« ひな飾り | トップページ | BRM226埼玉200km小田原城に出ました。 »

八幡様の本家、宇佐神宮

2月14日午前中の仕事がキャンセルされたので、大分から博多に向かう途中にある宇佐神宮に途中下車しました。

04 大分駅から宇佐駅までの特急は運良く白ソニックです。良い形で好きですね。少し雨が降る中、宇佐駅からタクシーで宇佐神宮へ向かいました。

05 タクシーを下車すると広い通りが300m位有り、片側に土産物屋さんが軒を並べています。神社の入口の鳥居です。この鳥居は宇佐神宮特有の形ということです。

06 中に入ると左側に昔ここに走っていたという蒸気機関車が飾ってありました。大分小振りで優しい感じの機関車です。

Photo  案内図です。タクシーの運転手さんが「中は広いから傘持ってるかい、結構時間が掛るよ」と言っていましたが、今はこの地図の下の鳥居の横の川の所に居ます。

07 神橋です。上は舗装されていますが形は良いですね。

08 橋を渡って大鳥居の手前右手に黒男神社があります。

10 少し行くと左側に菱形池があります。この池の傍らに八幡大神は降り立ったということです。

11 ここで右の道を行くとまた先程のの川にでますが、そこに呉橋があります。特徴のある屋根を持った橋です。昔呉の国の人がかけたそうです。

12 境内には春日神社を始め沢山の小さな社があります。

13 参道に戻ると手水舎があり、ここで手と口を清めました。

14 案内板では上宮を行ってから下宮に行くように書いてありましたが、効率よく回るために先に下宮に行きます。下宮の門の左に奈良の東大寺にあるような高倉があります。この小ぶりの門をくぐると

15 上宮と同じ三神を祀る下宮が有りました。一つ一つ宇佐神宮式の2礼4拍手1拝でお参りをしました。

16 参道に戻り大きめの鳥居を潜って亀山の参道の階段を上ります。

17 登りきった所に若宮神社があり、ここもお参りして、いよいよ上宮に向かいます。

18 大鳥居をくぐると形の良い西大門があります。左から一礼して中にはいりました。

19 回廊に囲まれた広場に出ると右手にお守りや絵馬などを売っていますが正面に宇佐神宮の説明がありました。

20 御神木は八子(八王子)神社です。

21 上宮の三神にお参りです。

22 一之御殿は八幡神の応神天皇です。

23 二之御殿の南中楼門の向うには比賣大神。

24 三之御殿には応神天皇の母神神功皇后が祀られています。本殿は八幡造りという急な屋根を連ねた様な形ですが写真には撮れませんでした。

25 広場の向かいの回廊に大元神社遥拝所があります。向うに見える山が神様でここから拝みます。

26 亀山神社から山を降りて菱形池に沿って歩くと御霊水に出ます。

27 3つの井戸があり、大昔から今でも水が湧いています。この水でご神刀を鍛えたものですが、水質検査をしていないので飲めません。

28 ここに八幡大神が現れて新馬で空掛けた時の蹄のあとがあります。菱形池の周りにも沢山の小さな神社があり、離れたところには和気清麻呂を祀っ神社も有りますが、雨も段々雨らしく降って来て、時間もなくなってきたので参道に戻り、タクシーで宇佐駅に戻りました。

29 宇佐駅からはソニックで博多に向かいました。

30 存外に時間を使ったので、お昼は豊後牛めしの駅弁を食べました。

32 飯尾駅に着くと駅に「かしわめし」のお店がありました。かしわめしは九州の三色めしだそうで、駅で売っているのは2箇所だけでその一つがここ飯尾駅だったそうです。(スマホは直ぐ調べられて良いですね)

私の家の近くに鎌倉鶴ケ岡八幡宮があり、御祓いや正月のアルバイトなど家族共々良く行きます。鶴ケ岡八幡宮は京都の岩清水八幡宮から八幡太郎義家が勧請したものですが、その元は宇佐八幡宮と良く聞いていたので一度行きたいと思っていました。やっと叶って行った宇佐神宮は生憎の雨でしたが、伊勢神宮にも似た神秘的な所でした。来て良かったです。

宇佐神宮のHPです。※無断で済みません。

http://www.usajinguu.com/index.html

|

« ひな飾り | トップページ | BRM226埼玉200km小田原城に出ました。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517801/54010751

この記事へのトラックバック一覧です: 八幡様の本家、宇佐神宮:

« ひな飾り | トップページ | BRM226埼玉200km小田原城に出ました。 »