« BRM214千葉300km銚子 | トップページ | トワイライト旅行2 »

トワイライト旅行1

1月30日トワイライトに載る為の旅行に出発。今日は函館。

01妻と逗子から東京駅まで荷物も多いのでグリーン車で、東京駅から新青森駅まではE5新幹線で行きます。妻はE5は始めてなので速さとゆれの少なさに驚いていました。3時間弱であっという間に新青森のホームに到着です。

02ここからはスーパー白鳥に乗り換えて北海道を目指します。白い白鳥の飛ぶ姿が緑のボディに映えます。

03客車の入口には津軽海峡の絵が描いてありました。

04車内に入り椅子に座ると前の席の背中に(テーブル)青函トンネルの絵と何時くらいに通るか書いてあります。我々が乗ったのは12時45分発のスーパー白鳥5号です。

05ゆっくり走り出すとそんなに飛ばしていることも無く津軽半島方向に走りいよいよ青函トンネルに入る頃に車内放送が在りました。車両の前のニュースが流れるところの表示も時々青函トンネルと走る列車の絵になって今どの辺りを走っているかわかるようになっています。最深部で放送があるかと思いましたが、そんなことは無く、チラッと駅が見えてまた蛍光灯の明かりが続くだけでした。

06_2程なくトンネルを抜けて海岸線を走ると暫くして函館山が見えてきました。大きくカーブして五稜郭を超えると函館駅に到着です。ホームの向かいにはスーパー北斗が留まっていました。青いボディが精悍です。

07おおスーパー北斗も振り子だったのですね。思わず車内販売でちょろQを買っちゃいました。

08函館駅は北海道の起点と言う事で「0km」の標識がありました。

09_2 函館駅は昔着たときは青函連絡船だったので今と違う駐車場の向かいに有ったそうです。今のはその後新しく建替えたそうで非常に現代的な駅になっています。

10 もう直ぐE5新幹線が乗り入れるということで盛んに宣伝しています。

11 泊まるホテルは駅から歩いて10分程の函館国際ホテル、窓から函館港がよく見えます。右上は記念館になっている青函連絡船摩周丸です。

12 15時過ぎなので二人で近くを散歩に行きました。函館山の方向に歩くと直ぐにレンガが美しい倉庫街です。

13 赤レンガ倉庫は整備されて綺麗になっています。よい感じです。

14 二十軒坂から函館山を見ます。この麓の生協でお土産の天然水を購入し家に送りました。

15 八幡坂はここもライトアップされて綺麗です。先に摩周丸が見えます。

16 函館山のロープウェー乗り場に向かうとカトリック正教会が足増した。ロマンチックな街並みは異国情緒があってよいですね。ホント旅行に来た感じがします。

17 ロープウェイで函館山に登ると丁度中国からの団体のお客さんが沢山景色が見える処にあふれて中々見えません。でも暗くなるほど夜景が綺麗にライトアップされるので暫くまって一団が帰ったところでゆっくり景色を堪能しました。妻は初めて見たということで関心していました。

18 ロープウェイを降りるともう真っ暗な二十軒坂もライトアップが綺麗です。坂の途中に五島軒本店がありますが、今日は海鮮!と決めていたのでそのまま坂を下りて函館駅の方に向かいます。

20 予約した「函館山」まで歩いておなかが空いたところでまずはビールから始めて、北海道名物を堪能しました。イカや海老は動いているのを戴きました。これは「ごっこ汁」です。トロットした身が、出汁が出た汁が美味しかったです。

21 本日のお勧め、根ホッケとたら鍋を食べ損なってしまいました。今度来た時は。。。

22 〆はうにイクラ丼。うにが美味しかったです。

23 戻ってくると明るいときに通ったレンガ造りのビール館がライトアップされて綺麗です。

24 コンビニで地元ビールで乾杯し本日は就寝。函館の夜を堪能しました。

|

« BRM214千葉300km銚子 | トップページ | トワイライト旅行2 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517801/61111676

この記事へのトラックバック一覧です: トワイライト旅行1:

« BRM214千葉300km銚子 | トップページ | トワイライト旅行2 »