« 2015年初ヤビツ峠 | トップページ | 倉敷の馬タン »

2015年最初のブルベはBRM112神奈川200km逗子参戦

2015年1月12日今年の最初のブルベは地元逗子からスタートです。

01朝6時家を出て逗子駅池田踏切のファミマで水とおにぎりを買って逗子市役所に行くともう沢山選手が集まっていました。早速受付しブルベカードを受け取りました。ブルベカードにはすでに必要事項が書かれていて内容を確認するだけです。近くの人と「寒いね」などとお話しをしているとブリーフィングが始まりました。ゴール位置が例年より短くなって(ドロー商店)少し判りにくいところと渋滞の注意、行きのトンネルの迂回の話がありました。

027時スタートから国道134号線のT字路までは列になってパレードラン。70台余りの自転車が列を作って小路を走って行きます。会う人は”何の事?”という顔をしています。国道の信号からは10台くらいづつウェーブスタートです。天気が良くて風も少なめ。ただ冷たいのが玉に傷。逗子海岸に出るときは日の出前で富士山が赤く輝いていましたが、稲村ケ崎に来ると江の島の向こうに雪をかぶって美しい姿を見せています。最初前の人が飛ばすのでついて行きましたが、冷たい空気を急に沢山吸って胸がいっぱいになりこの稲村で一息ついてやっといつもの調子が戻ってきました。

03pc1若干向かい風の中を走って行きますが、一昨日のヤビツ峠に上ったせいか右膝が力を入れると”ピリ”と痛みます。以後ずっと負荷をかけないように軽いギヤでくるくると回して行きます。あんまり早い時間なので、いつもの"杵新"も"なりわい交流館"も閉まっていてそのまま小田原から伊豆東海岸に入り石橋山から真鶴方面に、PC1のローソンに到着です。結構軽く回しているので大分遅く着いたようですが、締切1時間前位なので沢山の選手が腹ごしらえをしています。私も肉まんをほおばります。

04この後は真鶴、湯河原と上ったり下ったりを繰り返し熱海にきました。ここで一服、熱海、網代、宇佐美、伊東をやはり上ったり下ったりを繰り返します。

05pc2国道135号線から県道109号線に外れると岩場の海岸線が綺麗です。と右に曲がると突然の旧坂!へろへろしながら上ると伊豆高原を登ったり下ったり、富戸駅方面に曲がると暫くでPC2のドロー商店に到着です。普通の田舎の酒屋さんという感じでパンぐらいしか在りません。中でパンを買って表の自動販売機で暖かい飲み物を飲みます。私が来た頃はきっと何もないと思っていたので朝買ったおにぎりを一緒に食べました。さあ行こうとすると井出マヤさんが入ってきて、今回はAJ神奈川の方も走っているようです。

06県道109号線の岩場の景色は冬晴れの澄んだ空気で輝いています。

07pc3伊東から国道135号線に戻り来た道を戻ります。帰りのが坂は何気に楽のような気がします。湯河原から坂を上るとPC3の真鶴セブンイレブンに到着です。

08大磯で国道1号線から国道134号線に入ると戻ってきたなという気持ちになります。江ノ島辺りまで来るとだんだん日が暮れてきて鎌倉の由比ガ浜を通る頃には大分暗くなって寒くなってきました。逗子の渚橋から街の中に入って車の多い逗子銀座通りを抜けると逗子駅前のマクドナルドに出ます。

09この二階が今日のゴール。駅前なので自転車を厳重にロックして二階へ上るとAJ神奈川ジャージを着たオフィシャルの方が数人いらっしゃいました。ブルベカードとPCでもらったレシートを渡して、時間は18:05。11時間05分で完走です。

本日の走り、所要時間:9:55’45。距離:205.22km。平均:20.6km/h。MAX:53.9km/hでした。今日は朝から本当に寒かったです。特に日が暮れてからは寒くて身体が冷えてしまいました。これからのブルベは更に寒く、山に登るものも有るので、寒さ対策が大事ですね。

|

« 2015年初ヤビツ峠 | トップページ | 倉敷の馬タン »

自転車」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様でした。
寒さがよく伝わってきますね。
この寒い中、本当にご苦労様でした。私なんて、まだ今年の初ライドしてませんから。(笑)

投稿: Msr Solo | 2015年1月15日 (木) 12時36分

Msr Soloさんおめでとうございます。ここのところ寒い日が続きます。この日も朝は1℃、昼は10℃を越えたので暖かかったですが日が暮れるととたんに寒くなって、参りました。2月からは山もあるのでしっかり備えましょうね。

投稿: ramble | 2015年1月15日 (木) 22時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2015年最初のブルベはBRM112神奈川200km逗子参戦:

« 2015年初ヤビツ峠 | トップページ | 倉敷の馬タン »