« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

台風一過ヤビツ峠へ

9月22日木曜日今日で最後の木曜休みになります。昨日21日は台風15号が通過して電車は止まるは雨は降るは風は強いわで大変荒れた天気でした。

今日は台風一過で暖かく良い天気なので、早速自転車で飛び出しました。

01 湘南道路で稲村ヶ崎へ来ると、カメラマンが沢山江ノ島の方向を見ています。空も海も良い感じですが、残念、雲が出て肝心の富士山が見えません。海沿いの道路なので砂が路肩に上がって拠けながら走っています。

02 藤沢市の辻堂海岸まで来ると道路は両側を松林に挟まれています。この辺から平塚まで道路上に砂と松の葉や枝が沢山積もって車の走った後(轍)を走らないとハンドルが取られて、しかも中に何があるかわかりません。ところどころ、この厄介物を工事の人がどけています。お疲れ様です。本当は富士山の見える所まで行こうと思っていましたが、道路事情が悪いので、急遽一番近いヤビツ峠へ向かいました。平塚から金目川沿いに秦野まではそんなに砂などは上がっていませんでした。交通量が多いのでもう清掃したのかもしれません。

03 名古木からヤビツ峠を登っていつもの鳥居の定点地点に来ました。夏をすぎて青葉が生い茂っています。山は不気味に黒い雲が掛かり出しました。

04 この後山の中に入ると折れた枝や葉っぱが道路に散乱して上りはそんなに気にならない程度ですが下りは危なそうです。展望台です。この辺までは天気が良くて暑いのでヒイヒイ言って上がってきました。もう一息です。

05 ヤビツ峠に到着です。ここまでほとんど車に合わずに、時折トラックなど工事の車に遭うだけでした。峠の案内所は閉まっていてコーラも買うことが出来ません。そこで、この先の護摩屋敷の水へ行くことにしました。

坂を下り出すと、峠のこちら側は道路に大小たくさんの枝や土などが道いっぱいに埋められて走るのが難しかったです。少し行くとブルトーザーとトラックで道の清掃をしていました。「お疲れさま」と挨拶すると、峠の道路は車通行止になっているとのことでした。それで峠の案内所も開いて居なかったのですね。

06 護摩屋敷の水へ来ると水が止まっています。この辺で流れている水は綺麗ですので、間にポンプが入っているのかもわかりません。折角美味しい水を飲もうと水筒を空にしたのに残念です。もう一度坂を登って峠を越え、下りを慎重にゆっくりと走ります。

08 大分下りて、まだ家が在るところに石庄庵というお蕎麦屋さんの看板があったので道路を逸れました。曲がってから坂を上ったり下ったり5・6分走ってやっと着きました。一寸気取ったお店で蕎麦が名物ということで、三色セイロを頂きました。小さい入れ物でひとつづつ出されるので一寸いただけませんが2色目までの蕎麦は美味しかったです。三食目はボソボソの蕎麦粉のみなのでしょうか?噛みごたえも良くなくいまいちでした。いろいろ気取っていたので1500円は一寸です。表に出るとポツポツと雨が落ちてきて、急いで帰るためこの間購入したスマホで地図検索して真っ直ぐ秦野を目指します。

09 畑の周りには、お彼岸ということで忘れず彼岸花が咲いていました。時を知っているこの花には頭が下がります。ポツポツと落る雨粒に追われるように湘南道路まで来ると帰りは海と反対側を走るので、大分荒れ具合が少なく急いで帰りました。最後までザーとは来なかったのであまり濡れず助かりました。

今日の走りは、所要:5:20’41。距離:104.33km。平均:19.5km/h。MAX:47.7km/h。でした。午前中は天気も良くて台風一過でしたが、一日中道路に落ちた砂や枝を拠けての走行でした。いくら天気が良くても、台風の次の日に走るものでは無いですね。土曜日にはきっと綺麗に片付いているのではないでしょうか?あんまり練習にはならなかったですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブルベの下見

9月15日木曜日今度のブルベのコースの暫定Qシートが発表になったので地図に写したところ、PC1、PC2が山登りが有って時間に間に合わない様です。ゴールの時刻には間に合いそうですが、そこで、実際に試走することにしました。

スタートはJR横浜線淵野辺駅の近くなので、車で駅の近くの100円パーキング(最大700円)に止めて、Qシート通りに走り出しました。町田街道を西に走ってJR中央線の高尾駅から山に入ります。

01 先ずは国道20号線の大垂水峠を登りました。

02 今日は良い天気でそんなに標高も無いので日向は暑かったです。

03 少し行くと相模湖ダムが見えてきました。相模湖の周りを回って中央高速のインターチェンンじを過ぎると、

04 県道の上りの途中にこんなところが。。。「ぶるべの樹」よく見るとブルーベリーの略のようですが、

05 すぐ下にサイクルステーション藤野の看板が有りました。サイクルステーション後で調べることにして、今日は先を急ぎます。ここからは次の峠を目指します。

06 次の雛鶴峠へ登っている途中にこんな碑が有りました。建武の中興の頃のお話の様です。

07 標高650m雛鶴トンネルです。このトンネルをくぐると直ぐに、

08 これはリニア新幹線の実験設備ですね。突然出てきたので驚きました。坂を延々と下るとPC1の7-11があり、休憩して県道24号線で道志を目指します。

09 ここからは道坂峠標高1100mを登ります。途中三輪神社という古い神社がありました。ひなびた良い感じです。

10 ひいひい言ってやっと道坂峠のトンネルに着きました。トンネルを超えるとまた急な下り坂が延々と続き、道志道に出たところがPC2の信号です。今日の目的はここまでにタイムをとることなので、このまま道志道を神奈川方向に向かいます。

11 道志道は国道413号線は緩やかな下りが続き舗装も良くて道志川も水量が多く綺麗な景観です。時々鮎を釣っている人も見かけます。子供が小さい頃は、この辺にキャンプに来ていました。

少し上ったり下ったりが始める頃から舗装がいまいちになってきましたが、30kmくらい走ったところで舗装が良くなってきました。

11_2 ここから山梨県から神奈川県に入りました。更に真っ直ぐ走り、日が落ちてくる頃津久井湖の横を通って国道16号線橋本から淵野辺に戻りました。

今日の走り、所要:7:14’17。距離:133.8km。平均:18.4km/h。MAX:50.7km/h。でした。地図で検討したとおり、結構時間的には厳しいことがわかりましたが、PC1までなんとか間に合えばなんとか行けそうです。これから2週間でなんとか上りをもっと鍛えましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヤビツ峠:きまぐれ喫茶

9月8日再開から始めてヤビツ峠に行きました。

01 今日は天気が最高です。鎌倉の稲村ヶ崎から富士山もバッチリ久しぶりにみえました。たくさんのカメラマンが江ノ島の向うに見える富士山を撮っていました。前回戻って心拍センサとケイデンス用の磁石が見えません。そのまま出発しましたが結構ケイデンスは出ている気がします。やっぱり秋晴れで気持ちが良いからかしら?

02 秦野まで来てすき家の前をすぎるとカレーの文字が、funrideにV飯はカレーというのを思い出し、帰りに食べようと思いながら国道246号名古木に来ました。この信号から峠まで何分で登れるかを皆で話しています。

03 お約束の鳥居です。夏もすぎて緑に覆われています。ここから蓑毛迄が先ずは急坂です。今日はここも結構漕げます。箱根では足を乗せている感じでしたが今日は良い感じです。

04 時間はさておき順調に峠に到着です。

05 気合い付けにコーラを飲んで駐車場を見ると沢山止まっている車の間の木の実が赤く色付いています。もう秋なのですね。まだよゆうがあるので以前行ったきまぐれ喫茶に行くことにしました。

06 坂を下って行くと、護摩屋敷の水が有りました。ここはいつも冷たくてミネラルがいっぱいで美味しいので、水筒にいっぱいに入れました。

07open 更に下るときまぐれ喫茶があります。前回来たときは閉まっていましたが、今日は開いています。本当に気まぐれです。中に入ると常連の自転車乗りの方がいて、おかみさんと話していました。「本当、結構開けて居るんだけど」とおかみさんは言っていました。この常連さんは週に2回位、横浜から自転車で走って来るそうです。「隣に住んでいるから電話してください」と言われました。

08 中は良い感じで、娘さんが歌うジャズのヴォーカルが流れています。

09 「最近は自転車の方が沢山来る」ということで、ジャージなどが飾って在りました。お腹が空いていたので、ペペロンチーノと名物、名水コーヒーを頼んで待っていると、どんどん自転車や車で常連さんが入って来ました。

10 ペペロンチーノが来ました。右からサラダ、かぼちゃの煮物、小皿にパルメザンチーズ、タバスコ、みかんと落花生煮です。秦野では落花生を煮手食べるそうです。ペペロンチーノを食べて名水コーヒーを飲みながら自転車談義をしている内1時間以上経ってしまったので、急いで出発しました。帰りはずっと向かい風でスピードが出ず苦労しましたが、やっと家まで戻ってきました。しばらくぶりなので、足は大丈夫ですが、お尻が痛くて参りました。

今日の走りは、所要:5:27’37。距離:103.99km。平均:19.0km/h。MAX:41.6km/hでした。10月始めにブルベがあるので後何度か登ろうと思います。峠でギヤを見るとスプロケットは27でした。27で登れるなら105に今度戻して見ます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アトリエMOFイタリアン

静岡掛川では甚八という有名なうなぎやがありそれは美味しいのですが、8月28日は日曜日なのでお休み。と言うことで、ぐるナビで調べてお昼はイタリアンにしました。

http://www.atelier-mof.com/

掛川駅の北口を出て左に少し行ったところにありました。入ると一組のお客様がいましたが、予約も無く席に案内してくれました。

これから出張と言うことで急いで料理は出してくれるようです。

01 今日は日曜日と言うことでランチもコースメニューのみ。直ぐにイタリアンの定番、水とパンとスティックが出てきて食べながら料理を待ちます。最初は白桃とフルーツトマトの冷製パスタ。桃の甘さと一寸塩が利いてさっぱりと美味しかったです。

02 ヤリイカの香草あげ、ピリッと利いた香辛料で夏に良いですね。

03 一寸塩が強かったですが、アサリが美味しかったです。

04 メインの静岡牛です。希少部位との事で、軟らかくて、油も少なく、美味しかったです。

05 最後はデザート、かぼちゃのプリン、サワークリームのケーキ、果物(梨と葡萄)、ジェラードでした。どの料理もオリーブや香辛料が効いて、ワインが欲しくなります。今度は仕事終わりにゆっくりとワインを飲みながら食べたいですね。量はさして多くもなく丁度良かったです。掛川にまた一つ楽しみが出来ました。

今日の仕事が終わって、時間も終業時間を過ぎたので新幹線でビールを1本飲みながら帰りました。

06 最近おつまみはこのチーザを良く食べます。3種類のチーズ味がありますが今日はスモークチーズです。家のお土産は

07 やっぱり静岡なのでうなぎの骨です。塩味としょうゆ味があり、お店の人は塩味を進めましたが、ビールにはしょうゆも良かったです。家で開けると、あっという間になくなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »