« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

蔵前橋

12月25日縁あって蔵前橋を通りました。

01 都営地下鉄浅草線蔵前駅を降りて1番出口を出ると直ぐに蔵前橋が有ります。橋を渡って左に行くと直ぐ国技館です。昔からこの辺は相撲の町でこの蔵前橋も柱の有るところの欄干は力士の飾りが有ります。イイですね

02 橋の真中から見上げると大きな東京スカイツリーが光をグルグル回しながら立っていました。634mもあるように見えないですね。

今日の夜はマイナスになると予報で言っていました。サム!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

韓国大邱に出張しました。

12月16日から18日で韓国の大邱(テグ)に出張しました。

01arex 羽田空港から韓国金浦空港に大韓航空で飛び到着ロビーの新韓銀行でウォン(W)に交換そのままロビーを出て道路を渡り地下に降りて真っ直ぐ進むと空港鉄道A'REX(勿論ハングルで書いてある)を目指して大分歩くと大き目の自動券売機が有ります。画面上方にハングル・英語・中国語・日本語のボタンが有り、日本語を押すと表示が全て日本語になり日本語で喋ってガイドしてくれます。(KAL割引は判りませんでした。)1回カード(保証500W)を買って日本と同じような自動改札を通りホームに降りると流石最近出来ただけあってホームにドアが付いています。

02arex A'REXは仁川(インチョン)からソウル間の直通特急と各駅があって、金浦からは各駅です。A'REXに乗ると普通の日本の地下鉄の綺麗な座席の感覚です。行き先表示がLEDで示されて韓国語・英語・中国語・日本語で「次はソウル」などとしゃべるのでよく聞いていれば間違いなく降りられます。

03ktx ソウル駅は地下7Fのホームなので長いエスカレーターを何回も乗り換えてKTX(韓国の新幹線)用の日本で言えば緑の窓口で駅名を「トンテグ」などと言って購入します。結構混んでいてファーストクラス(6万W位)は買えず一般指定席(4万W)を購入し駅に入りますが、特に改札は有りません。

04ktx 行き先表示で私の乗るKTX143号釜山行きは4ホームから出るようです。既に4番ホームには20両の長いKTXが停っていました。

05ktx 座席も決まっているし時間もあったので先頭へ行ってKTXのハナをパチリ。1両目は人は乗れず全て機関車です。

06 ホームには鉄道基準で良いのでしょうか?こんな碑が有りました。

07 KTXの自分の席に行くと周りは迷彩服の人ばかり、銃はもってない様ですが、竹島問題もあり黙って本を読んでいました。車内放送は1回だけ駅名を言うだけなので、椅子にあるKTXの機関紙(ハングルです)を見て何番目の駅で降りるかを確認して列車が遅くなって何か車内放送があると身支度して降りました。社内には宣伝のTV放送がながれていて車内放送も聞きにくいです。東大邱(トンテグ)駅で降りて地下鉄(ハングル)を目指して一度表に出て地下鉄への階段を下りると路線図(全てハングル)を確認して自動券売機で1回券(コイン)を買います。今回は地下鉄1号線から地下鉄2号線に乗換えます。改札機はこちらも自動改札です。ホームはA'REXと同じくドアが付いています。

08 ホームには大きく駅名が書いて有って(東大邱駅と書いてある)車内にも日本語で案内があるのでよく聞いて居れば間違いないです。

09 ホームのドアの手前には外側に並んで待つように書いてありますが、人が多く乗り降りするところは我先に入って来たりするので一寸です。大邱の地下鉄はまだ新しく中も綺麗です。地下鉄頭流駅で降りて、日本でグーグルマップを印刷した地図で19番出口を出て350m歩くと目的のHOTEL TEGUに無事到着しました。

仕事はなんとか終わり、帰りは相手の会社から東大邱駅までタクシーで行き、KTXは自由席。ホームで大統領選の真っただ中朴候補がいたらしくテレビカメラやライトに人だかりがすごくて発車が遅れていて1本早い列車に乗れました。ソウルからはA'REXで仁川空港へ行き、21:30発の大韓航空で羽田空港に23:30に到着しました。

久しぶりの韓国でしたが、最初はハングルを読むのに時間が掛かりましたが帰りにはだいぶ慣れてそんなに迷わずに済みました。でも2泊3日では聞き取りが全くダメで大分忘れていることを思い知らされました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福島は雪

12月10日朝から福島県の二本松で仕事ということで、前日福島駅を降りて福島に泊まりました。天気予報では9日は曇、10日は晴れということで一杯やってホテルでグッスリと寝ました。

01_2 朝起きて朝食を食べにエレベーターに乗ると、ガラス張りの向こうは一面の雪景色。福島駅のホームも屋根も列車も道路も皆真っ白で表に出ると寒いのなんの!昨夜福島駅に降りたときは0.5℃でしたが、確実に氷点下です。まだタイヤを履き替えていないバスはチェーンを巻いてシャンシャン音を立てていました。雪景色の車窓を眺めながら列車で二本松駅に来るとここも一面の雪。天気は良いですが強い風で雪が舞っています。この後郡山にも行きましたが、こちらも雪が大分積もっていて地元の方の話では12月のこの時期にこんなに降るのは最近珍しいということです。

存外な雪景色で目が痛い感覚を久しぶりに味わいましたが、今年の冬は寒そうです。自転車ももう山の上は行けないですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビアらの夕食

12月2日家の近く国道16号線沿いの金沢八景にあるステーキの「びあら」が今月で店を閉めるということで家族で夕飯を食べに行きました。

01 父がステーキが好きだった事もありもう永く家族で何か吉事があった時は良く利用していましたが残念です。

近くに何件か有ったステーキ店も夕食にしては少し高めということで殆ど無くなって仕舞いました。今日はロースとヒレの盛り合わせを食べましたが、何時もの様に美味しかったです。

さてこれからは何処に行きましょう。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三浦半島ポタ

12月1日天気が良いので久しぶりに三浦半島を回りました。

01 逗子駅の東口から東逗子駅前を通って船越から国道16号線横須賀に入ります。今日は軍港には潜水艦などは無くどんどん南下して馬堀海岸から海に出ると壁に絵が沢山描いてあります。ここは横須賀市民が描いた「うみかぜ画廊」。いろんな海の絵が描かれています。

02 走水から横須賀美術館や観音崎京急ホテルを抜けると観音崎灯台が見えて来ました。急なトンネルの坂を上るとまた急な下りが有ります。

03 浦賀を回って久里浜のNPOの会長のマリーナに寄って挨拶して久里浜ー金谷フェリーの横のコンビニで暖かいミルクティとオニギリを食べて一服です。※このあと突風が吹いて自転車が倒れ大変でした。

04 半島を回って野比の海岸を走ると波打ち際に鳥山が立っています。鳥が右に行ったり左に行ったり、二つに別れてみたりと湧いています。

05 三浦海岸に出ると海岸に沢山の大根が干して有りました。三浦の名物と言ったら夏はスイカで冬は三浦大根というくらい有名です。

06 金田湾を過ぎて三浦で一番急な坂を上って行くと私の好きな松輪の干潟に出ます。今日は大分潮が満ちて白い小鷺が一羽小魚を捜していました。

07 毘沙門トンネルを越えて坂を上ると風力発電の風車がブンブン音を立てて回っています。

08 一寸風が強くて止まらずに橋を渡って急な坂を下りると宮川の漁港にまるよし食堂があります。妻の親戚の叔父さんがやっていて前にも横須賀の親戚で一度来たことが有ります。

09 ここの名物は勿論海鮮ですが、冬期はこの「はばのり定食」がおすすめということで、右の皿にあるはばのりに醤油を少し垂らし、ご飯に乗せて食べると、海苔の塩味も相まって何杯でも食べられそうです。

10 叔父さんに挨拶して坂を上ると三浦大根の畑がズット続きます。もう収穫しているところもあります。

11 坂を左に折れると三崎港に出ます。ここはマグロの遠洋漁業で有名な所で、正月前にはマグロの市がたちます。ここでも焼津や境港の様な販売所が有って、同じようにたくさんの魚介類を賑やかに売っています。観光客も多く中々威勢が良いです。広さは境港の半分位です。他に漁協の地魚を販売しているところや鮪専門のお店もあります。

12 ここも境港と同じく雑魚を狙って沢山の鳶が集まっています。一寸怖いですね。

13 少し坂を越えるとシーボニアマリーナに沢山のヨットが浮かんでいます。この先に昭和天皇が研究していた建物があります。

14 更に走るとヨット発祥の地油壺湾が有ります。

15 ここは湾が深く台風が来たときは漁船も避難してくる所で県営の油壺マリーナに沢山のヨットがうかんでいます。

ここからは浮橋交差点を左折して三崎口駅前、七曲り、初声、長井、林交差点、秋谷、長者ヶ崎と走り葉山の堀内の旭屋でコロッケを買って帰りました。

今日の走りは、所要時間:3:43’25。距離:79.05km。平均:21.2km/h。MAX:50.6km/hでした。のんびりあちこち寄りながら走って、始めて三崎の売店や港に入りました。また、アンダーにヒートテックを上下に着てバレーサポーターを着けて寒くもなく全くお尻も痛くならずOKでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Yumingコンサート

11月28日パシフィコ横浜のYumingのコンサートを見に行きました。

01 みなとみらい駅を降りてミスタードーナッツでどーなっつを買ってエスカレーターを上ると、クイーンズスクエアに大きなクリスマスツリーが有りました。これが音楽に合わせて色々な形に光が変わって綺麗です。一寸したそんなショーを見てしばらくすると妻と合流してパシフィコへ向かうと、前回のいきものがかりとは全く違った大分年上の人達がどんどん同じ方向を歩いています。

02

パシフィコ横浜大ホールに入ると正面に花束が沢山飾って有ります。飲みものを買えずに入りましたが、1Fのフロアーにはお酒と軽食や自動販売機が沢山あって困りません。

03 三階席は6Fまで上ると横浜港の夜景が綺麗です。正面はベイブリッジです。二人でドーナツを食べて会場で待ってると

04 今日は大分上の方から眺めるようです。さてコンサートが始まるとプロコルハルムを中心に荒井時代の懐かしい歌が、何時ものコンサートでは流ない様なレアな曲も歌って一寸懐かしい。最後のアンコールも「青い影」をプロコルハルムとのセッションで締めました。

05 横浜はユーミンの好きな街ということでランドマークタワーを挙げて応援している様です。

久しぶりのユーミンに一晩中音楽が流れていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雪を被った富士を見に長尾峠へ

11月25日日曜日今日は天気が良いということで富士を見に箱根の長尾峠を目指します。

01 ここのところ急に寒くなって来ましたがアンダーを着けずにウェアーを直に着ているのでパンツの上に半ズボンを着けて出発しました。国道134号線で稲村ヶ崎まで来ると西の景色が広がります。空気が澄んでいるのでしょうか?江ノ島の向うに白い雪を被った富士山がくっきり見えます。伊豆半島も先の方までハッキリ見えて綺麗です。そんな風の中を西を目指して走ります。

02 今日は夕方から葉山で参加しているNPOの行事が一段落したので忘年会?があります。途中の寄り道をせずに真っ直ぐ小田原の無料休憩所へ隣の伊勢屋で美味しい豆大福\150を買って熱いお茶を飲みながら一服して長尾峠を目指します。

03 湯本から国道1号線を函嶺洞門を抜けると坂道に入ります。何時も止まる蛙滝も通過して大平台のヘアピンカーブを曲がると旅館街に入ります。

04 一度旅館街を抜けると落ち葉が沢山敷き詰められています。綺麗ですが、落ち葉は滑るので要注意です。

05 宮ノ下の富士屋ホテルを過ぎると直ぐに有る信号を右折(真っ直ぐ)して国道138号線で強羅の方に向かうと紅葉が小山全体に色付いて綺麗です。

06 右の川の両側も綺麗に色付いています。

07 直ぐに上りに入り宮城野あたりを上って行くと真っ赤な紅葉が有りました。どんどん上っていくと仙石原当たりまで来ると枯れた葉が多くなり、ゴルフ場まで来ると辺りは殆ど枯れて針葉樹だけが深い緑をたたえています。

08

県道736号線に別れて狭い峠道を上ると道の端に後○kmという標識が有りますので一寸頑張れます。とやっと長尾峠に到着です。

09 外輪山の中は右の芦ノ湖や左の山の中腹の煙が出ている大涌谷手前は富士屋ホテル千石ゴルフコース、更に左に仙石原のすすき原が見えます。

10 ギリギリ乗用車2台がすれ違える位の狭い明かりもない旧道のトンネルが長尾トンネルです。

11 トンネルを抜けると大きな富士山が!!!!と山の下では見えていた富士山が登ったら雲に隠れて、、残念全く見えません。が、雲に隠れた富士山を眺めてオニギリを頬張り、ひとしきり眺めてUターンです。

12 トンネルの山梨側はこんな感じで外輪山の上を走る有料道路と御殿場方向の道をつなぐ分かれ道になっています。この峠は箱根から御殿場へ抜ける重要な道でしたが、今は乙女峠の方を皆走っているようで大分寂れています。

流石に山の上は寒くて登っている間は良いですが、止まっている内に体が冷えて上着(薄いパラシュート生地)を羽織って一気に下ります。途中渋滞も有りますがそこで止まると足がガクガク震えます。寒さをこられて一気に湯本まで来ると急に暖かくなってきました。帰りも小田原の無料休憩所でお茶をいただいて人心地付いて一気に家にかえります。16時過ぎに家に着き、シャワーを浴びて18時の忘年会に無事に着きました。が、お疲れでひとしきり飲んで後は寝てしまった様です。

今日の走りは、所要時間:6:18’33。距離:133.66km。平均:21.1km/h。MAX:42.1km/hでした。もう冬になってどこも初雪の報告が入るようになって来ました。そろそろ今年のパンツ対策が必要になっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »