« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月

鎌倉米倉でランチ

9月27日親戚と鎌倉米倉でランチを楽しみました。

01 先付、低料金で本格的な美味しい懐石料理をサービスしてくれる米倉は10人程しか入れないこじんまりしたお店です。何時も貸切で我々だけなので気兼ねなく食事が楽しめていいですね。この先付も大変凝っています。お団子はお月見に合わせた様です。

02 土瓶蒸し、上に柚が乗っています。一寸変わった入れ物です。

03 中身は松茸と鱧です。鱧は柔らかくて美味しいです。汁は良い味が出ています。柚を少し垂らしていただきました。

042 お造り、鰤は脂がのって美味しいです。帆立貝柱ももちろん美味しいです。

05 お肉は締ってこれもお造りに後なので少しさっぱりといただきました。

06 焼き物、白身魚に菊の酸味が会いますね。

07 椀物は肉をお餅で包んだものに湯葉です。ほうれん草も良いです。

08 お蕎麦はこれも美味しいです。ちょっと私には量が少ないですが。。

09 デザートくるみがアクセントになって甘くておいしいです。これも好きな味です。

10 最後は熱いお茶をいただいて絞めました。この瑞泉寺前のお店も12月まで、次は鎌倉宮を左に曲がって覚園寺近くになるそうです。少しお店も大きくなるとのことで、人数を考えずにお願いできそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

寝坊した朝はヤビツ峠へ

9月21日昨日はお彼岸でお墓参りをしてそのあとNHKでやっていたゴジラの映画を3本見たので寝るのが遅くなり起きるのが8時頃になってしまい、余り遠くへいけないので一番近いヤビツ峠に行くことにしました。

01 秋晴れの中を湘南道路の七里ガ浜を走っていると、私のようにロードバイクにサイクルジャケットの人もいれば、普通の服を着ている人、クロスバイクや小径の人、中にはママチャリで頑張っている人もいたり、サーフボードを横に付けてゆっくり走る人などさまざまです。
02 江ノ島上空の飛行機雲、すっかり秋の海岸になって人も閑散としています。
03 茅ヶ崎辺りでスペシャライズドの二人連れに抜かれました。のんびり走っていましたが、一寸のんびりしすぎという事で、
0430km90rpm この辺りから30km/h、ケイデンス90、心拍数は160で走る事にしました。※カメラを構えると足の運びが鈍って30km/hを切っていますね。
05 うららかな茅ヶ崎海岸では何組かの家族連れが来ていて、子供がはしゃいでいました。ここでおにぎりを1個頂いてハンガーノックに備えます。
06 富士と波のない海岸は釣り人が沢山、中央少し波の有る1ヶ所にサーファーが集まっています。あんまり波がないので一箇所に来てしまうようで50人位の人が群れています。
07 秦野に入って大山(おおやま)とこれから上るヤビツ峠を望みます。丁度真ん中辺りがヤビツ峠です。
08 今日もヤビツ峠は自転車が多いです。鳥居の桜も色づき始めたようですっかり秋ですね、
09 少し涼しくなったので上着は長袖にしてレギンスをはいています。前回箱根は寒かったので今回は一寸注意して見ました。ここのところ2週連続で山登りをしているので大分まわせるようになって来ました。まだ休み休みですが、最後まで力を入れて進むことが出来ました。昨年の一番良い時のまだ8割というところです。展望台から富士山が見えなかったので余り休まず上ってくると結構あっという間にヤビツ峠に到着しました。「ヤビツ峠」と書いた標識の前は次々上ってくるサイクリストで記念撮影が絶えません。
10 峠で休まずそのまま宮ヶ瀬方面へ下り久しぶりに気まぐれ喫茶に来ました。
11 一寸お昼の時間は過ぎていたのでママのランチは悪くて頼めずガーリックライスと名水珈琲を頂きました。一寸しょっぱかったけど美味しかったです。腹ごしらえを終わってまた護摩屋敷の水までの急な坂を上り、その後のゆるい坂をヤビツ峠まで上ってここから一気に秦野まで下ります。前回は長尾峠からは上着を羽織りましたが、今回はしっかり着込んでいるのでそのまま下りました。途中からゆっくり走る四駆が道を占拠していたのでその後を付いてゆっくり下りました。
12 金目川沿いの道は向かい風でしたが、今日は結構回ります。今回も花水川橋の日曜大工センターに寄ります。昨日親戚とお墓参りをした際に3軒目のお墓でターボガスライターのガスが無くなったのでここで補給用のガスを購入しました。
13 国道134号線は横風でしたが防風林のおかげで湘南大橋以外は余り影響が無くて何時ものように鎌倉まで戻ってきました。ここは家の近くのお化けトンネル。昔聞いた話では鎌倉のタクシーが看護婦さんを跳ねて殺したのでその霊が出るということです。また、山の上に焼場があるのでその霊が沢山いるということです。一時霊媒師がはやった時には良く取り上げられました。
本日の走り、所用時間:4:48’54。距離:104.89km。平均:21.7km/h。MAX:52.8km/hでした。天気が良くて、体の調子も良かったので大分いい調子で走れました。ただこのところ出張が多くて食生活が悪く体重も良いときから3kg程増えて一寸重いです。
10月4日の300kmブルベまでに少し調整が必要なようです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

箱根は一寸走りすぎ?長尾峠

9月13日雲が多いですが天気が良かったので今日は箱根方面へ向かいました。

01 何時ものように滑川のローソンで水とおにぎりを買って稲村ヶ崎へ来るとハワイアンフェスティバルの準備をしています。少し涼しくなってきましたが、今日は日が差して暖かいので良かったですね。ここから見る富士山は良く絵葉書になる景色ですが、雲が多くて今日は見えません。
02国道134号線 湘南道路は良い天気で横風気味ですが防風林で風を防いでいるので、藤沢西浜から平塚まで30km/hケイデンス90回転で飛ばします。
03 茅ヶ崎のサザンビーチ には赤とんぼが沢山飛んでいます。もう秋の便りがここにもやって来ました。
04 波もなくうららかな秋の茅ヶ崎海岸はサーファーもいなくて静かです。ここでおにぎりを1個ほおばって山に備えます。
05 湘南大橋を渡り平塚を抜けて西湘バイパスの側道から国道1号線に入って大磯の新杵で豆大福を2個購入しました。
06 国道1号線は湘南道路程ではありませんが結構自転車も多くて何台か抜いてまた何台かに抜かれて小田原に入りました。何時もの「なりわい交流館」に到着すると7人程の自転車のグループに出会いました。聞くと鎌倉に集合してここまで来たという事で、「伊豆に行こうか箱根に行こうか考えています」というと「箱根は大分違いますね」といわれてしまいました。皆さんと別れて交流館の中で熱いお茶を頂き豆大福を食べます。新杵の豆大福はおいしいのでここで力をつけて山を登る事にしました。
07湯本駅の雑踏を抜けて函嶺洞門に来ると出入り口がふさがれ通れない様になっています。なんでも倒壊の危険があるということで遺産として残すことになったようです。ここから旅館街を抜けて坂が始まります。
08 沢山の車に横を抜かれなが行くと蛙滝があります。大平台はもう直ぐです。
09 大平台ヘアピンカーブを通り、大平台の駅を過ぎたところに「山神社」があります。この後は直ぐに宮ノ下の旅館街で車が多いのでここで給水をします。もちろん箱根を無事通れるようにおまいりをしました。
10 宮ノ下を真っ直ぐ進み国道138号線を強羅から仙石原に出ました。この先食べるところが判らないので7-11で親子丼を食べて金時山の入口を過ぎゴルフ場先を左折し旧道の県道736号線から長尾峠に向かうとススキが沢山穂を出していました。
11 可憐な野菊も咲いています。
12 アジサイもところどころに咲いていて目を楽しませてくれます。
13 この峠道は開けた山道が続いて非常に気持ちが良く、車の通りも少なくて助かります。斜度もたいしたことはありません。
14 県道を3km程上ると長尾峠に到着しました。
15_2 神奈川の景勝に指定されている景色は良いですね。右は芦ノ湖、左の山の上のわずかに煙が見えるのが大涌谷です。
16 大涌谷の左手下に写真の上の緑の原が仙石原のススキ原、もう直ぐ銀穂が綺麗に揃うと見事です。手前は今通り過ぎた富士屋ホテルゴルフ場仙石コースです。
17 長尾峠の狭いトンネルを抜けると何時もは富士山がドーンと見えますが、今日は雲の中です。今日は戻っても待つ人がいないので遠回りして御殿場方面の静岡県の県道401号線を下ります。直ぐに天下第一峰駿河台の茶屋がありここから富士山を望むますが残念やっぱり雲で見えなかったです。この後はたいした下り坂ではありませんがくねくねとまがりが続き、御殿場側から結構多くの高級車が凄いスピードで迫ってきます。いわゆるアダルト暴走族ですね。道は良いので助かります。
18246 乙女峠を抜けた国道138号線に出て御殿場に降りるとアウトレットが大混雑のようです。横を抜けて国道246号線に入り帰る事にしました。ところが本当は松田から湘南道路を目指そうと思っていましたが、良くわからず(山の中でスマホが肝心なときに使えなかったのもあります)結局ヤビツ峠への入口の「名古木」信号を右折して何時ものコースで帰りました。
本日の走り、所用時間:7:03’14。距離:155.57km。平均:22.0km/h。MAX:50.3km/hでした。国道246号線で名古木までの間にも何回か小さな上り坂があって既に100kmを走っているので結構厳しかったです。久しぶりに少し長い距離を走ったので足はパンパン一寸2~3日痛かったです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

調整はまずヤビツ峠

9月6日暫くぶりにヤビツ峠へ行きました。

01今日は何とか天気が持つ言うことで早速家を出ました。鎌倉滑川信号のローソンで補給して国道134号線湘南道路を西に向かいます。もう海の家は解体が始まっています。天気は晴れていますが、雲が多くて富士山も全く見えません。
02江ノ島から茅ヶ崎市の湘南大橋まで殆ど平らで片側二車線、路肩も広いのでLSDとケイデンス90&時速30km/hの練習を頑張ります。暫くぶりなので結構疲れが来ますね。新しい橋が架かった花水川橋を右折して金目川を上って秦野を目指します。
03秦野の7-11で一服してハンガーノックに備えます。大分暑くなってきて水も2本持ちです。
04名古田の信号で国道246号線を渡ると急な坂が早速始まります。何時もの鳥居です。この手前で一休みしたのでここは写真撮影のみ。この先が一番厳しい蓑生の急坂です。
05今日は全く足が回りません。やっとやっとゆっくり上ります。中間点の展望台位からやっと調子が出てきました。それでもいつもの8割位でへろへろ上ってやっと峠に到着しました。もちろん赤い自動販売機で少し高いコーラをグイット!何時もはその後気まぐれ喫茶に向かいますがまたあの急坂を登ると思うとその1.2kmが行けずにそのまま秦野へ一気に坂を下りました。
06お昼は秦野のすき屋で腹ごしらえ、この後は金目川は追い風で疲れも関係なく飛ばして走ります。
07花水橋の横にある日曜大工ショップでお買い物をしてこの後は来た道を走ります。ラッキーにも湘南道路はまた少し追い風になってなぜか休むことも出来ずに一気に家まで戻りました。
今日の走り、所用時間:4:51’53。距離:100.14km。平均:20.5km/h。MAX:52.6km/hでした。
9月1日1時頃にスポーツエントリーでAJ千葉とAJ埼玉の300kmブルベにエントリーしました。まずは10月4日の千葉300kmまであと1ヶ月、走りこんで完走を目指します。もちろん完走すれば初めてのSRです。修行!修行!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »