« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

話題の787で熊本へ

6月10日、今回の出張は熊本です。

01羽田空港に来ると今日のフライトは話題のボーイング787、出発の書類が遅れてるとかでで遅れ気味。一寸心配。

02でも流石新型機、内装はよくなっているし離陸から上昇もスムーズで気持ち良いです。一寸天気が台風の影響で曇りがちですが快適な飛行となりました。熊本空港の着陸もスムーズで、ヘッドホンの音も良くて快適です。僅かですが上空から富士山も見えて暫く振りに良いフライトでした。※まだ毎日のように何処かで故障しているようですが。。。

03出張は雨にも殆ど振られずに無事予定通り、帰りの立野から見える風車も珍しく全機回っていました。帰りはボーイング737の小型機でした。







| | コメント (0) | トラックバック (0)

BRM601神奈川600km興津クラシックはDNF

6月1日AJ神奈川主催のBRM601神奈川600km興津クラシックに参加しました。

朝5時受付と言う事で5月31日の夜22時頃に新東名高速清水パーキングに付いて朝ごはんをPAのファミマで購入し仮眠します。周りにも沢山の自動車が仮眠を取っていました。

01_34時に起きて朝食を食べて5時前にスタートの駿河健康ランドに到着、駐車場で準備を行います。
02_35時の受付前になると続々と選手が集まって来ました。受付の為に中に入ると宿泊していた人も続々と出てきました。

03_3受付はAJ静岡と同じくフィットネスルームで名前を言って名前を書きブルベカードを貰います。名簿を見ると天気が不順だった為かDNSの文字が結構見えます。

04_3同じ部屋で5時半からブリーフィングを行います。焦点の焼津付近はまだ工事中で「兎に角150号線に出て」進むように指示が有りました。

05_3車検を行なってスタートです。AJ神奈川の方が何人かで手分けして車検していただいたのでどんどんスタートしていきます。

06_2今回は興津から南下し清水、もう閑散としたいちご街道を通り石部海上橋の向うには薄く富士山も見えます。所謂梅雨の晴れ間?のようです。

07711焼津市内を抜け国道150号線から御前崎港を通ってPC1の7-11に到着です。この辺はまだ沢山の選手がコンビニの周りに溢れて思い思いに話をしたり食事をとったりと休んでいます。

08御前崎灯台を回ると風が変わって横風となりますがそんなに走るのに影響は有りません。

09灯台の先にはコンなドームが?レーダーでしょうか?

10この辺の海は波乗りで有名で県営駐車場の前の海はサーファーで一杯です。

11浜岡方面に来ると風車が沢山有ります。このあと150号線沿いには風車がズット続いていました。

12流石AJ神奈川主催のブルベ、ブリーフィングでも目立ちましたが、私と同じAJ神奈川ジャケットの方の多いこと、ピンクが目立って良いですね。

13大東海岸辺を右折して北上すると掛川からは天竜浜名湖線沿いに走ります。時々列車(1両ですが)も通り風情を見せます。

14まだこの辺も平らな所が続くので数人づつの塊がいくつか出来て走って行きます。道も良いので快調です。

15pc2kPC2のサークルKに到着。まだこの辺も登りは少なく沢山の選手が休んでいます。この後は山の中の道となり100kmコンビニが無いということで腹ごしらえと飲み物や補助食のオニギリやゼリーなどを買って出発です。

16天竜川にはいくつかダムがあるようでダム湖は綺麗な景色です。
17中には吊り橋を渡るところもあり楽しませて来れます。

18ここは佐久間発電所、そういえばここを境に東が50Hz、西が60Hzになっていると子供の頃に聞きました。この先の佐久間駅のトイレを使って駅で一休みしました。

19更に上流に行くと鮎釣りの方が流れのあちこちに居ます。この辺は川鵜もあまり見ないのでまだ鮎が沢山釣れるようで友鮎などの看板も有ります。

20新野峠の上りに入るとそんなにきついということは無いですが延々と坂が続きます。3人組みの方と一緒になんとか上り切ると既に先着している方も含め皆さんから「ここからは寒いので上着を着る様に」言われました。早速薄い上着を来て一気に手が痛くなるほど下ると今度は上り、そして下り。。。となんどもなんども上ったり下ったりを繰り返し体力を奪われた所でやっとPC3のサークルKに到着です。次のPCまでの余裕として3時間以上あったので近くのガストで食事をして2時間程仮眠しました。しかし疲れの為か頼んだハンバーグは半分程しか食べられません。またガストの中は最初は朝早かったので眠くて直ぐになてしまいましたが、1時間半程で騒がしくて眼が覚めウトウトとしてからコーラで気合を入れて出発しました。

21塩尻方面に向かって国道153号線を北上すると小野の辺りは古い大きな建物が県の重要文化財となっていくつか残って居ます。

22この大きな神社も通称小野神社、小野性の方の一大勢力となっているようです。夜明け頃また眠さが襲って来て走りながらウトウトしてきて細かい上りが登れません。仕方なくコンビニの駐車場で10分のつもりで仮眠しましたが起きて時計を見ると1時間10分!急いで再出発。

23その後も眠さが襲って来て塩尻峠の下に来た時は物理的に既にPC4には間に合わない時間。仕方なくPC4に行くのは諦めて兎に角道も判らないのでコース通り塩尻峠を上ってゴールまで行くことにしました。塩尻峠はそんなに急なところは無く只々黙々と上って上り切りました。

24そのあとは岡谷ICまで一気に坂を下って更に諏訪湖まで快調に下って行きました。諏訪湖半には自転車道も有ってジョギングをする人など結構朝から人が多く見受けます。

25湖の上にはワカサギ釣りの船でしょうか筏の様なものが浮いていました。

26国道20号線を山梨県に入ると白州のサントリーの工場前を通ります。大きなウィスキーの蒸留釜が南アルプスの山々をバックにそびえています。

27台ケ原まで来ると私が良く買いに来る山梨醸造・七賢酒造が有ります。勿論ビンに入ったお酒を運ぶ余裕はありませんが。

28国道20号線から別れて富士川を目指すと武田信玄でしょうか?草原を駆け巡っています。

29田植えの終わった水面の向うに綺麗に富士山が良く見えます。

30振り向くと八ヶ岳が雲を被っています。

31向かい側には南アルプスが良く見えます。山に囲まれた素晴らしい景色の場所ですね。

32更に南下すると富士山が本当に大きくなって来ました。

33富士川の橋を渡ってここから先はこの富士川沿いに南下します。

34pc5PC5のローソンです。もう皆過ぎてしまったのか一人も選手の姿が見えません。しばらくすると数人の神奈川ジャージの選手が入って来ました。話によるとこのあとに沢山団子になって選手が来るということです。中には全く寝ないでフラフラ走っている人もいるようです。ここからは富士川をどんどん下るばかり、と思ったらいくつかまだ上りが有ってやっとヘロヘロになってスタートの駿河健康ランドに到着しました。もう時間的に眠く無いのとお風呂に入ったら動けそうも無いので、急いでそのまま高速に乗り家に戻りました。

今回の走りは距離:510km、平均:19.1km/h。MAX:55.8km/h。でした。時間は37時間位です。今回は寝不足でスタートしてしかも仮眠が上手くいかずPC4に間に合わずDNFとなって仕舞いました。このあと直ぐに7月の600kmブルベを見ましたが、どこも受付が終わっていました。ここは切り替えて夏にSR600をイクッか無いですね。






























| | コメント (3) | トラックバック (0)

米子へ出張

5月29日岡山から米子へ出張です。

01_2備中高梁に寄ってからということで今回も新幹線からやくもに乗って移動です。新幹線のダイヤにあわせて出発するのでスムーズに乗換えが出来ました。その夜は総社のすだち屋で旧交を温めて、なんとしまなみ街道を走ろうということになりました。

02_2米子の仕事が早めに終わって時間があったのでレンタカーで境港の大橋を渡ってまつやに来ました。一緒の同僚はお薦めのお店ということで早速入ります。

03_2表の看板には沢山のお薦めのが有ります。今日はうにがおすすめのようですね。

04_2ここにきたらこれを食べなきゃということで生ビール(運転は一緒の下戸さん)を飲みながら待っているとやって来ました「まつや定食」大きなお盆に乗り切れない程の海鮮料理、エビありカニありホタテあり、勿論刺身有りで和食の色々な食べ方の総合デパートや!圧倒的な量に兎に角無言で食べだしました。料理は美味しいですが、兎に角食べても減りません。

05_2悪戦苦闘の末に30分程でやっと完食です。なかなかまつや恐ろるべしです。

帰りは米子空港から最終のANAで家に戻りました。勿論米子空港では「いきなりだご」をいただいたのは言うまでも有りません。










| | コメント (0) | トラックバック (0)

安全講習会と三浦半島一周

5月26日久里浜の協立マリンで東北大震災の時に海上保安庁の仙台にいた方の体験談とビデオを講演するということでそれに参加しました。

9時半久里浜に集合ということで朝8時頃家を出発しました。天気も良く横須賀から海沿いに観音崎、浦賀から久里浜に9時20分頃着きました。

講習は地震と大津波、そのあとの対応状況をお話して戴きました。大津波に向かっていく沖出しや押し寄せては引く津波の威力と恐怖など今まで聞けなかった貴重な話を聞くことが出来ました。わざわざお話に来てくださった横須賀海上保安庁の方に感謝です。

01NPO湘南海上安全協会の皆と別れて更に南に向かいます。金田湾には丁度キスの釣れる季節とあって今日も沢山の櫓漕ぎボートが出ています。見ると海上一面に展開しています。海を眺めている人に声を掛けると、朝6時頃に釣りにきて25cmクラスのキスを沢山つったということです。※満潮の時間ですね。今頃だと小物が釣れる位ではないかと言っていました。でも日がなボートで釣り糸を垂れるのも私も好きですね。

02松輪の干潟に来ると潮が引いて大きな干潟が現れていました。数人の人がゴミを拾って干潟の世話をしています。こうゆう方の力で貴重な干潟が守られているのですね。

03風車の公園では天気も良いので結構沢山の車が留まっています。自転車も大分スレ違います。

04何時もは三崎港に坂を降りていきますが、今日は久しぶりに城ヶ島大橋を渡り城ヶ島に行きます。城ヶ島大橋は有料ですが、原付と自転車は無料です。橋からは海上保安庁の艦船も見えます。

06城ヶ島公園の入口です。

05ここは平らな島なので風がモロに当たるので生えている木も風に煽られて片側しか葉っぱが生えて入ません。ここからは三浦半島西海岸を引き橋、長井、林、長者ヶ崎と何時ものコースで早めに帰りました。

来週は600kmということで肩慣らしも兼ねて走りましたが、一寸物足りなかったですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »