« 初夏の増上寺 | トップページ | 夏越大祓:なごしのおおはらえ »

初夏の三浦半島ポタリング

6月5日昨日以前住んでいた横浜のお隣さんから久し振りに電話をいただきましたが、ご主人が亡くなられた訃報で今日は早速お線香をあげに馬堀海岸へ向かいました。

01 ここの所お天気続きで今日も陽気がよく鎌倉・逗子は車が大渋滞なのでやっぱり自転車で行く事にしました。渋滞の横を抜けるのに手間取りましたが、16号線を通って50分程で馬堀海岸に着いてお線香あげてひとしきり懐かしいお話をして家を出ましたが、まだ昼頃なのでそのまま三浦半島を一周する事にしました。

02 走水を抜けて観音崎の坂を越え浦賀付近の道の脇に案山子が立っています。よく見ると枇杷がたわわになっていてもしかしたらびわ三銃士かしら?

03 浦賀湾に出る手前に地図がありました。見ると浦賀湾の渡し舟の位置が書いてありました。いつも渡り切った先ばかりで乗ったことが無かったので地図の道を行きます。

04 細い海添いの道を行くと浦賀の渡しがありました。待合室に料金表やいつ頃出来てなど色々書いてあります。

0515050 待っていると対岸から船が来て「どうぞ~」の船頭さんの声で自転車を持って中に入りました。渡るだけなら20人位は乗れるでしょうか?大人150円、自転車は+50円です。料金箱にお金を入れて出発です。一緒に乗ったおじいさんは久し振りに来たとのことで浦賀の海軍廠に居た時の事を話してくれました。戦艦武蔵が沈んで戦艦長門が東京湾に戻ってきた時乗せて貰いたかったといっていましたっけ。私の記憶では長門は大戦で生き残りアメリカ軍の原爆実験で沈められたが海底で今もその形を残しているとの事。

06 浦賀から久里浜に出る手前の薬局の屋根に2m位の鉄人28号が立っています。まるで守り神のようです。

07 久里浜に出ると今マサに東京湾フェリーが出て行くところでした。フェリーターミナルにはもう一隻いたので今日も三船で運行しているようです。忙しいですね。

08 海沿いを走って野比の海岸を通り三浦海岸に出ると、もう海の家を建て始めていました。まだ海開きは2週間位先と思いますが、一遍に沢山立てられないので中央から立て始めているのかしら?

09 以前も書きましたが私の好きな干潟が毘沙門の手前にありますが今日は鳥が全く居なくて静かな佇まいです。干潟を良く見ると無数の小さな蟹が沢山私が動く度にサッサッと一斉に動いています。

10 この海沿いの道は案内板があちこちに立っていて「関東ふれあいの道」なる道標もあります。そういえばたまにリュックをしょった人が歩いているところを見かけます。

11 毘沙門の急な坂を上りきると風力発電所の公園があり、今回もここで一休みです。風が気持ち良いところで思わずのんびりして仕舞います。

12 そのまま三崎に下りて前回行ったスナックでマグロ丼を食べようと思いましたが、お休みで漁港の近くの今日は咲乃屋というおすし屋さんで昼食です。

132700 運良く限定10食の炙りカマ丼にありつきました。炙ったマグロのカマと刺身のカマが乗っていて、あぶりは本当に美味しかったです。お味噌汁に入れた海苔も磯の香りがして美味しかったです。今度は妻とこないと怒られそうです。

帰りはやはり油壺から国道134号線で戻り夕飯の葉山コロッケを購入したのは言うまでもありません。

今日の走り。所要:3:36’55。距離:75.19km。平均:20.8km/h。MAX:54.7km/h・でした。天気が良くて清々しく半袖半ズボンで充分だったので気持ちよく走れました。木曜日少しトレーニングしたせいか今回の上りはいつもよりも大分楽に登れました。調子に乗って帰ってから足はパンパンでしたが。。。

|

« 初夏の増上寺 | トップページ | 夏越大祓:なごしのおおはらえ »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初夏の三浦半島ポタリング:

« 初夏の増上寺 | トップページ | 夏越大祓:なごしのおおはらえ »