« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月

朝日新聞にブルべの記事が

8月23日朝日新聞の朝刊にブルべの記事が載っていました。一寸嬉しくて載せちゃいました。

20140823 世の中を変える秘めた力があるか判らないけどブルべはやってよかったと思っています。AJ北海道の600kmでDNFしたそうです(AJの結果ページに載っていました。)がまだ9月以降沢山600kmはあるので頑張ってください。
そして私もあと300kmを完走すればSRなのでなんとか行きたいですね。
※無断で記事を載せてすみません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

湘南国際村へ一寸練習

8月15日、明日から逗子海岸警備、そして天気も悪くなりそうという事で午後から葉山の湘南国際村へ練習へ行きました。

01 逗子駅から運動公園、イトーピア団地を越えて三浦半島中央道路の長いトンネルをくぐると湘南国際村の葉山側の上り口の湘南国際村入口信号に出ます。120m位まで上って峠になる湘南国際村センター入口信号のファミリーマートで水を買って頂上の公園に行きました。天気がよければここからの富士山も綺麗ですが、今日は風が強くて海もかすんで良く通りません。
02 トンネル側の信号と秋谷側の信号を行ったりきたりと上りを3本上って帰りは秋谷側の信号から国道134号線に出て長者ヶ崎から葉山の海側(森戸海岸)を通って逗子市街を抜け家に戻りました。
03 今日の標高のグラフです。緑の矢印の様に1回目の上りはまだ調子が出なくて大分傾きが低いですが、2回目の上りは慣れてきて傾きが大分立って来ました。まだまだ本調子には程遠いですがこれから9月に走りこんで、10月の300kmブルベで完走、そしてSRを狙いたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

しまなみ海道へ3日目

8月13日今治から尾道へ戻り、逗子へ帰宅します。

34_2 朝昨日と同じ8時40分頃にホテルを出発しました。とうさんは別に列車で移動、やぶちゃんは高松に帰省ということでこの後は4人で尾道へ向かいます。写真右が泊まったホテルクラウンヒルズ今治、左が夕食の千年の宴です。しこたま飲んだので隣で良かったです。
35昨日疲れていけなかった展望台に上りました。
36ここからの来島海峡の眺めは最高!
37と朝一番からの坂上りで大汗を掻いた人達、「おいおい」。
38これから4人で尾道を目指します。
39大島の長い坂を上っていくと先生4人組みとお休みが一緒になりました。皆で連休にあちこち旅行しているそうです。レンタルサイクルのクロスバイクですが、フロント1枚~3枚やチェーンに油が着いていない物など色々な自転車です。結構大変そうです。
40伯方大島大橋は他の吊橋とは一寸形が違いますね。
41多田羅大橋をバックに一休み。この頃は何かあると直ぐに休んでいます。
42生口島のサンセットビーチでお昼、尾道ラーメンならぬたこラーメン。尾道ラーメンのチャーシューの代わりにタコのてんぷらが入っています。味は色と同じく醤油味で濃いです。生口橋を渡って坂を降りたところに一寸しゃれた喫茶店があってサイクルオアシスとなっていました。ここでアイスコーヒーとケーキを食べて人心地です。
43因島の途中からヒラタ先輩が前を引きます。一寸知らない、山を越えない道へ行ったりと良く知っています。
44向島を駆け抜けると行きに乗った船着場に到着です。ここから渡船でついに尾道に到着しました。
451005駐車場で総社へ車で帰る他の3人と別れてコインシャワーに入りました。100円で5分お湯のシャワーが出ます。でも室内が暑くてシャワーを浴びた後も汗が出て止まりません。それでもさっぱりして昨夜洗濯した乾いた服に着替えたので大分気持ちが軽くなりました。
46駅の横で今度は両輪を外して輪行袋に自転車を仕舞って駅に入ります。尾道駅には尾道ラーメン屋さんもあってお腹が空いたらよいですね。
47ここからは新山口行きの山陽本線で2駅の三原駅を目指します。
48jr三原駅は小さな駅ですがここから広島空港行きのバスが出ています。乗ったのは私ともう一人で2人だけ、その一人も2停留所目で降りてしまい、この後40分位話好きな運転手さんの話をずっと聞くことになりました。いつも広島空港へは広島駅方向からアプローチしていますが、こちらから行くのは初めて、意外と景色も良くてよかったです。運転手さんの話では、三原駅へは広島空港からは下りばかりなので、次は空港から自転車で向かいなさい。ということです。
49搭乗1時間半位前に着いたので自転車をANAに預けて空港3階のお好み焼きコーナーでお好み焼きをビールをゆっくりいただきました。お土産は加茂鶴と生もみじ饅頭です。(生もみじ饅頭は歯にまとわりついて今一ですね)飛行機は767で窓側の席を取りましたが夜なので途中はなにも見えなかったです。が、東京の近くに来ると街の明かりが綺麗で良かったです。
50羽田空港の手荷物返却台のコンベアの横にドアがあったので、そこで待っているとやはりそこから私の自転車が出てきて無事受け取りました。この後は京浜急行で京浜蒲田で快速特急に乗り換え金沢文庫で新逗子行きに乗り換えて、23時半ころ帰宅しました。
本日の走り、所用時間:4:06’45。距離:78.6km。平均:19.1km/h。MAX:42.3km/hでした。2日間で158.14km走りました。しまなみ海道を仲間とわいわい言いながら走るのは楽しかったです。1日に走る距離も上りもそんなに疲れるという事はなかったですが、ペースを合わせて走るので気持ちよかったです。1日目の走行後の夕食も大分飲みましたが次の日に全く残らず走ることが出来ました。また違うコースでも行きたいですね。LINEの仲間に入れてもらえたので情報をもらって参加しましょう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

しまなみ海道へ2日目

8月12日本日からしまなみ海道往路の始まり。尾道から向島→因島→生口島→大三島→伯方島→大島→今治を目指します。各島を因島大橋、生口橋、多田羅大橋、大三島橋、伯方大島大橋、来島海峡大橋で繋いでいます。

12コンフォートホテルから桃太郎電車で岡山駅へ山陽本線三原行きで尾道駅へ移動。駅横の”自転車組立て場”で組み立てて近くのローソンでポカリとジェルを購入しサイクルステーションがある駐車場に来ると丁度総社組の車に合いました。
13揃って向島行きの渡し船に乗ります。(110円)川の奥の船着場で降りてここから向島のなかを因島大橋を目指します。まず私が先頭を走ったので向島の写真はありません。
14最初の橋までの坂を勢い良く上って網に囲まれた因島大橋を渡ります。
15橋を出たところで休憩、まだみんな元気です。
16因島からはやぶちゃんが引っ張ります。私は最後から写真を撮りながら走ります。天気は少し曇って時折雨がちらつきますがそんなに暑くはないので少し楽です。
17因島の短いですが急な上り坂、ひらた先輩が頑張っています。
18去年も休んだローソンで一休み。私もおにぎりを1つ食べました。湿度が高いので汗は結構出ます。みんな思い思いに冷たいものをおなかに入れています。
19その後の長い上りをとうさんが頑張っています。
20生口橋への上りを上ったところに見晴らしがあったので記念撮影。まだまだみんな元気です。
21生口橋を渡ります。橋の上は平らで風を切って涼しく気持ちよいです。
22遠景も綺麗です。
23多田羅大橋です。大体しまなみの半分位きたようです。この辺りまで来ると天気が良くなって暑くてバテます。水くれ~!
24この橋は2本の橋脚に拍子木が置いてあり、たたくとビビビッと音が響きます。かっちゃんまだまだ行くで。
25大三島に渡って道の駅でお昼を食べました。私は海鮮寿司丼を食べました。写真は道の駅から多田羅大橋を見る。
26「初めての人は大山づみ神社に行かなくちゃ」という先輩のお言葉で、私とヤブちゃんでアシカワさんを連れて神社まで丘を越えて行きました。去年は境内でイベントを行っていたり、中国の団体がいたりとにぎやかでしたが、今日はひっそりとしていて旅の安全を祈りました。ここは海上安全の神様という事でお守りも購入しました。前回はその後外周道路で次の大三島橋を目指しましたが、ここはアップダウンも結構あり距離も長いので一寸厳しいと言うことで来た道を戻って大三島橋を渡ったところで他の3人と落ち合いました。
27伯方大島大橋の上から伯方島の綺麗な海岸が見えます。
28大島内はまた私が先頭でやぶちゃんから「思い切って行きましょう」という事で結構飛ばして坂の上の日陰で待ったりしましたが最後の長い坂も一気に上りました。少し下ると最後の来島海峡大橋が見えてきたところで止まって皆を待ちます。もうこの橋を渡ると上りはありません。
29やぶちゃん強い、直ぐに到着です。
30暫くするとどんどん到着してきました。結構皆疲れています。
31来島海峡大橋へののぼりは途中からこんな螺旋の道になっていて真ん中あたりにひらた先輩が上ってきます。
32ここは流れが速くて観潮船も出ているようです。
334km以上と長い橋なのでいつも上っているような感覚です。やっと渡りきって、ここから今治へは何度も走っているヒラタ先輩が引っ張ります。
今治駅前のホテルに入ってシャワーを浴び、隣の居酒屋で早速のビールが上手かった!!
皆で今日のしまなみの話をしながらお酒とおいしい肴をおなか一杯いただきました。ホテルには大浴場があるようですが、疲れでみんな入れなかったようです。私はコインランドリーで洗濯して寝ました。
本日の走り、所要時間:3:46’16。距離:79.46km。平均:21.0km/h。MAX:49.6km/hでした。ビール、チュウハイ、日本酒となんか色々飲んだ気がします。払いの大半はお酒代の様です。良く飲みました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

しまなみ海道へ1日目

8月のお盆休みを使って岡山のすだち屋仲間としまなみ海道へ行きました。

8月11日まづは岡山へ移動します。
01お昼過ぎに妻に駅まで車で送ってもらいます。新逗子駅から京浜急行エアポート特急羽田空港行きに乗りました。電車は大分空いていて1両目の椅子のないところ(車椅子を置ける場所かな?)に両輪を外した輪行袋を留めています。始発から終点までなので、途中横浜駅前後で結構人が乗って来ましたが落ち着いて移動できました。
02さすがお盆の羽田空港は凄い混雑。フライトスケジュールを見ると手荷物検査場”A”から入るようになっていましたが、”A””B”辺りの手荷物受付は込んでいるので、空港内をずっと歩いて空いている”D”の近くで並んで自転車を預けました。
03pcきっと込むと判っていたので大分早く空港に入った事もあり、PCステーションでスマホの充電をしながら検索をしたりして搭乗時間まで過ごしました。
04_搭乗口503はバス移動です。待合室は結構人が多いです。それもそのはず飛行機まで行くと今日は”787”、20分位出発時間を過ぎてしまいました。岡山行きでバスはめずらしいしいです。
05岡山空港へはやはり20分程送れて到着。手荷物のコンベア横のドアから自転車を受け取り、空港の建屋脇で組み立てます。
06明日からしまなみ海道なので肩慣らしに岡山市街のホテルまで自走することにしました。空港近くのリサーチパークを通りました。
07岡山市内は少し判るので道路の行き先表示板などを頼りに今夜止まるホテルに無事到着です。
08綺麗な大きなホテルなので自転車は輪行袋に入れて部屋に持ち込みました。右は空気清浄機で冷房でも乾燥しなくて快適でした。
09早速みんなの待つ総社へ移動。城下から桃太郎電車で岡山駅へ、電車の向うにとまるコンフォートホテルが見えます。
10岡山駅は夕方だからか結構人では多く若者が多い気がします。”JR”の文字の下に桃太郎の銅像があります。ここから総社へは伯備線で移動し、総社駅からタクシーですだち屋へ向かいます。
11すだち屋に入り生ビールを飲んでいると「しまなみ前夜祭は先輩の家で」という事で、女将さんに「また来るから」と言って先輩の家に移動、餃子をバリバリ焼いてビールや焼酎で前夜祭を行いました。
その後すだち屋に行き、すこしお酒をいただき東総社駅から吉備線で岡山に帰りました。
本日の走り、所用時間:0:49’27。距離:20.12km。平均:24.4km/h。MAX:49.6km/hでした。明日は総社組は自動車で尾道へ、私は尾道まで電車で行き尾道で落ち合うことになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蘇我体験乗船会

8月10日千葉県蘇我の海で体験乗船会に参加しました。

01_2蘇我の海面では初めての試みということでしたが台風が近づいていて天気も悪く会場の人気も少ない中での開場となりました。
02_2天気がよければ沢山の子供たちが集まるイベントなのでエンジン付きキッズボート6隻とモーターボートを準備しましたがなにぶん台風が来るということであまり子供は集まりませんでした。
03時折雨も降ったり、日が出たりと蒸し暑いなかキャラクターも2体出ていましたがこれは暑いでしょうね。
04f3000体験乗船会の間で水上バイクのプロの技の紹介や、海のF1というF3000のデモンストレーション走行がありました。あっという間に100km/h以上のスピードを出す加速力や小気味の良いハンドルさばきは一見の価値があります。
天気が悪くて体験乗船会としては余り振るわない形となりましたが、海面も穏やかでここで問題なく出来ることがわかったので次回来年につなげたのではないかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

調整はヤビツ峠

8月8日今日は15時からお寺で施餓鬼会がありますが、明日から台風で天気が崩れるということで朝から軽くヤビツへ調整に行きました。

01 鎌倉滑川から湘南道路に出ると空は曇り今にも降りそうです。
02 江ノ島東浜は人もいなくて大きな波がこの湾内にも入ってきます。
03 茅ヶ崎あたりでぽつぽつと雨が降ってきて早速帰るかとメールを打っているとやんでしまいました。花水川(金目川)を上って秦野に入ると日差しが出てきて、この鳥居付近では暑くなってきました。
042 今日はライトも減らして普通の仕様に戻しています。
05 暫くぶりに上る蓑毛の坂はやっぱり急ですが結構勢いで上れます。バスの転回場で一休みして上を目指します。
06 さすが金曜日で天気予報もあまりよくなかったので自転車は少なめですがだんだん山上りも慣れて着ました。展望台に来ると時刻は10時半前、お昼までに帰る事になっていたのでここでUターンして戻ります。帰りは今日は調整なので行きと同じく30km/hで走れるように飛ばして帰りました。
01_2 帰ると鎌倉までは曇りで時折冷たいものが降りていたのがうそのように逗子は良い天気で暑い!。シャワーを浴びて軽くそうめんを作って食べて14時過ぎに家を自転車で出ました。15時開始の施餓鬼会に14時15分頃着きましたが、もう沢山の檀家が揃っています。早速お墓の掃除をしてお線香を上げて会場に入りました。お坊さんは法話があり、その後お経があって卒塔婆をもらい、お墓に掛けて来ました。
今日の走り、所用時間:4:12’54。距離:93.10km。平均速度:22.0km/h。MAX:48.8km/h。でした。
11日出発で12日~13日でしまなみ街道を走りますが、台風も過ぎて良い天気で行けそうです。昨年は片道しか走れなかったので今年は往復完走したいですね。岡山の皆様宜しくお願いします。今日は良い調整となりました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

徳島へ新幹線と高速バス

8月5日~6日で徳島へ出張しました。

01急に決まった事もあり、今回は新幹線で行くことにしました。品川からのぞみで新大阪へまづは移動します。台風が近づいて天気がわからないので飛行機でなくて良かったです。
02昼時ということも有って、品川のエキュートで浅草今半の牛肉弁当を購入です。
03中身はすき焼きのようになっていてやっぱり想像通りおいしいですね。
04新大阪から山陽本線(東海道)で西に向かうと今までの天気がうそのように六甲山のあたりから怪しい黒雲が立ち込めています。やっぱり「四国は雨かしら」とフェイスブックに書き込むと”覚悟しなさい”と言われてしまいました。
05須磨の駅で左を見ると直ぐに海岸若者がはしゃいでいます。右は直ぐに山、この辺りに光源氏が流されたのですね。大きなつり橋が見えて舞子の駅に到着。
06高速舞子停留所はエレベーターで4階に昇って更に階段で上ったところにあります。切符は売っていないので車掌さんみたいな服の人に聞くと「バスの中で払ってください。」ということ。停留所に出るともう直ぐにさっき見えた橋の直ぐ脇です。
0710分ほど待って阿波エクスプレスの高速バスが到着しました。料金3000円を運転手に渡して切符を受け取り中に入ると結構人が座っていて残席は5つ程、前のほうの空いてる席に座ってベルトを締めます。
08明石大橋の下の海は静かです。直ぐにわたると暫く淡路島の中を走ります。ずっと山の中です。鳴門海峡は流れが速く凄い勢いで流れているのが上からも良くわかります。
09徳島駅に19時頃到着、ホテルまでは歩いて10分程なので周りを散策しながら歩いていきました。雨は降っていません。
104300川の袂に今夜泊まるメイアップ徳島があります。小さなホテルですが中は綺麗で良いホテルです。朝食付きで5000円以下というのもやさしいですね。
11徳島の旬は鱧に鯵ということで夕食はホテルのフロントで薦められた太関(おおぜき)にしました。
12立派な店構えで水槽が沢山あり、色々な魚が泳いでします。奥の水槽には鱧が沢山泳いでいます。
13一寸贅沢して鱧の湯引きです。鱧自体の味は薄いですが、淡白でおいしいです。
14阿波尾鶏の塩焼きです。こちらも良い味でおいしいです。
15徳島と言えば”すだち”ということで鳴門鯛のすだち酒をいただきました。大分甘いです。
16締めは握りの盛り合わせ、特にイカと肉厚のアナゴがおいしかったです。
17いい気分で徳島で一番の繁華街というところを少し歩いて戻りだすと川の橋に阿波踊りの像があります。そういえば何処からか太鼓と笛や鐘の調子の良い音楽が流れています。
18音を追いかけて来てみると阿波踊りの会場でしょうか観覧席の中で鳴り物部隊と踊りの練習をしています。上手な人や習い始めのような人もいて、少し腰を落として上手に踊って、掛け声とともに右に左に、交差したりと乱れずに動いています。しばし見入ってしまいます。「私も踊りたい!」
198月6日仕事は朝9時から始まって昼には終わると思っていたら17時過ぎまでかかって松茂停留所まで送ってもらいました。ここから新神戸まで高速バスで向かいます。バスは残席が殆どなかったですが、松茂で指定席をかったので良かったです。
20高速バスの中で新幹線のEX予約します。新神戸駅は駅前に止まって、19時を回っているのでまづは駅弁を買ってEXカードでホームに入ると九州新幹線のいずみが入って着ました。
21表はN700ですが、内装は東海道とはひとつ違いますね、指定席がすべて4席というのも余裕があった良いです。
22新大阪でのぞみに乗り換えて先ほど買った神戸の駅弁を食べます。冷えて大分味が落ちていますが、普通においしかったです。新幹線は新横浜で降りて横浜線・京浜東北と乗り継いで横浜から横須賀線で逗子へ家に着いたのは丁度23時でした。風呂に入って軽く一杯飲んで就寝です。一日長かった!結構お疲れです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014長岡花火大会

8月2日新潟長岡の大花火大会に行ってきました。

01_82朝地元のタクシーを呼ぶとEVカーがやって来ました。逗子駅までタクシーで行って集合の東京駅まではもちろん横須賀線で行きます。

02東京駅でいとこと会って大丸でお弁当を買おうとB1に降りると世界に2箇所しかないというキットカットのお店で限定のチョコを売っているということで並んで購入。大丸の惣菜コーナーで色々と買ってもちろんビールも買って待ち合わせの場所へ急ぎます。

03今回の長岡花火は去年と同じクラブツーリズムの新幹線ツアーです。時間少し前には着くともう一緒のツアーのメンバーが集まっていました。右のめがねのガイドさんの引率で新幹線の改札の右端の扉を開けてぞろぞろと中に入り2階建てのMAXときで1時間、お弁当を食べながら越後湯沢駅に到着です。

04暫く駅の中を散策してホテルのバスで今夜泊まるNASPANewOhtaniに入って花火会場行きのバスが出発するまで2時間あまりお休みです。

0515時ホテルを出発し上越道で長岡へ今年は土曜日なので駐車場まで遠回りして会場へ入ったので意外とスムーズに駐車場に17時前に到着。会場に入って花火の開始19時半までお弁当を食べたりして過ごしているとどんどん人が集まって、いつの間には河原は何処も人で一杯になりました。長岡の花火にはクラブツーリズムが協賛していて河原の有料コーナーは殆どクラブツーリズムで占めています。

06メッセージ花火の後10号(1尺)玉を5発上げてここからは超特大スターマインや1尺玉の連発などアナウンスとともにどんどん揚がっていきました。

07中でも名前のある「天地人」「この空の花」など音楽とともに河原のあちこちから連発で上がる花火は圧倒されます。ナイアガラや3尺玉も上がって今までの花火はなんだったのかと思わせる花火の連続。途中から盛り上がって尺玉が連発する超大型スターマインが普通の花火に見えてきます。

08でも一番はやっぱり復興の「フェニックス」は平原綾香のジュピターの音楽とともに5分以上いくつもの尺玉とスターマインが連発して本当に見ごたえがあります。そして最後の締めは「米百俵10号100連発」7箇所位からどんどん色々な10号(1尺)玉が揚がってあっという間に100発が打ちあがりました。花火が終わると一斉に帰ります。クラブツーリズムのバス駐車場にも何百台ものバスが止まっていて駐車場を出たのは0時前、ホテルに着いたのは1時を回っていました。温泉で一息ついて花火に行った従兄弟が集まって軽く一杯して就寝したのは3時頃?

09朝風呂を浴びて大きなホールで朝食を取り、早めに越後湯沢駅へお土産を買いに行きました。ここには新潟駅のようにポンシュ館があって新潟の80以上の銘柄の利き酒ができます。入口に酔っ払いが倒れています。もちろん我々も利き酒をしてお酒を沢山買いました。

10集合場所に集まって列になって新幹線の改札をぞろぞろ入っていきます。あちこちに日本酒の樽が置いてあって結構新潟は日本酒で町おこし?していますね。

11お昼過ぎに東京駅に着いたのでB1のグランフェスタの鳥元で昼食を取りました。私はきじ焼きをいただきました。やっぱおいしいですね。従兄弟は東京に住んでいるのでここでお別れ我々は横須賀線で帰宅しました。

昨年に続いて長岡の花火を見に行きました。今年は土日開催しかも中越地震10周年ということで人でも多く、花火もパワーアップしてるようです。来年も土日開催ということ、出来ればまた見に来たいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »