« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月

BRM1025埼玉300km小諸のブルベ参戦

10月25日今シーズン最後のブルベBRM1025埼玉300km小諸に参戦しました。

016 昨夜は出張帰りで3時起き、睡眠時間は2時間半と仮眠状態で高速を乗り継いで集合場所の埼玉県入間市の豊水橋の河原に到着です。朝6時もう選手が集合して受付が始まっている。今日は6時と7時の2組制です。
02_4 埼玉ブルベは同意書がはがきできます。これを忘れると大変。サインと印を押して提出します。
03_3 引き換えにもらったブルベカードに名前と住所をローマ字で書きます。この流れはどのブルベも変わりません。名前は最初の1文字は大文字で、後は小文字で書きます。苗字は全て大文字。
04_3 6時40分にブリーフィング、道路に穴が開いているとかQシートにメモをします。工事箇所もいくつかあって気をつけないといけないですね。
05_3 車検をしてスタート。埼玉はライト2灯が必要です。ブルベカードにチェックのサインをもらいます。今日はそのままスタート、ウェーブスタートではありません。
061 1時間くらい走ってお腹が空いたのでおにぎりを食べます。そういえば3時に食べて今はもう8時お腹が空く訳だ。
07_3 小前田駅を通過もう大分人もバラケてたまに追いついたり抜いたりします。
08_3 前を走る人はクロスバイクにフラットペダル、ランニングシューズとブルベも300km位まではいろんな人が走っています。そういえば千葉の400kmではリカンベントも走っていました。
09_3 神流川を渡ります。ここからは群馬県に入ります。
10pc1 PC1のセーブオン甘楽町役場前店。到着締切1時間半前、76.6kmも走りましたが凄いのぼりはなかったのでまだ沢山の選手が休んでいました。今回のブルベはPC間が長くて中々着きません。食事をして締切1時間前に出発です。田口峠があるのでいい感じです。
11_2 甘楽町の道路は水割りも在って綺麗です。道路も石畳ですが、さすが道路工事技術が高いのか滑らかです。
12_2 群馬サファリパークの前を通ります。この辺りはワゴン車が沢山いましたがなるほどです。
13_2 道の駅「なんもく」山の中に入ってきてコンビニがなかったので殆どの選手が入って休んでいます。しかし暑いです。
14_2 大分山の中ですが今日一番の田口峠はまだまだです。
15_2 川幅も狭くなってこのあたりは渓谷になっています。
16_2 街道沿いの家並みは昔のままです。
17 何のお店でしょうか?銭湯?
18 いかにも山奥の山村です。
19 下仁田に向かう峠に入りました。結構急な坂や緩やかなところが代わる代わる続きます。
20 ふと上を見ると白い岩山が色づいて綺麗です。
21 群馬県から長野県に入りました。道は完全に峠道です。夜は走りたくないですね。道も悪いし。
22 岩山と紅葉が綺麗です。
23 川幅も更に狭くなって大分上って着ました。ここは狭岩峡。
24 紅葉が本当に綺麗で、和ませてくれます。もう川とは離れてカーブが次々と現れてたまにダンシングしないと上れません。
25 いくつもの葛篭折れを抜けていやになるほどカーブを曲がって上ると綺麗に整備された桧林がありました。
26 ひときわ大きくて長いトンネル、田口峠に到着です。カーブは94番でした。一寸休んで降り始めました。
27 一気に峠を降りて、臼田駅前を通過、もう佐久の高原です。
28 前が開けると浅間山が目の前に広がっています。真ん中のへこんだところがぎざぎざになって爆発の生々しい後です。
29pc2 小諸駅や懐古園を通過してPC2セーブオン小諸西原店に到着。16時過ぎ157.9km走ってまだ明るい内に着けてよかったです。もう選手の顔は何度か合った人たちで固定されてきました。締切1時間前の16時半過ぎに出発しました。
30 小諸駅も折り返してから良く見えます。特急も止まっているようです。
31 少し走るとあっという間に暗くなってだらだらと長いのぼりを延々のぼって国道18号線に出てからは下り基調、また上りが続くとやっと旧碓氷峠に到着です。ここからは延々今度はカーブ続きの下りを走ります。真っ暗でライトが当たるところしか見えず、ラインの消えたところは道の境がわからず怖いです。空気も冷えてきて、指先が凍えて固まってきました。もう指きり手袋は使えませんね。
32pc3711 碓氷峠を降りきっても細かい上り下りが延々あってやっとPC3の7-11神川八日市店に到着。締切1時間半前247.8km走ってまだ22時前、数人の選手がいました。AJ埼玉の方から、ここまで来れば完走できますよと勇気付けられました。リュックを忘れて10分くらい戻り22時過ぎに再スタートしました。
33 ところがあと50kmが向かい風と細かい上り下りで、スピードが出ないはお尻も含めあちこちが痛くなるわでなかなか距離が縮みません。豊水橋が見えたときはうれしかったです。橋を渡って河原に下りると橋桁に明かりが、ゴールです。AJ埼玉の方が沢山待っていてくれました。18時間36分(リミット20時間)で完走です。まだ私の後に10人位いるということでこれから1時間半位のんびり待つそうです。「これがブルベですから」と言ってくれる暖かい言葉に私のようなぎりぎり完走組は助けられます。暖かいお味噌汁を頂き身体を温めて3時まで仮眠して行きに来た道を帰りました。
今日の走り、16時間00分2秒。距離:308.35km。平均:20.4km/h。MAX:50.9km/hでした。今回はPCで食事を取ったので大分停止時間があるようです。
1年間のブルベシーズンが終わり、来年に向けて自転車の整備や衣類などの準備、また今シーズンはSRは取得しましたが、調整に失敗して結構辛いブルベが多かったです。特に上りがぜんぜん登れず参りました。このシーズンオフで要調整ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

米子出張

10月23日・24日と岡山から米子に出張しました。

01_3 岡山から岡山道→米子道を通って夕方に米子に入ったので、車ということもあり、今日の夕食は何時もの駅前ではなく米子鬼太郎空港近くの「日本海」で頂きました。豪華な夕食で大満足です。
02_3 次の日の朝、ホテルの裏が米子駅の転車台になっているので近くまで行って見ると車庫に色々な起動車が入っていました。この日は米子空港から最終便で帰ったので家に帰ったのは23時半、朝3時に起きるのでお風呂に入って0時半頃就寝です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

横浜オクトーバーフェスティバル

10月19日昨夜のステーキに続き、横浜オクトーバフェスティバルでビールを飲みました。

01_2 桜木町駅から歩いて横浜赤レンガ倉庫に行くと目の前に長い列が出来ています。そういえばオクフェスが始まってから2週に続いて週末に台風が来て、週末に晴れるのはこの最終日だけです。気合が入っているのかな?
02_2 入口で入場料一人300円を払って入口の門を潜ります。
03_2 大きなテントの中はあっという間に一杯になってしまいました。我々も席を確保して、ビールとつまみを買いに走ります。
04_2 オクフェスといえばドイツのお祭り、ドイツビールにソーセージですね、白いものは皮をむいて食べます。ビールに合いますね。
05_2 バンドが入ってテントの中はいやがおうにも盛り上がります。もちろんグーテンターク!
06_2 そのうち懐かしいジェンカではありませんが皆で繋がってテント中を踊ります。
08_2 その頃はテントの外ももう一杯、沢山の人が座って飲んで、ビールやつまみを求めて並んでいました。
09_2 中にはこんな2色のビールもあります。入れ物は最初に500円のデポジットを払ってビールのたびに入れ物は変わりますが最後に戻ってきます。
10_2 昼過ぎには2回目のバンドもたけなわとなって、皆で腕を組んで歌いながら踊ります。
ビールは1杯800円~1500円位するので結構費用も掛かりましたが、楽しいひと時を過ごしました。また来年もあるといいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お肉の中勢以「内」店

10月18日従兄弟が集まって茗荷谷の中勢以「内」店にステーキを食べに行きました。

01 白山の従兄弟の家に集まってそこから植物園を通ってここ播磨坂を登っていくと、
02 ひときわ明るいお店が
03 入口に四角いお店の看板があります。(北店もあるようです)
04 中の天井に沢山の電球がつるしてあって、テーブルに座ると上にこの電球を持ってきて料理を照らしてくれます。
05 内装はコンクリートの打ちっぱなしですが、落ち着いた雰囲気です。隣にもう少し小さい部屋があります。
06 この店のお肉は全て熟成肉でガラスのショーケースに並んでいました。ロースなど良く見かける名前のものもありますが、
07200g以上で焼きますということで 皆で相談して、「シンシン」
08 「イチボ」
09 「カメノコ」
10 「ヒウチ」を選びました。
11 テーブルに戻ると切り分けた肉が運ばれてきました。そのまま見てもどれも美味しそうです。
12 焼ける間に野菜などを食べながら待つとこれから食べるお肉の「子牛登記」証が運ばれてきました。何処で取れたどんな牛のどの部分かが書いてあります。今日は6人で来たので色々な肉が食べられます。
13 早速焼いた肉が人数分に切り分けて運ばれて着ました。ミディアムレアですが、どれもしっかりして美味しいです。
15 肉の旨みがかむたびに口の中に広がります。
14 スイートポテト、お勧めで食べましたが、お肉にあって美味しかったです。
16 ワインもお肉が来るまでの野菜のときは白をお肉が着てからは赤を頂きました。ワインの種類も多くて一緒に行った従兄弟が慣れていて料理に合った美味しいものを選んでくれました。
幸せな気分になって6人で茗荷谷駅まで歩き、そこからは東京駅に出て横須賀線でかえりました。この間の和食も美味しかったですが、今日のステーキも熟成肉という事で本当に旨かったです。次はまた和食が良いですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

防水靴下使ってみました。

10月3日防水靴下が届きました。

01 アマゾンで「DexShell DS8828 防水ソックス 通気・速乾性! 登山や野外活動に! (Mサイズ)」3867円というものです。手触りは少しモコッとしています。
300kmのブルベで雨が降ったら使おうと持参しましたが、結局雨は降らず、「では」と 10月11日のヤビツ峠に使って見ました。
02 履いた感じは靴下を二枚はいてその間にもう一枚すべりの良い生地の布を履いている感じです。(実際そうなのかも)
足に力が入ると指がグッと握り締めますが、内側の布だけをつかんでいる感じです。
足先が暖かいです。汗を掻きますので少し濡れ気味になりますが回りの気温が低いわけではないので冷たい感じはありません。でもつま先だけのカバーの時のように沢山汗を掻く感じにはならずとりあえず問題ないです。
普通のヒートテックの靴下よりも暖かいので冬も使えそうです。もちろん雨のブルベでも靴は濡れても足が濡れないのは良いですね。
問題は耐久性!とりあえず今回のヤビツ峠往復の100kmでは全く状態は変わらなかったです。次の10月25日の小諸300kmで試して見ましょう。もちろん雨が降らないに越したことはありませんが。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

遅くおきた朝はヤビツ峠へ

10月11日今週は出張や飲み会で殆ど毎日お酒を飲んでいたので、今日土曜日はお休みということもあって遅く目が醒めました。でも明後日から台風の影響で雨という事で、走るなら今でしょ!で一番近いヤビツ峠に行くことにしました。

01 先週走ったままですが、タイヤにエアーを入れて出発です。
02 ゆるい横風を受けながら走ります。台風が来ていることもあり鎌倉湾(由比ガ浜)にも沢山のサーファーがいます。
03 七里ガ浜に来ると稲村ガ崎海岸と鎌倉高校前には良い波が来るのでここにも沢山のサーファーがいました。七里ガ浜は大きな台風が来ると道路が侵食されて通行止めになりますが、今は拡幅工事をしています。完成すると西湘バイパスからずっと2車線になって渋滞が解消されるといううわさです。
04 茅ヶ崎海岸に来ました。小一時間走るとやっぱりお腹が空いてここらでおにぎりをパクリ。
05 茅ヶ崎海岸も波が良いので沢山のサーファーがいます。隣で本を読んでいた方が茅ヶ崎のことを熱く語ってくれました。
06 お昼過ぎですがまだ食べてないので少しお腹が空いてきました。ハンガーノックにならないようにヤビツ峠に上る前にもうひとつおにぎりを頂きます。鳥居の桜も大分紅葉してきました。そういえば私の住んでいるところも街路樹の桜の落ち葉で周りの方は毎日掃除が大変だと言っていましたっけ。
07 今日は5週連続で走っていることもあり前回よりも楽に登れます。雲って富士山も見えず景色は今一ですが、林間部分はシンとして気持ちが良いです。天気が悪いせいか自転車は少ないです。
09 先週の300kmでは軽い脱水を起こしたので今日は都度給水して気をつけて上ります。さすがヤビツ峠まで来ると少し涼しいです。上った人は一様に長袖の上着を着て降りていきます。
10 私はそのまま止まらずに峠を過ぎて気まぐれ喫茶に到着です。
11 もうお腹は空いていないのでママの手作りケーキと湧水コーヒーを頂きます。メニューが少し変わって、今までなかったママのランチがメニュー入り、名水コーヒーが湧水コーヒーになっていました。相変わらず水はおいしいですが。。。ゆっくりとコーヒーを頂きまた急な坂を峠まで上りそのまま秦野側に降りました。最初は勢い良く折り始めましたが、途中からバスに追いついて後ろを蓑生まで着いていきました。
12smap この後は時々コンビニに寄って軽く食べながら帰ります。これはSMAPと組んだ杏仁豆腐、かぼちゃのプリンもおいしかったです。一寸遅いので国道134号線に出た頃から暗くなってライト2灯全開で帰りました。
本日の走り、所用時間:5:01’17。距離:104.48km。平均:20.8km/h。MAX:50.9km/hでした。先週の300kmは文中に書きましたが、症状からどうも走っている内に軽い脱水症状を起こしていたらしく、節々が痛くなったり、微熱が出たようです。1週間お酒が回るのが早くて、驚きです。これから寒くなると水を取りにくくなるので気をつけましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BRM1004千葉300美浜完走&SR達成

10月4日千葉の300kmブルベに参加しました。300kmは寒い時期に挑戦した事もあり、寒さなどでDNFしていました。

今回は夏の2ヶ月全く走らなかったので一寸不安もありました。
01車で高速の湾岸習志野ICを降りて稲毛海浜公園の第一駐車場(24H)において集合場所の検見川浜に着きました。まずは受付、名前を言ってサインをしブルベカードをもらいます。
02横のテーブルで住所と名前をローマ字で書きます。苗字はすべて大文字、名前は始めの1語は大文字で後は小文字で書きます。間違えると後で面倒なようです。
03_7既に沢山の選手が集まっています。今日は6時と7時のスタートなのでここにいるのは7時スタートの人です。
04ブリーフィングで注意事項を聞いて、車検です。最近は300kmでもライト2灯を推奨しています。※以前山の中でライトが消えて結局押してDNF(リタイヤ)したことがあります。
0530スタートから暫くは30人位が固まって走ります。そのうち信号待ちや早い人は抜け出てだんだんとバラけていきます。
06pc1PC1までは上ったり下ったりを繰り返し大多喜の7-11に到着しました。6時集合でもう10時近いのでみんな思い思いに食べ物をほおばっています。私もおにぎりを食べました。
07そんなに差がないので殆どの選手がここにいました。
087-11でもらったレシートは通過記録になるのでブルベカード入れに大事にしまいます。プルベカード入れは服の中に入れますが汗を掻くのでビニール製です。丁度お腹に置いておくと汗で体が冷えてもお腹を冷やさなくて良いです。
09PC1を出発して1時間位で御宿駅の通過確認ポイントです。エントリーナンバーを言ってブルベカードに判子を押してもらいます。左の机がオフィシャルです。
10御宿海岸はサーフィンで有名ですが、台風18号が近づいているので波が大きいのか沢山のサーファーがいました。
11海岸の前にある食堂でランチの旗があったので入りました。水を4・5杯飲んで秋刀魚の天麩羅定食が出てきました。秋刀魚は油が乗っているので一寸脂っこいですが、一緒にあるあらの煮付けがおいしかったです。
12ここからは海岸線をずっと走ります。勝浦の海岸は奇岩があったりと綺麗な海岸です。今日は天気のはずが曇っているので今一ですか?
13日蓮の誕生寺です。この辺りはトンネルが多くてライトを点けて行きます。
14pc2海岸線から中に入るとPC2の7-11鴨川長狭中学校に到着です。UP・DOWNが余りなかったのでここでも20人位の選手が休んでいて食事を取っている人も多いです。
15200m弱の山を登ってまた海岸線に出てきました。ローズマリー公園近くの「はなまる」でびわアイスをいただきます。冷たくておいしいです。
16海岸瀬を走ると横風で若干追い風になるところもあり勢い良く走ります。千倉大橋はアーチが綺麗ですが、一気に上ります。橋には両側に人魚などの像がいくつかありました。
17風に翻弄されながら野崎灯台に到着です。ここは房総半島最南端です。
18灯台をバックに1枚。
19灯台を回ると風は向かい風に変わりました。南総パラダイス付近のフラワーラインは今は菊の花が咲いていました。
20須崎灯台です。東京湾の出口辺りで光っています。
21pc3館山に近づくとPC3の7-11館山大賀店に到着しました。もうこの辺りでは5人位の選手しかいません。AJ千葉の方によると「今日は早い人はまとまって大分前に行き、私のような2時間余裕位の人がいて、ぎりぎりの人がまた固まっている」ということです。
22PC3からPC4まではずっと山道で3つの峰を越えます。最初の山は道路巾は広いですが上りで猿がいてこちらを見ています。もう薄暗くなっているので目をあわさないように上りました。2つ目は道幅が狭く路面も荒れていて木立の中は本当に真っ暗、ライトがあたったところしか見えません。1人選手が追いついてきて二人で走っていると前に小さなイノシシが道を横切ります。岡山にいたときにイノシシに追いかけられたので親イノシシがいないか注意して通過します。
23pc4やっとPC4の7-11富津更和に到着です。ここには7・8人がいて、ここまで来ればこの後直ぐのマザー牧場までの上りを押しても完走できるとみんな安堵の色をだして夕食をとっています。私もこの区間で食堂がなかったので山登り前にお腹に入れないといけないのでカレーラザニアを食べました。
24600kmの時にはさすがにヘロヘロで一番急なところを押しちゃいましたが、夕食を食べた事もあり頑張って上までこいで一気に上りました。館山の夜景が綺麗です。カップルの邪魔にならないように上着を着て直ぐに山を降りました。
25山を降りれば立体交差位で上りはありませんがなんと結構な向かい風。意外と走らなくて体力を奪われます。この辺りになると膝も、お尻も肩も腕も痛くなってなかなかスピードが出ません。国道357号線から街中に入り、いよいよゴールという事で、スタート地点に行きましたが誰もいません。既にいた選手が電話して確認し海際の東屋にいるということでやっとゴールを見つけました。うれしかったですね。PC4ではAM1時位にゴール出来るかと思っていましたが、思いのほか時間が掛かって、1時26分トータル18時間26分で完走です。
26srこれで長かったシーズンも正月の神奈川200km、ぐるっと房総400km、房総クラシック時計回り600kmとついにSR達成です。初めてのSRは一寸気持ちが上がります。
今回の走り、所要時間15:06’12。距離:305.41km。平均:20.2km/h。MAX:55.0km/hでした。今シーズンはあと小諸300kmを残すだけですが、これは楽しみましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伊豆の網代へイカメンチを食べに行く

9月28日天気も良いので早く起きて伊豆に向かうことにしました。

01_2 何時もの滑川のローソンで水とおにぎりを買って出発です。

02_2 天気は良いですが、今日は風が強くて横風に煽られながら江の島まで、湘南道路はここから防風林が始まりだいぶ楽に走れるようになりました。茅ヶ崎海岸は天気が良いのに人が少ないです。

0317 その筈、台風17号の影響で風が強く、波もうねりが高くてさすがにこのあたりの大きな波ではよっぽど上手なサーファーしか波には乗れない様です。鎌倉湾や江の島東浜など湾になっているところは沢山のサーファーがいました。この辺りでは数人しかいませんが時折くる大きな波に果敢に乗る姿はカッコイイですね。

04 風の強い日は富士山が良く見えますが、相模湾を渡る東風でだいぶ霞んでいるので正面の道路の上にある富士山も写真では一寸判らないかな?

05_3 波が高いので西湘バイパスの海側は通行止めということで大磯の国道1号線はめちゃ込の大渋滞です。大磯港から回って新杵前で1号線に出ました。ここで美味しい豆大福を購入。

06_2国道 1号線は追い風でペースの速い自転車に引っ張られて飛ぶように小田原なりわい交流館に到着。大分早く着いて一寸オーバーペースです。

07_2 熱いお茶をもらってで豆大福を食す。さて今日はどこまで行こうか??

08_2 早川から国道135号線に出て石橋山など上ったり下ったりと走り湯河原を通ります。

09_2 真鶴から伊豆高原に上り熱海へ

10_2 熱海から網代へ伊豆らしい風景が続きます。この辺りは東海岸で西側が山なので風の影響が少ないです。

11 網代辺りは初島が近くてよく見えます。

12 網代のイカメンチがこの辺りの新名物ということで今日のお昼にしましょう。有名なあじろ食堂は宿と日帰り温泉もやっているようです。

13 あじろ食堂入口。表の写真を見ると、お造りや金目などに混ざってイカメンチ(あじろ揚げ)が写っています。

14 イカ丼とイカメンチにノンアルコールビール。イカ丼は卵を崩して醤油を少し掛けると甘いタレも混じってイカの甘さも加味され美味しいです。ここのイカメンチはさつま揚げで特筆するものはなかったです。

15 お腹もいっぱいになって来た国道135号線を戻ります。伊豆の東海岸はすぐが崖のところも多く洞門も多いです。

16 熱海の市街地はここから見ると温泉の建物が沢山見えます。一時から見ると大分下火になってきましたが、また温泉ブームということで新しく開業するところもあるようです。この辺りから道は東よりになって風の向きも変わって向かい風!全くスピードが出ません。下り坂でも漕がないとスピードが落ちてくる始末、国道1号線、湘南道路共ずっと向かい風で参りました。七里ヶ浜あたりからは北の山が近くだいぶ楽になりましたが、へとへとに疲れました。

本日の走り、所要時間:6:38’21。距離:152.02km。平均:22.8km/h。MAX:60.1km/hでした。今週は千葉で300kmです。結構良い練習になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »