« 久しぶりは小田原へ | トップページ | 復帰2走は箱根長尾峠 »

東京女子大父母会

9月21日娘の学校の父母会に出席しました。土曜日は中央線快速は西荻窪に止まらないので荻窪から中央総武線の黄色い電車で西荻窪で降りて西友ストアを抜けて真っ直ぐ10分程歩くと東京女子大のキャンパスに到着です。01中に入ると歴史的建造物の本館と前庭が綺麗です。門を入って直ぐに受付テントがあり、学生が案内のキャンパスツアーに参加しました。
02先ずは直ぐのチャペルと講堂に入りました。チャペルはステンドグラスが綺麗で、振り向くと入口側の壁の上に大きなパイプが壁いっぱいに張ったパイプオルガンが荘厳な雰囲気を作っています。
03本館は大きく「QUAECUNQUE SUNT VERA」全て真実なことと印象的な文字が刻まれた美しい均整のとれた建物です。文化財に指定されていて入ると直ぐ目の前の階段がヨーロッパを感じさせます。ステンドグラスも美しく柱やライトひとつまで気を抜かない作りは関心させられます。二階は前の五千円札になっていて開校の祖、新渡戸稲造記念館になっています。
04ライシャワー館も大正期の建物で暖房は今もスチームが使われている様です。今も留学生やお客さまが来た時の宿泊に使っているということで、ベッドルームも3つありテレビやキッチンも使って要るようです。

05外国人教師館・女性學研究所。二つのお皿が印象的です。
06キリスト教センターでは食事も振舞われるそうです。みんな欧風の歴史のある建物です。実際に学生が勉強する教室は近代的な建物で大正と平成が緑が多いキャンパスの中で上手く佇んでいました。

07お昼は学食が空いていますが、父母会に600名程来ているということで既に人で一杯。仕方なく学校を出て直ぐのブラジル料理屋さんでお昼を食べました。道路には大きくこんな張り紙がして有りました。

父母会の話の中心はやはり就職と来年度から変更になる教育方針の説明でした。流石女子大は銀行など事務職が強いそうです。大分ひところより環境は良い様ですがやはり就職は苦労するという事です。

|

« 久しぶりは小田原へ | トップページ | 復帰2走は箱根長尾峠 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

Thanks for sharing, this is a fantastic blog.Really thank you! Awesome.

投稿: maglia ac milan 2010 | 2013年10月13日 (日) 21時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517801/58253670

この記事へのトラックバック一覧です: 東京女子大父母会:

« 久しぶりは小田原へ | トップページ | 復帰2走は箱根長尾峠 »