« ステンドグラスの展示会 | トップページ | 雪を被った富士を見に長尾峠へ »

今日もヤビツ峠へ

能がねー!と言わないで下さい。11月18日昨日の嵐のような天気が嘘のように晴れ渡って箱根目指して出発しました。

01_4 鎌倉滑川のT字路ではローソンに沢山の自転車が集まっています。国道134号線の湘南道路も沢山の自転車の集団が走っています。

02_2 サザンビーチに来ると大きなスピーカーの音に砂浜の周りに集まる沢山の人、近づくと沢山のサーファーが海を見ています。スピーカーは海の中で波を待つサーファーに後5分とか声援を送っています。結構大きな大会のようで協賛メーカーも有って賞品も沢山あるようです。でも海は薄情で中々良い波が来ない内に納得いく波に乗れなかった様です。

あんまり眺めていると時間が掛かるので134号線を更に西に向かいます。富士山を見ると次々来る雲で隠れたり一部出たり、箱根も大分雲に入っているようです。

03_2 箱根は雲の中で寒そうなので今日も花水川橋を右折してヤビツ峠に向かいます。麓のセブンイレブンでオニギリを買って

04 国道246号線名古木から上り始めます。すぐの急坂を上って上がったり下ったりするとデイリーストアの信号から定点観測の鳥居に来ました。鳥居の桜の紅葉も大分赤くなって来ました。ここからが本番の急坂、蓑生まで息せき切って上ると

05 直ぐは丸々の急坂が始まります。この道、下りは自転車の耐久テストです。コツコツ上ると

06 峠道になります。この辺は道幅も広くてギヤも上げて走れます。

07 良い調子で走ると木漏れ日の道が続きます。今日は日陰は少し寒いです。

08 中腹の展望台の少し前が道が狭くて急になっていますがここを抜けると展望台です。この辺ももみじが赤くて綺麗です。ここからは一気に頂上の峠を目指します。

09 途中林道入口付近が道は広いですが最後の頑張りどころで急な道が続きます。そのあとはカーブを曲がるたびに山の頂上が近づいて峠が近いことが判ります。ヤビツ峠に来ると自転車やバイクが一杯います。登山客や車も所狭しと留まっていて大賑わいです。私はそのまま峠を過ぎて宮ケ瀬側に下って行くと登山客が列をなして沢山あるいていました。護摩屋敷の水で給水して今日も気まぐれ喫茶に拠ると、自転車が4台留まっていて中で食事をしていました。ママのランチがメニューにあったので頼むと残念、ご飯が無くなったということで今日はペペロンチーノと名水コーヒーを戴きました。

10 下りは寒いので上着を羽織って一気に名古木まで下りづっとケイデンス90位で戻りました。丁度鎌倉まで来ると七里ヶ浜から稲村ヶ崎まで夕日が綺麗で海に面した所に人が集まっていました。

本日の走りは、所用時間:4;46’32。距離:104.54km。平均:21.8km/h。MAX:50.6km/h。でした。前回も結構頑張って登れましたが今日も寝不足で最初は力がはいりませんでしたが、ヤビツの上りに入ると思わず力が入って頑張れました。

先日2013年のAJ会員の募集があったのでスポーツエントリーから入会しました。2013年はAJ神奈川で1月6日に地元逗子200kmでブルベの開始となるようです。何時も夜中12時に1分位で一杯になるので準備して待ちたいと思います。

|

« ステンドグラスの展示会 | トップページ | 雪を被った富士を見に長尾峠へ »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日もヤビツ峠へ:

« ステンドグラスの展示会 | トップページ | 雪を被った富士を見に長尾峠へ »