« チェーンの掃除 | トップページ | 九州特急の旅 »

金沢八景辺りポタ

6月26日土曜日天気も怪しかったので近くにある横浜市の金沢八景辺りの海辺へポタリングしました。

0116 六浦から国道16号線に出て姫の島公園前を曲がり金沢八景の称名寺を目指します。

02_2 道の傍にこんな石碑がありますコレは左金沢八景(駅)右金沢文庫と彫ってあります。金沢文庫の方向に行くと神社の横に称名寺と金沢文庫と書いてある方向に狭い道を行きます。

03 道の突き当たりに称名寺があります。この赤門を入ると

04 参道が続き、和食や土産物のお店などが幾つかあります。

05 山門も前まで来ると称名寺の森と書いた案内板があり金沢文庫や金沢八景(琵琶湖八景のように決まったものがあります)の幾つかが書いてあります。(称名寺も八景の一つ「称名晩鐘」です。)

06 堂々とした山門です。傍らには無料案内の方がいらっしゃいました。山門を回りこんで中に入ると。

07 大きな池があり太鼓橋が架かり向こうに本堂が見えます。

08 本堂(金堂)の横に称名寺の由来が書いてありました。鎌倉時代に北条氏が菩提寺として作ったものですが消失して現在の建物は江戸時代に再建したものとのことです。

09 この庭はどこから見ても美しく本堂側から太鼓橋を見たところです、境内には沢山の写生をする人がいましたが少し霧雨が降り出しました。

10 称名寺から海沿いの道を行くと新交通システム(タイヤを履いた電車)の横を走り「海の公園南口」駅から海岸に出ることにしました。

11 駅をくぐると海の公園の案内図があります。右側は金沢八景の野島(公園)ですが今はこの公園共々大分埋め立てられて人工の海岸になっています。

12 海の手前にウィンドサーフィンの艇庫があります。もちろん横浜市営でボード置き場と更衣室・シャワールームがあります。2階もあるようです。海岸側にはボードを洗う施設もあってなかなか充実しています。ここは東京湾内なので波もなく初心者には打って付けですね。

13 海岸では最後の潮干狩りに興じる人が沢山います。また砂浜の端ではバーベキューサイトとなっていて、所々にビーチバレーコートもあります。ところで向かいの遊園地は八景島シーサイドパークです。

14 海岸線を更に進むと幸浦の工場地帯を抜けて横浜マリーナにでます。クルーザーやモーターボートが沢山停泊しています。

15 横浜マリーナの横にはベイサイドマリーナが在って、アウトレットを沢山売っています。ブランド物を求める人で駐車場はひっきりなしに車が入っていきました。この辺りで雨の粒が大きくなり、ここから国道16号線に出て真っ直ぐ急いで家まで戻りました。

今日の走りは、所要時間:1:53’51。距離:37.63km。平均:19.8km/h。MAX:38.2km/hでした。

天気が思わしくなかったので近場のポタと言う事でやっと称名寺に行くことが出来ました。ここは小学生の遠足でも来た事がある何度か来た思い出の場所でもあります。

|

« チェーンの掃除 | トップページ | 九州特急の旅 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 金沢八景辺りポタ:

« チェーンの掃除 | トップページ | 九州特急の旅 »