« お買い物 | トップページ | 白門祭に行きました。 »

初物づくしのヤビツ峠

10月24日朝曇り気味でしたが先日買ったガーミンEdge705を使いたくてヤビツ峠に行きました。

01edge705 本体はハンドルに取り付けましたが、今回はサイクルコンピュータも取り付けています。

02 センサはこの1個の手前がケイデンスセンサでクランクに磁石を付けています。角の様なのがスピードセンサ普通のサイコンのように後輪のスポークに磁石を付けました。無線で信号を送るので配線はありません。胸にはハートセンサを付けて出発です。

03 705にはルートラボで道順のファイルを作り入れているのでナビとしても使っています。一度ルートを間違えると「ビー」とエラーが出て道を間違えたことを知らせます。今日も海岸線国道134号線を西に行き湘南大橋を渡ったら北進して山に向かいます。七里ガ浜を通ると鎌倉高校前の海に黒いウェットスーツを着たカラスたちが沢山大きな波を待って浮かんでいました。

04_4 国道129号線を厚木で左折し国道412号線で山に入ってだんだんと登っていきます。急なつづれ折れの坂を下りると「糸の町半原」の表示がありました。半原は昔から生糸の生産が盛んで縫製などの工場も沢山ありました。現在も生糸を作る小さな工場が残っています。

05 河原に出ました半原の河原は沢山のバーベキューをする人で一杯です。この先の鱒釣り場でも人が一杯です。私も十年くらい前は仲間とここでバーベキューを楽しんでいました。今は子供も大きくなったので。。。

06 この先坂が急になり低速で上っていくともう少しというところで道端に座るのに良い切り株を見つけ一服しました。

07 つづら折れの急坂を上るとトンネルを抜け視界が開けたところに宮ヶ瀬ダムがあります。神奈川県の新しい水がめとして大きなダム湖を造っています。

08 ダムを過ぎると一番深い所に架かった橋の上から釣りをしている人がいました。橋の上から水面までは30m位ありますか、7本の釣り糸を垂れていました。聞くと狙いはワカサギだそうですが、釣果を見ると虹鱒と型の良いハヤが釣れていました。

09 ダムを湖側からみるとこんな感じです。

10 湖の周りを走ると水の郷大つり橋がありました。怖くないように手すりと網がドームになっているので安全ですが、だいぶゆれるようです。

11 中心あたりに県立宮ヶ瀬ビジターセンターがありこの辺り丹沢の自然がよくわかるような展示がありまし。

12binzurupork 大きな駐車場の周りには沢山のお店がありみやげ物や食事ができるようになっています。なかのBINZURU_Porkというお店に入りました。

13 変わった名前のメニューが多いですがその中で田舎丼スペシャルを食べました。ご飯に揚げナスその真ん中に納豆とカイわれが乗っていますが、味はまあまあで特別もう一度食べたいとは思いません。

14 ここから県道64号線でいよいよヤビツ峠に向かいます。道は湖の湖畔から分かれたあたりから車1台くらいの山道になりちょっといい林道のようです。

15 湖の近くの川は推量が多いきれいな水が流れていて景勝という感じです。気持ちがいいですね。

16 奥に入っていくと林の中をどんどん上って川も小さなきれいな流れになっていきます。所々に釣り場の表示があるのでこの奥にも釣りに来る人がいるようです。また、きのこ採りかところどころ広いところに車が止まっていました。

17 林道の入り口には「クマ出没注意!!」の表示が、たまにすれ違う人も熊よけの鈴を付けています。走っているのは時々抜いていくバイクとたまに車が行くだけで自転車には抜かれません。今年はあちこちで熊が出るのでちょっと怖いですね。

18 やっと秦野市に入りました。この後はさらに坂が急になって山の中に入る感じです。

20 このあたりの林は下草も刈られ整備しているようです。間伐もちゃんと行われていて木を見るとヒノキや杉が多いようです。

21 前の山が低くなってもうすぐ峠かなと思う所に「名水きまぐれ喫茶」があります。ここは昔のオーナーが良質の湧き水を求めてこの地に辿り着き、青山荘を開きこの喫茶店を開いているとのことです。青山荘では年に二回ジャズライブを行っていてこの31日にも行われるそうです。

http://meisui-kissa.jp/  にホームページもあります。もちろん名物名水コーヒーもおいしかったです。

22 少し上ったところに名水護摩屋敷の水がありました。車で何人もの人が20Lの入れ物で水を汲んでいました。飲んでみると先ほどの喫茶店の水と同じくさっぱりとしておいしい水でした。

23 ここからは急坂もなく目的地ヤビツ峠に着きました。ここはバスの終点になっていてバス停にハイキングの人が数人待っていました。

24 ここには売店もあって結構人が来ることがわかります。少し休んで坂を秦野市街に向かって下ります。

25 峠を少し下ると景色が良く見えるところで下を眺めました。今日は曇って時々霧雨も降る天気なので見通しはよくありません。

26_2 箱根のある西側を見ると雲海が広がっていました。この秦野側は下からは沢山の自転車やバイク・車が上ってきます。実はヤビツ峠は箱根1号線と同じく神奈川では峠好きのメッカで私も若いときは車を買ったらよくカーブを楽しみに上っていました。大小沢山のカーブが続きかなりハードな運転です。もちろんスピードを出さなければ道は片側1車線で広いので安全です。そんな道の下りはスピードがどんどん出てしかもカーブには盛り上がった線が引いてあってハンドルがガタガタいって抑えるのが大変です。結構長い時間カーブの連続が続いてやっと秦野市街に下りると雨が降り出しました。

電車の駅もまだ遠いのでナビの示すまま走っているとドッ!と雨が降ってきて仕方なくカメラを仕舞ってどうせ濡れるのでそのまま進みました。やっと国道1号線から国道134号線に出て花水橋を渡っていると後輪に違和感が!見ると初パンクです。134号線は家も何も無いので道端で後輪を外しスペアのチューブに交換しました。小さなポンプですが十分エアが入ったので走り出すと道は大渋滞で車が延々と止まっていて路肩はずっと水溜りで見えないところを2~3km行ったところでまたまたパンクです。あんまり無理してはだめですね。駅も遠いのであきらめて家に電話し妻にレスキューをお願いしました。

今日の走りは、所要:5:53’00。距離:112.55km。平均:19.1km/h。MAX:55.1km/hでした。帰って705のデータを見ましたが、最初の1km位しか記録されていません。家をでて、ナビの道を間違えた時のエラーの処理が悪かったようです。でもナビとしてはちゃんと使えて助かりました。

ゆっくりですがヤビツ峠も上れてよかったです。今度は秦野側からも上りたいですね。しかし雨とパンクには参りました。134号線は何も無く真っ暗で渋滞の車のライトを頼りにパンク修理をしましたがまさか2度もするとは。。。。初めてのリタイヤでした。

|

« お買い物 | トップページ | 白門祭に行きました。 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初物づくしのヤビツ峠:

« お買い物 | トップページ | 白門祭に行きました。 »