« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月

SDR(DS-DT305WH)買いました

11月2日今週は2泊3日でカテーテル検査のために入院していたのでその間トランジスタ技術11月号「デジタル時代のMyラジオの製作」をじっくり読んで早速PCDEPOでSDRを購入しました。

01sdrインターネットでは感度が良い機種は現在売れ切れで入手困難ですが、ワンセグチューナーのこの機種はPCDEPOでも売っていることが分かり、早速購入です。ネットでは1600円で有りましたが、送料520円と振込手数料420円を入れたら、PCDEPOで1980円のが安かったので決めました。

02_3中には本体と付属アンテナ、アンテナケーブル(F型コネクタ変換)、取説、ワンセグ用のCDROMが入っていました。

インターネットの書き込み通りSDR#をインストールしましたが、私の住んでいる逗子はテレビも難視聴区域というくらいで特に部屋の中では全く電波が入りません。今度ノートを表に持ってい行って試しましょう。FMはもちろん上手く行けばアマチュア無線の50MHzや144MHz、430MHz。航空無線など色々と聞こえるようなのでディスコーンアンテナでも作って見ましょう。楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

足馴し三浦半島

10月27日午後から実家に行くことになり午前中だけということで三浦半島を軽く一周しました。

01今日は良い天気ですが午後から実家に行くので早速出発です。
02_2逗子駅の裏を通って東逗子から船越で国道16号線に出て横須賀に来ました。ベルニー公園からは潜水艦が3隻真横に、あちこちにイージス艦の様な巡視艇が留まっています。公園の一番端に行くとヘリコプター空母が停っていました。結構大きいですね。
03_4公園の花畑には真っ赤なバラが咲き始めていました。
04平成町から海風公園に出ると岸壁は釣り人で一杯です。※猿島です。
05中には突堤に3人で21本も竿を出している猛者もいました。こんなにあるとお祭りしないかしら?と心配になってしまいます。
06馬堀海岸の海風画廊には沢山の絵が所狭しと書いてありましたが、今は白く塗りつぶしてテーマの絵が描いて有ります。
07npo走水から観音崎の坂を上って浦賀から久里浜に来ました。ここには私の参加しているNPOの理事長がいますので寄って見るとお客様が沢山いて忙しそう!ご挨拶せずに先を急ぎます。
08野比海岸から三浦海岸に出て気持ち良く走って行きますが、三浦海岸の分かれ道で時計を見るともう11時。お昼までに帰るのでここから引き橋に出て初声、林を周り立石公園にで一休み。天気が良いので自転車が沢山会いましたが、この公園は景色も良く気持ちが良いのでここでも沢山の自転車仲間が休んでいました。
09天気が良いので長者ヶ崎に来ると残念、富士山はてっぺんが少し見えるだけで雲に隠れています。葉山の海岸も静かで綺麗です。右は御用邸に面した一色海岸です。ここからは海沿いに葉山の堀内の街中を抜けて逗子の海岸橋に出ましたが、時間が早く全く渋滞が有りませんでした。

今日の走り。所用時間:2:34’38。距離:58.88km。平均:22.8km/h。MAX:48.7km/hでした。時間がなかったので取り敢えず三浦半島を走りました。天気も良く気持ちよく走れましたが、距離が無くて非常に物足りなかったですね。来週は検査入院なのでそれが開けたらやっぱり山に登らないと調子が出ないですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガーミンetrex30が来たけど

10月26日来年はもう少し使いやすいナビが欲しい。ということでガーミンのetrex30を購入しました。

01etrex30インターネットで頼むと早速やって来ました。

02梱包を解くと本体と16GBのmicroSDメモリ、日本語取説、RAMマウントです。そうです今回も英語バージョンでこれからメニューや地図をインターネットで仕入れて活用しようと言うわけです。


03_3マニュアルは英語版を合わせ7ヶ国語が付いていますが、日本語は有りません。

付いていた日本語マニュアルに沿って1頁から色々と設定していってSDカードを入れて最後のページのUPDATEをすると。。。

なんと全く進みません。「SYSTEM SOFTWERE MISSING」と表示されて全くキー操作を受け付けません。インターネットを調べるとドイツ語のページでなんとかなったという記事もあり試して見ましたがやっぱり変わりません。

送っていただいた販社にメールを送って修理をお願いしました。

1度も使わず×とはトホホです。

修理から戻ってきたらバージョンを確認してVer.2.6以上だったらUpdataしないで使いましょう。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »