« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

初めてのDNF・・・とほほ。BRM618神奈川300km登戸直江津

思い通りには行かないもの・・・

6月17日2度目のブルべのために金曜日神奈川県川崎市の溝の口駅の川崎第一ホテル溝の口に輪行で移動しました。

04 TIOGAの輪行バックは小さくなって移動当日に来たサドルバックに丁度入る大きさでよいです。自転車も軽いので着替えのかばんも合わせて持っても意外と軽くて助かりました。あいにくの小雨が降っていましたが、明日18日のブルべ集合が午前3時半登戸駅北口なので登戸にビジネスホテルが無く、近くの溝の口に前泊に来た訳です。

01 溝の口から登戸までは4キロ少しなので、真っ暗な道を間違えないように小雨の中歩いて登戸まで行ってみました。道は判りやすく途中上水のような整備された川もあり、気持ちの良い散歩でした。

02 ゆっくり歩いたので1時間程で登戸駅北口に到着です。帰りは電車で溝の口に戻り、夕食は宮崎地鶏の店に行きましたが、宴会が入っているらしくおいしかったですが、食べ物の出るのが遅く、あまり良い気持ではなかったです。もちろん21時にはベッドに入り、18日午前2時に起き上がり支度をしました。

053 午前3時半から受け付けということで溝の口を2時50分に出て、登戸駅に3時前に到着しました。もう3人位の選手がいましたが、その後ゾクゾクと集まって50人過ぎ位になり、オフィシャルの車に着替えの荷物を積んで、参加自転車の装備を見学しました。夜に出て夜にゴールなので、みんなライト2灯は当たり前で、ヘルメットの尾灯もつけている人が多いでした。Qシートも固定方法が色々で、コンベア式の方もいて構造がよく判りました。

06 3時半受付、40分からブリーフィングがあります。暗くなってから通る道の注意などAJ神奈川のホームページでの注意事項とほぼ同じでしたが、「今日の天気でうまくすれば雨に降られないで行けそうです」とうれしい報告がありました。その後車検をしてブルべシートにサインをもらい、順々に出発しました。

07 いつも車がたくさん走っているところですが、まだ暗いので自転車が列をなして30km/h位で武蔵五日市駅まで行きました。ここからは上り坂の連続ですが、初めのうちは大した斜度はなく、予定では平均15km/h位で行くところを20km/h位で走れました。

0840 1つ目の一寸大きな峠になる山伏峠は残り数kmが急坂でしたが、登頂時間は予定より30分以上早く着きました。ここから秩父までは緩い下りがつづき、調子よく走れました。

09pc148 PC1のサンクスに到着です。

10pc1 予定では9:30到着でしたが、8:28と1時間以上速く着くことが出来ました。サンクスには、既にめぼしい食べ物は無くなっていました。「時間的にこれは何とかなりそう」と言うことでおにぎり1個を食べて水を買って10分程で出発しました。ここからは緩い上りが10km程つづき、緩い峠を越えると小鹿野町に入り大きなカーブの下りが続きます。と!最後の右カーブに茶色の舗装の粉が沢山在って、そこを踏んだとたん。後輪がズルッ!と滑ってその「まま転んでしまいました。後から来た車の運転手さんが直ぐ救急車を呼んでいます。聞くと「顔が血だらけです。」自分では余り痛い感じがなかったのですがそのまま小鹿野町立病院に運ばれ、服を脱ぐと体中擦り傷と打ち身のようです。その時点で大会のオフィシャルに電話してDNFを宣言しました。止血をしてもらい「月曜日に整形外科に行きなさい」と言われ病院を後にし、そこからタクシーで転んだ坂まで行くと自転車は普通に動くし私も漕げそうなので、道を戻り秩父駅まで10kmを1時間位でゆっくり行きました。秩父駅で自転車をバラシて輪行袋に入れ駅に行くと「ここは秩父鉄道の秩父駅」と言われ、1km自転車を押して西武鉄道秩父駅へ行きました。

11 ここからはご存知レッドアローちちぶ号で池袋へ向かいます。

13 昼間の特急は空いていて、駅員さんが車両の一番後ろの席を取ってくれたので端に自転車を立てかけ池袋までぐっすり眠ってしまいました。池袋からも湘南新宿ライン逗子行きが来たので真直ぐ帰ることが出来ました。

今日の走り、所要時間はサイクルコンピュータがおかしくなり計れませんでしたが5:30くらい。距離は86km。平均:19.7km/h。MAX:49km/h。でした。

初めてのDNFで一寸がっかりですが、これからは知らない道を走るのでもっと注意していかないと行けませんね。梅雨の期間ですが霧の中を走った以外は雨にあう事も無く助かりました。月曜日整形外科では左手親指にヒビが入り2・3週間位掛かるそうですが、それ以外に骨に異常は無く、打ち身と言うことです。全身の擦り傷、特に顔は皮膚科で塗り薬をもらい、一週間位で治るようです。ただまだ頭が歩くと響いて痛いのでこれは様子を見ることになりました。指が治るまで自転車に乗れないのでここからは富士山登山を目指して足を鍛えましょうか。。。

自転車は家で組み立てると、右のブレーキハンドルがずれていてゴムカバーに擦り傷が凄い以外はどこも壊れていないようで、六角レンチで一度緩めて位置を直し締めれば元に戻りました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ヤビツ峠で調整

6月12日朝起きたら天気予報で、「今日は18時まで曇りですが雨が降らない」と言うことで一番近いヤビツ峠に調整に行きました。

01 先週大分酷く日焼けしたので、金曜日会社の帰りに大船駅前の「ダイコク」で日焼け止めを買いました。ウォータープルーフで絶対焼けないとの振れ込みで、早速今日塗りましたが、残念づっと曇りで余り関係なかったですね。

さて、いつものように国道134号線を西進しましたが、今日は自転車が沢山走っていて、一時は7台位で一列に並んでチームのように走っていました、小径あり、Xバイクあり、スニーカーあり、SPDあり、色々な自転車で走っていました。

花水橋から金目川を登って秦野へ、名古木交差点を13時30分に通過して直ぐの急坂を調子よく登っていきました。

02 いつもの鳥居で一枚。鳥居の横の桜の木の葉っぱが大分被っていますね。

03 今日はブルベ仕様です。飲み物は2本、ライトは2灯、まだサドルバックを買っていないのでウェストバックに輪行バックを入れて縛っています。

急に出てきたので、どこかで昼飯を買おうと思っていましたが、結局買えず、峠近くの林道の入口近くで力が出なくなり10分位休んでからゆっくり登りました。結局峠に到着は14時39分、69分掛かりました。峠の自動販売機でコーラを飲んで一息入れて一気に下り、直ぐのコンビニで昼食を取りました。

所要:4:37’52。距離:100.09km。平均:21.6km/h。MAX:47.0km/h。でした。久しぶりのハンガーストップで改めて食の大事さが判りました。今週はブルベですが、この調子ではタイムアウトしそうです。頑張りましょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今週は雨でジムへ

6月11日今週末は雨の予想で逗子アリーナ(体育館)のジムへ運動に行きました。

やっぱり、自転車(エルゴノメーターというのかしら?)。80%加重の160Wで心拍数160位になって約1時間こぎました。(結構土曜日の昼は空いています)実際に自転車をこいでいるときはなんでもなく何時間も続けられますが、止まってこぐのって意外とつらいですね、汗もだらだらと出て、その後機械で運動をして、30分歩いたら体重も1kg減っていました。

先週は50km位しか走っていなかったので来週のBRM618神奈川300登戸直江津前に一度走っておきたいですね。。。

良い運動にはなりましたが。。。こういう運動はやっぱり週中に入れておきたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ツール・ド・逗子2011

6月5日ツール・ド・逗子が行われると言うことで参加することにしました。

01_3 一週間前にコースが発表になっていたのでコマ図を作成しましたが、前日にコース変更になり驚きました。マ!地元で狭い地域でもあり問題ありませんが、

02_3 スタート地点は逗子市役所横の亀ヶ岡神社です。10時スタートなので9時半頃に到着しました。

03_4 到着した時はまだ準備中で、10時過ぎに受付が始まりました。安全講習(ブリーフィングと言うほどではない)の後スタンプをもらい出発です。

04_3 自転車で選挙を行っている市長も参加するようです。(右の白いシャツの人)

05_3 まずは逗子海岸の裏道を通って逗子海岸ロードオアシス2Fの観光案内所にスタンプポイントがあります。

06_3 ココは海岸の端の浪子不動のならびにあるので逗子海岸が見渡せます。右の窓からは相模湾や葉山マリーナも見えます。

07_4 コースの中にはこんな階段もあってローカルですね。

08_3 逗子マリーナにもスタンプポイントがありました。リビエラ前で一枚。

09_2 スタンプポイントはこのシーサイドカフェのカウンターにありました。一寸聞かないと難しいです。

10_2 トンネルを抜けて材木座から水道路を通って若宮大路に出たところのハリーハンセンにもスタンプポイントがあります。テントを出しておいてくれたので判りやすいです。鎌倉市内を大町四つ角、松葉が谷、長勝寺踏切、名越トンネルを通って逗子市内に戻り、久木地区を走って池子弾薬庫の真裏にある久木運動公園に行きました。ここではクイズがあって、答えは野球のスコアボードです。問題を解いてからトンネルを抜けて山の根地区へ、

11 山の根の谷戸の奥に山の根庵というギャラリーが最後のスタンプポイントです。

12 門をくぐるとパラソルの下でスタンプを押してくれました。この奥がギャラリーのようです。

13 駅裏の熊野神社は社務所もしっかりしたものが在って、昔自動車学校の合格祝いを夏休み空き待ちで取ったメンバーで行ったことがありました。駅のなかなか開かない踏み切りを抜けて、スタートの亀ヶ岡神社に戻りました。

14 今日は一番長い中上級者向けのDコースを走りましたが、14kmと短く、坂も余り無かったので所要1時間でトップのゴールでした。ゴール係りのボランティアの人も始めての選手で勝手がわかっていないようで色々頓珍漢を行っていました。景品はくじで、ストラップをもらいました。

本日の走りは、所要:1:04’49。距離:19.44km。平均:18.0km/h。MAX:42.9km/hでした。市民の手作りイベントという感じでよかったですが、一寸距離が物足りないですね。境内にはヒラコを始めいくつかの自転車やさんやキャノンデールのテントもありました。来年はボランティアかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

暫くぶりにポタしました。

6月4日暫くぶりに晴れたので自転車に乗りたくなりましたが、2日に横浜開港祭でモーターボートのボランティアした時に瞬間で力を入れることが多く今日はそのせいで体が一寸痛いです。

01_2 と言う訳で今日はポタを楽しみます。ココは逗子マリーナ。椰子が茂って南国風なので時々ドラマの撮影などがあります。川端康成がここのマンションで亡くなったことでも有名です。

02_2 鎌倉若宮大路の鎌倉駅前交差点です。片側2車線の広い通りです。この先に段葛があります。

03_2 滑川T字路から国道134号線湘南道路に出て逗子海岸に向かうと由比ガ浜から材木座海岸を通ります。先の建物が逗子マリーナです。材木座海岸は遠浅の砂浜なのでウィンドサーフィンの置き場が沢山あって休日は賑わっています。

04_2 披露山の坂(トンネル)を越えると逗子海岸です。そろそろ海の家が建ちだしてもう直ぐ夏の雰囲気が出て来ました。逗子海岸も遠浅でウィンドサーフィンが多いです。

05_2 葉山の森戸海岸へ向かう途中のしなそば小浜でワンタンメンのお昼にしました。鰹だしにまっすぐな細麺の支那そばです。懐かしいような味でおいしゅうございました。

06_2 森戸海岸の先から裕次郎灯台と江ノ島を望みます。空気が澄んでいればバックに富士山が見えるポイントです。

07_3 この辺りの岩場は良くスキューバを楽しんでいる人を見かけます。今日も何組かワゴン車で沢山ボンベをつんできていました。丁度大潮なので潮が引いて沢山岩が出ているので、家族連れも多いようです。

08_2 湘南国際村を上ります。途中研究所などが沢山ある辺りの階段につつじが沢山咲いていました。湘南国際村全体で60000本のつつじがあるそうですが、一斉に咲くと壮観ですが残念、今年は順々に咲いたようです。

09 山の頂上に公園があります。

10 この辺で一番高い事もあり相模湾の眺めが良いです。この上に小高いところがあってそこで一服しましたが、土が湿っていて靴にかみこみこの後SPD-SLに嵌らなくてこまりました。

今日の走りは、所要:2:24’23。距離:40.76km。平均:16.9km/h。MAX:49.4km/h。でした。走ったせいか少し調子が戻ってきました。まだお尻(尻筋)が痛いですが。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

九州新幹線

5月25日九州に出張です。今回は大分空港に着いて、バスで由布院まで行きました。

01 由布院で大分時間があったので駅の向かいの2F喫茶店で高原コーヒーを飲みました。

02 由布院から仕事のある豊後森までは特急ゆふいんの森号で移動です。車掌さんもしゃれた感じでレジャー気分を誘います。

03 ゆふいんの森号は1往復なので、豊後森から久留米までは特急ゆふで移動です。こちらは普通の特急です。

04 久留米からは今回の目玉?九州新幹線さくらに乗ります。待っていると向かいのホームに入って来ました。カッコいいですね。

05 ホームも安全ドアが着いて安全に配慮しているのが判ります。

06 こちらのホームにも入線してきました。先頭車のマークも変わっていますね。

07_2 入口はこんな感じです。

08 車内は明るくて、2+2の座席は余裕があります。イスも板を色々な形に曲げたもので現代的なアートを感じます。

九州の特急はどれも特徴があって、綺麗です。車掌さんも女性が多くて制服も特急により洗練されているようです。仕事でなければよいのですが。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »