« ヤビツ峠で調整 | トップページ | 大山(おおやま)登山 »

初めてのDNF・・・とほほ。BRM618神奈川300km登戸直江津

思い通りには行かないもの・・・

6月17日2度目のブルべのために金曜日神奈川県川崎市の溝の口駅の川崎第一ホテル溝の口に輪行で移動しました。

04 TIOGAの輪行バックは小さくなって移動当日に来たサドルバックに丁度入る大きさでよいです。自転車も軽いので着替えのかばんも合わせて持っても意外と軽くて助かりました。あいにくの小雨が降っていましたが、明日18日のブルべ集合が午前3時半登戸駅北口なので登戸にビジネスホテルが無く、近くの溝の口に前泊に来た訳です。

01 溝の口から登戸までは4キロ少しなので、真っ暗な道を間違えないように小雨の中歩いて登戸まで行ってみました。道は判りやすく途中上水のような整備された川もあり、気持ちの良い散歩でした。

02 ゆっくり歩いたので1時間程で登戸駅北口に到着です。帰りは電車で溝の口に戻り、夕食は宮崎地鶏の店に行きましたが、宴会が入っているらしくおいしかったですが、食べ物の出るのが遅く、あまり良い気持ではなかったです。もちろん21時にはベッドに入り、18日午前2時に起き上がり支度をしました。

053 午前3時半から受け付けということで溝の口を2時50分に出て、登戸駅に3時前に到着しました。もう3人位の選手がいましたが、その後ゾクゾクと集まって50人過ぎ位になり、オフィシャルの車に着替えの荷物を積んで、参加自転車の装備を見学しました。夜に出て夜にゴールなので、みんなライト2灯は当たり前で、ヘルメットの尾灯もつけている人が多いでした。Qシートも固定方法が色々で、コンベア式の方もいて構造がよく判りました。

06 3時半受付、40分からブリーフィングがあります。暗くなってから通る道の注意などAJ神奈川のホームページでの注意事項とほぼ同じでしたが、「今日の天気でうまくすれば雨に降られないで行けそうです」とうれしい報告がありました。その後車検をしてブルべシートにサインをもらい、順々に出発しました。

07 いつも車がたくさん走っているところですが、まだ暗いので自転車が列をなして30km/h位で武蔵五日市駅まで行きました。ここからは上り坂の連続ですが、初めのうちは大した斜度はなく、予定では平均15km/h位で行くところを20km/h位で走れました。

0840 1つ目の一寸大きな峠になる山伏峠は残り数kmが急坂でしたが、登頂時間は予定より30分以上早く着きました。ここから秩父までは緩い下りがつづき、調子よく走れました。

09pc148 PC1のサンクスに到着です。

10pc1 予定では9:30到着でしたが、8:28と1時間以上速く着くことが出来ました。サンクスには、既にめぼしい食べ物は無くなっていました。「時間的にこれは何とかなりそう」と言うことでおにぎり1個を食べて水を買って10分程で出発しました。ここからは緩い上りが10km程つづき、緩い峠を越えると小鹿野町に入り大きなカーブの下りが続きます。と!最後の右カーブに茶色の舗装の粉が沢山在って、そこを踏んだとたん。後輪がズルッ!と滑ってその「まま転んでしまいました。後から来た車の運転手さんが直ぐ救急車を呼んでいます。聞くと「顔が血だらけです。」自分では余り痛い感じがなかったのですがそのまま小鹿野町立病院に運ばれ、服を脱ぐと体中擦り傷と打ち身のようです。その時点で大会のオフィシャルに電話してDNFを宣言しました。止血をしてもらい「月曜日に整形外科に行きなさい」と言われ病院を後にし、そこからタクシーで転んだ坂まで行くと自転車は普通に動くし私も漕げそうなので、道を戻り秩父駅まで10kmを1時間位でゆっくり行きました。秩父駅で自転車をバラシて輪行袋に入れ駅に行くと「ここは秩父鉄道の秩父駅」と言われ、1km自転車を押して西武鉄道秩父駅へ行きました。

11 ここからはご存知レッドアローちちぶ号で池袋へ向かいます。

13 昼間の特急は空いていて、駅員さんが車両の一番後ろの席を取ってくれたので端に自転車を立てかけ池袋までぐっすり眠ってしまいました。池袋からも湘南新宿ライン逗子行きが来たので真直ぐ帰ることが出来ました。

今日の走り、所要時間はサイクルコンピュータがおかしくなり計れませんでしたが5:30くらい。距離は86km。平均:19.7km/h。MAX:49km/h。でした。

初めてのDNFで一寸がっかりですが、これからは知らない道を走るのでもっと注意していかないと行けませんね。梅雨の期間ですが霧の中を走った以外は雨にあう事も無く助かりました。月曜日整形外科では左手親指にヒビが入り2・3週間位掛かるそうですが、それ以外に骨に異常は無く、打ち身と言うことです。全身の擦り傷、特に顔は皮膚科で塗り薬をもらい、一週間位で治るようです。ただまだ頭が歩くと響いて痛いのでこれは様子を見ることになりました。指が治るまで自転車に乗れないのでここからは富士山登山を目指して足を鍛えましょうか。。。

自転車は家で組み立てると、右のブレーキハンドルがずれていてゴムカバーに擦り傷が凄い以外はどこも壊れていないようで、六角レンチで一度緩めて位置を直し締めれば元に戻りました。

|

« ヤビツ峠で調整 | トップページ | 大山(おおやま)登山 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。
って言ってる場合じゃないですよ。
大丈夫ですか~?
転倒した際、対向車や後続車が迫ってなくて良かったです。

投稿: ゆうなおパパ | 2011年6月27日 (月) 00時38分

やっと顔も大分治って、今日からマスクをしないで会社に行っています。町立病院のお医者さんには「ラッキーでしたね!」と言われちゃいました。今週、整形外科に行って経過を見てもらいます。まだ身体は青タンだらけですが。。。とほほ。

投稿: ramble | 2011年6月29日 (水) 21時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初めてのDNF・・・とほほ。BRM618神奈川300km登戸直江津:

« ヤビツ峠で調整 | トップページ | 大山(おおやま)登山 »