« 話題の787で熊本へ | トップページ | 静岡バスの旅 »

水上バイクレスキュー講習

6月15日逗子海岸で水上バイクのレスキュー講習を受けました。

01海岸近くの新宿会館で「うみ」さんからいろいろなハワイ仕込みの救助法を伺い関心することしきりでしたが、午後からは実際に海岸にでて実技指導です。レスキュー経験のある方やウィンドサーフィンをやっている人はウェットスーツを着ていますが、我々ボート乗りはほとんど普通の恰好です。

使う水上バイクは普通に2・3人乗れるもので特殊なものではありませんが、大きくは後ろにスレッドという溺れた人を載せる板を付けています。これをうまく使って2人ひと組みで行う様です。

023人一組づつ運転手・救助者・溺れている人に代わる代わるなって練習をします。救助にはA~Dまでフォーメーションが決まっていて、C・Dは上級で特にCは一度飛び込んで救助をするので大変です。溺れている人を起こしたり、載せたりするのはやっぱりコツがあるようでなかなか簡単にはいかないようです。

13時から17時位までいつもと違う筋肉を使って、また海で泳ぐのも久しぶりなので大分へたばった所で終了しました。陸に上がってこれから海岸監視・レスキューの基地になるマリンボックスに行くと中にこれから使う青バイ隊用の水上バイクの改造を行っていました。海水浴シーズンはもっぱらレスキュー用に使うので9月以降は我々も乗れそうです。水上バイクは機動力があって、ちょっと楽しみです。

03

|

« 話題の787で熊本へ | トップページ | 静岡バスの旅 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517801/57753456

この記事へのトラックバック一覧です: 水上バイクレスキュー講習:

« 話題の787で熊本へ | トップページ | 静岡バスの旅 »