06_2酒蔵見学の前に酒造りの工程を教えてくれます。大事なのは一に麹、二に酛(もと)、三に造り。

07_2本蔵の中を少しだけ見せてくれました。中の雰囲気が変わるのかチョコッとだけ。

08_2

サーマルタンクです。ここで酒造りを行います。酒が発酵すると温度が上がるので今はこのタンクで一定温度で発酵させます。時々混ぜたりとタンク内の発酵を一定にするようにしているそうです。

09_2絞り機ですグッと絞ると板状に酒粕が残ります。

10_2その酒粕は良く乾かして包装して販売しているそうです。

11_2江戸時代の仕込み蔵。

12_3りっぱな梁も時代を感じさせます。

13_2昔の額。高さ2m位あります。

14昔のお酒どれも歴史を感じさせてくれます。

15試飲場所も上は事務所として使っていたのでしょうか?本当に古い建物をよく使っています。寒いので案内の方も厚着していますね。私は車の運転があるので、みんなが美味しそうに試飲していたのを眺めるだけです。

16その後新潟駅前の酒屋で情報収集。酒の陣に出していないお酒を買っちゃいました。この日は駅前の郷土料理と美味しい地酒を堪能して、更にホテルで部屋飲みして明日に備えます。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

自転車ワイヤー交換

3月7日本当はブルベの予定でしたが、雨でお休み。そこで先日リヤディレイラのワイヤを交換したので、今日はフロントディレイラと前後のブレーキワイヤーを交換した。

01CAAD10を買ってからもう5年目ケーブルも大分痛んでいるようです。磁石に付くのでステンレスでは無いようですしチューブに入った部分は少し錆びているかもですね。交換はディレイイラーとブレーキケーブルそれに末端のキャップ(カップ)ですね。チューブも付属しています。

02当然ハンドルのバーテープを外すのでこれもところどころ痛んでいるので交換します。柔らかくて手が痛くならないものを使います。

03先日のリアディレイラケーブル交換ではワイヤーが上手く切れず末端処理に往生したので、ちゃんとケーブルカッターを買いました。ケーブルの保護チューブも網が入っているので綺麗に切れないと後で擦れてケーブルを痛めます。

04まずはバーテープを剥がします。エンドキャップは六角レンチで簡単に外れます。

05ケーブルは保護チューブに入れてテープで固定してあります。

06フロントブレーキを緩めて外します。回り止めにレンチで押さえます。

07ブレーキの末端はこんなになっています。ケーブルが短いので引き抜いて同じ経路で新しいワイヤーケーブルを入れます。保護チューブも今までと同じ長さで切って交換します。
08ガイドの金具も交換してまづは一杯にねじ込んで刈り止めします。後でバーテープをまいてからちゃんと調整します。

09フロントディレイラケーブルも止めねじを緩めて外します。エンドキャップはきれいに切ります。外したら経路のガイド類をすべて清掃します。

10ハンドル横の窓のカバー(+ねじ)を外しケーブルを押すと左に末端が現れます。見るとやっぱり錆びていました。抜いて清掃してデュラエースグリスを塗り新しいケーブルとチューブに交換します。擦れる部分はデュラエースグリスを薄く塗りました。(塗ってふき取る感じ)

11リアブレーキも外すとやっぱり錆びていました。

12_2全てのケーブルを交換したので、チューブの上からテープでハンドルに沿わせて固定します。

13バーテープに付属の短いテープを貼ってバーテープを巻いて両端をテープで留めれば完成です。いろいろなホープページにやり方が書いてあるので参考にバーテープの端は斜め切りで綺麗にできました。

来週試走して更にディレイラやブレーキの調整をします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

真鶴半島

2月28日来週は鎌倉300kmブルベと言う事で自転車で練習に出かけた。

01_5来週300kmなので今日は軽くということで、とりあえず滑川のローソンで補給。

02_5天気が良くてお店には自転車やバイクが一杯。湘南道路も自転車のグループが沢山走っていた。

03_4大磯から国道一号線に入りいつもの豆大福を買いに「新杵」に拠ると、ひな祭り&春と言う事で、桜餅と草もちが置いてありました。小生は桜餅をチョイス。

04_411時27分この辺で昼食と言う事で、今回もCHAIROに拠ります。30分からOPENと言う事で駐車場に数人の待っているお客さんがいました。

05_3自転車を停めて財布を出したりしていると開店したらしく人もいなくなってお店に入ることが出来ました。

06_3何時ものナスチーズ焼きキーマカレー。やっぱ美味しいですね。

07_3小田原から伊豆半島に入ると海に定置網が、何が入っているのでしょうか?鰆?今なら寒鰤かワカシ?

08_2真鶴駅から何時も通り過ぎている真鶴半島に向かいます。道は一方通行になっていて、漁港を通って坂を上り半島の先端にある三ツ石へここは遠藤貝類博物館からの見晴らしです。

09_2三ツ石に向かって階段を降りていくと河津桜が咲いていました。来週のブルベで河津を通るので是非見に行きたいですね。大分人が多いようですが。。

10これが三ツ石。朝日が綺麗との事です。

11_2三ツ石の喫茶店には色々と言葉が書いてあります。

13りは小田原のなりわい交流館で熱いお茶をもらい行きに買った桜餅を食べました。新杵の桜餅はもち米で道明寺ではありませんが桜の葉の塩味が甘い餡と混ざって美味しいです。帰りに大磯でもう一度新杵に拠るとまだ桜餅があったので購入し我が家のお雛様にお菓子と一緒に捧げました。

14夕飯はケンタで新製品の「塩」を戴きました。暫くぶりにケンタを食べると結構美味しいですね。

本日の走り、所要時間:5:10’33。距離:122.45km。平均:23.6km/h。MAX:50.7km/hでした。行きの湘南道路や国道1号線は追い風でよかったですが、そのほかはずっと向かい風。それなりに疲れました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

境港で夕食を

2月24日仕事が終わって飛行機が最終便とまだまだ時間があるので夕食は境港まで足を伸ばした。

01_4境港といえば以前も来た有名なまつやにご来店。

02_4まつや定食!真ん中は紅かにの生。左がズワイガニの湯で蟹。お造りには甘いどろ海老もあってホタテやてんぷら、生うに、サザエ、モズク、ご飯は炊き込みになって量も満点。大満足です。

いつも一人なら米子空港の炉端かばで一杯飲みながら過ごしますが、今日の同輩は下戸のためまつや直行となりました。

もちろん昨夜は瑠味庵で美味しいお酒と美味しい魚を戴きました。冬は日本海が良いですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大阪出張

2月22日大阪→米子に出張した。

01_3まずは羽田空港から伊丹の大阪国際空港に到着、今夜の宿の心斎橋まで阪急と地下鉄で向かった。

011ホテルの受付でお店を聞くと、法善寺横町の季節柄ふぐ料理店を紹介された。早速道頓堀を渡って歩いて5分位で法善寺横町に到着。一番近い「玄品ふぐ」にした。

02_3中に入るとてっちりでも一人でOKと言う事で3階の個室に通された。この店、東京にも支店が有る有名店らしい。一人と言う事で食べ過ぎないように玄コースと一品注文した。

03_3お酒は「ひれ酒」、香ばしくくて美味しい!日本酒やお酒の種類も多い。

04_3てっさ?ふぐの「ぶつ刺し」、厚みがあって歯ごたえ抜群。ねぎと白菜にゆずを掛けてあっさり少しすっぱくて美味しい!

05_2別の一品「白子焼き」、絶品!!

06_2おなべがセットされて汁を入れ電磁調理器のスイッチが入ると「てっちり」の材料が運ばれて来ました。コレで一人前。

07_2いお肉や野菜から入れて煮込んで行くとそろそろお野菜に火が入ったかなというところで、しゃぶしゃぶで食べて下さいという部位を箸で10秒位浸すと口の中でとろけてホワット美味しい。

08野菜もお肉も良いお味が出てやっぱふぐは美味しいです。

09〆はやっぱり雑炊。お店の人が作ってくれました。鍋は多いかなと思っていたら美味しくてあっという間に食べてしまいましたが。お腹は一杯。幸せです。
11次の朝ホテルを出て心斎橋の駅に向かうと通りは飲み屋だらけ。やっぱり心斎橋は凄いですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »