« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

汽笛一声新橋を

11月21日は親戚の49日法要の後お食事に「えん汐留店」に行きました。

16_3   地図のように新橋駅と日テレの近くで汐留シティセンタービルの中にあります。

05 汐留シティセンタービルはガラス張りの波がある建物で海岸通りの直ぐにあります。

01 42階のえんの窓からは丁度東側が見えています。

02215634 遠くには次代の地上デジタル放送を行う東京スカイツリーの建築中です。完成すると634mになるそうですが、ホームページには現在215mとありました。回りに高いビルが無いので良く見えます。

03 足元には築地市場、先の橋はこの間渡った勝鬨橋です。

04 食事は和食で少しづつ美味しい料理が出て美味しい日本酒と合ってよかったです。別の窓からはレインボーブリッジも見えました。流石42階は海側では一番高かったので眺めが最高です。

06 帰りは近い新橋駅まで歩いて行くことにして、まずは日本テレビの前を通ります。大時計の直ぐしたには

07 ズームイン朝のスタジオがありました。(誰も居ませんでしたが)

08 一寸足を伸ばしてここは鉄道歴史展示室です。今は特急つばめを行っていました。

09 その直ぐ裏に「汽笛一声新橋を」で有名な旧新橋停車場がありました。

10 0哩(ゼロマイル)標識がホームの横にありました。

11 横に線路が在って、車両止めの向こうに

12 これが0哩の標識です。今は列車の路線も変わってしまいましたがこの標識は明治からここにあるようです。

13 直ぐに日が落ちて夜になったらまるで999のように旧新橋停車場がライトアップされていました。

14汐留のビルの下も各々色々な明かりでライトアップされています。

152 今日は東京での法事でしたが、気の効いた演出で思いもかけず楽しい時間を過ごすことができました。しかしここの所毎週お葬式や法事などに参加しています。ご冥福をお祈りするとともに、季節の変わり目です皆様御身体ご自愛ください。

ps:以前紹介した御徒町の100円ハイボールのお店は今月29日に店じまいとのこと残念です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鎌倉材木座海岸

11月15日私が以前所属していた鎌倉ヨットクラブの方の偲ぶ会があり久し振りにクラブハウスを訪れました。

鎌倉ヨットクラブは「Y15」という小さなディンギーといわれるヨットのクラブでご好意で若い?人たちに安い費用でヨットを楽しんでもらうという趣旨で我々も参加して毎週鎌倉材木座海岸からヨットを出していました。その後艇庫の地主さんがお亡くなりになり艇庫もなくなり今はディンギー数杯と沢山のウィンドサーフィンのクラブとなっています。今回の偲ぶ会の方も数十年材木座でヨットとウィンドサーフィンを楽しんで若い方に場所を提供していました。

鎌倉下馬交差点のカドキホールで一次会が行われ二次会はクラブハウスでということで小生は鎌倉駅からリビエラ行の直行無料バスで逗子マリーナへ行き歩いて材木座を目指しました。

01 驚きました!材木座に砂浜がありません。確かに昔も岸壁まで潮が上がった事はありましたがこんなことになるとは、以前通った時には変わらぬ砂浜があったような気がしますが。。。

02 鎌倉の海です。左端が江ノ島右へ稲村ガ崎です。何時もは手前に和歌江島があるはずですが一寸石のようなものが見えるだけです。右の舟は昔から和歌江島(日宋貿易の港)に係留してありましたが変わらず有るようです。

03 クラブハウスです。貧乏クラブなのであんまり立派なものではありませんが1Fが備品とウィンドサーフィンのボードやセール(帆)2Fがリビング的に使っています。小生がヨットに乗っている頃は全身びしょびしょになるので女性が最初に着替えてそのあと男子が着替えましたが、待てずに結構表で着替えていました。1Fには簡易水洗のトイレとシャワーがあり2Fにも流し台があります。これらは20年くらい前にクラブ員で作ったものです。

04 入り口です。小坪のトンネルの出口に有るのが判ります。鎌倉の花火大会の時は屋上に皆集まってバーベキューをしながら見ていました。綺麗な塗装は最近の方が塗っていただいたようです。

05 ドアには「材木座の風」の文字が偲ぶ会でもビデオなどで使っていました。2Fで20人位集まってわいわいと故人の話や暫く振りにあった人の話などをしました。材木座海岸については小生が岡山に行っている間徐々に砂浜が減って行ったようですが、この間の台風では道路の上の自動販売機が倒れるほど潮が上がって砂浜が無くなったそうです。

06 クラブハウスでの二次会が終わると日が沈んだところでした。稲村ガ崎の上に薄く富士山がシルエットで見えました。

07 小坪(逗子市)まで歩いてくると知らない店があります。どうもスパゲッティ・ピザ屋さんらしいです。今度食べにきませう。

08 隣にはご存知寿司の久平が変わらずあります。

09 まだありましたゆうき食堂ここは表で飲みながら食事ですね。

暫く来ない間に鎌倉材木座も様変わりのようです。一寸ヨットもまた乗りたくなりましたね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

700系新幹線パンタグラフ

先日掛川に出張の際小田原駅で向かいのホームのN700系新幹線のパンタグラフを見ると

700 左上り東京側に向かって抵抗の無い方向に1本棒で出ています。下りではどうなるのか?

700_2 と来た700系のパンタグラフを見るとやっぱり上りと同じ方向で出ていました。コレだと何か少し引っかかると壊れてしまわないかしら?と少し疑問に思い一寸調べて見ました。

0系以降少し前まではひし形の小さなものが付いていたようですが、最近のパンタグラフはシングルアーム形になっているそうです。これには新幹線は在来線と違って色々な架線を通らないのと架線の高さを4.8~5.1mにしてることで一定の高さで同じ圧力になるように調整しているそうです。またアームを細く小さくすれば空気抵抗も減って騒音対策にもなるようです。山形や秋田の新幹線は在来線の線路も走るのでひし形のものが付いています。

ところで新幹線は同じ様な高さで架線の変化がないと言いましたが、パンタグラフの集電舟が減らないように直線部分では少しずつずらして張ってあるそうです。色々苦労しているのですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お台場まで行こう!

11月7日土曜日「よし!お台場へ行こう」ということで一寸出遅れましたが出発です。

01_2 一寸間が空くとチェーンの油がほとんど着いていない様だったのでチェーンオイルを着けてさあ出発と思ったらサイクルコンピューターの表示が薄い!「今日一日持ってくれ!」という訳で何とか出発しました。

02_2 横浜・東京方面に行くときは国道16号線に出るので必ずまずはこの六浦の坂を一つ上ります。でも丁度足慣らしには良いくらいです。

03 六浦から国道16号線を北上して何時ものように横浜の吉野町4丁目を曲がり関内駅の下を通って桜木町→横浜駅東口から国道15号線にはいりました。

04 生麦辺りにはキリンビールの横浜工場があってもちろん試飲もできます。(つまみもあってなかなか良いですが、1人は飲めないので。。)

05今回は大黒町入り口から産業道路に向かいます。この道路は国道1号線(京浜2号)、国道15号線(京浜1号)と並んで横浜-東京の京浜地区を結ぶ大動脈の一つです。

06 トラックの車列と左車線に沢山止まったトラックの間を縫って産業道路に出ました。上の橋は首都高速横羽線です。

07  産業道路はこの首都高速の下を多摩川まで走っています。片側2車線で平日はトラックが沢山走っていますが、休日は大分少ないです。

08 横浜市と川崎市の境の鶴見川を渡ります。もう河口なので殆ど運河のようです。この辺りは海側はコンビナートなどの大工場、その陸側は中小企業が沢山あっていわゆる町工場の集まりになっています。

09_2 川崎の大師河原交差点です。真っ直ぐ行くと高速に上がってしまうので一所懸命こいで車と一緒に一般道路へ行くと

10大師橋です。 こちらもつり橋になっていて首都高速から見てもなかなか良い格好です。

11 ここで首都高速横羽線とはお別れです。(多摩川を渡ると羽田ICです。)

12 多摩川の上流側を見るとこの辺りは大分浅いようで何人かが川の中でなにか捕っています。白鷺も数十羽いて魚を捕っているようです。

13振り向くと川崎側にインドのお寺のような川崎大師が見えます。お正月の初詣では毎年ベスト5に必ず入っているところです。私も子供の頃1度だけ初詣に行きました。

14 少し前は大師橋を渡ると直ぐに京浜急行羽田線の踏切がありましたが、今はこの部分は地下鉄になっています。ここは環状八号線に当たりますがこの辺りは平面交差で楽に渡りました。

15 大森で国道15号線(京浜一号)に接続され少し行くと江戸時代処刑場があった鈴が森を右折して海岸通りに入ると大井競馬場があります。昨日からティンクルレース(夜レース)を行っているのでお祭みたいな出し物の準備をしていました。

16 海岸通りの辺りは運河が多く水辺の景色が良いです。

17 鮫洲の運転試験場を右折して更に海側の道を通ります。この道は湾岸道路(高速)が横浜まで繋がる前に首都高速の横羽線がメチャ混みで銀座・秋葉原辺りまで行くのに開発した道です。

18 この辺りは昔は倉庫街でしたが最近は高層マンションが立ち並んで地下鉄も通っているようです。

19 天王州を通り天王州大橋の傍には帆船があります。(首都高速からも見えます)東京海洋大学があるところなのでその関係なのでしょうか?

20 天王州大橋のところには大きな水門もあります。高潮対策ですかね?この辺りからこの道が海岸通りになっています。

21 海岸通りをそのまま北上し汐留の交差点を右折して新大橋通りで築地に向かいます。

22 まずは築地中央卸売市場青果市場がありその先に魚介類の市場があります。

23 この辺りは道も広いですが沢山観光バスが止まっていてぞろぞろと観光客が歩いています。また場外のお店も沢山あってどこも人が群がっています。駐車の車や観光客で自転車は危ないですね。

24 築地四丁目を右折して晴海通りに出ます。

25 有名な築地場外市場です。美味しい新鮮な寿司などのお店も沢山あるようです。

27 ここには大きな築地本願寺もあります。この建物も日本らしく有りませんね。

28 晴海通りを晴海に向かっていくと直ぐに勝鬨(かちどき)橋があります。

29 昔はこの場所から上に上がって大きな船を通して居たそうです。私は見たことは有りませんが開くといってももちろん橋の真ん中辺りだけが開くのです。でも昔の面影を残した橋でよくドラマの撮影にも使われています。

30 晴海通りを真っ直ぐ行きゆりかもめに当ったところを右折して後は道なりに行くとお台場海浜公園に着きました。今日は良い天気なので気持ちが良いです。

31 見ると結婚式をやっていたようで砂浜に式の支度があり近くで大きな歓声が上がっていました。お昼を食べようと辺りを歩きましたが一寸おしゃれすぎる店ばかりで入れずレインボーブリッジを見ながらぱくつく事にしました。人工の浜ですが海鵜やかもめ、それに鳩が沢山いて子供を遊ばせる家族連れやアベックが沢山いました。

32 ひとしきり休んで少し辺りを走って見ると直ぐにご存知フジテレビの横を走って

33 左に大きく曲がると大きな駐車場がありその中に金色の棒が立っています。いつも気になっていたので行ってみると。フランス年の時に送られた「自由の炎」というオブジェでした。

34 帰りも晴海通りから勝鬨橋を渡って築地4丁目から汐留へ向かいます。

35 汐留に来ると行きに気がつかなかったですが浜離宮がありました。都立となっていて一般に公開されているようです。そのうち見に来たいですね。

36 海岸通を天王州アイルを通って大井競馬場まで来ると今日のティンクルレースを見に来るバスやタクシーや車で入口付近が混雑していて大分危ない目に合いました。

37 鈴が森を左折して国道15号線に出ると日産のレースを行なっているNISMOがありました。レースカーが目を引きます。

38 帰りはそのまま国道15号線を走って新六郷大橋を渡ります。少しですが大師橋より上流なのでこちらは川らしいですね。

39 川を眺めている内に夕日が沈んでしまいました。まだ明かりが残っているうちに急いで帰りましょう。

40 国道16号線に入り桜木町駅まで来ると交差点が左折2車線で相生橋方面に来ましたが、お陰でみなと未来の綺麗な夜景を見ることができました。その後はいつものように国道16号線で逗子まで帰りました。

今日の走りは、所要時間5:46’53。距離:126.65km。平均:21.9km/h。MAX:44.54km/h。でした。久しぶりでしたが、今週はスポーツセンターにも行ったので何とか帰ってこれましたが、全身疲労がすごくて帰ってから暫くはきびきび動く事が出来ませんでした。やっぱり日々の運動が必要ですね。膝は痛くはなりませんでした。サイクルコンピュータの電池がなんとか持って良かったです。(月曜日に交換しました。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白門祭

11月1日白門祭を見に行きました。妻と2人で行くと電車代だけでもかなり掛かるのでどうせならと車で横浜横須賀道路(休日半額)→保土ヶ谷バイパス→町田街道→鎌倉街道→多摩センターに来て「最大500円」の100円パーキングに停めて多摩モノレールで行きました。

01 今までは岡山に居たのでなかなか来れませんでしたが今日は大学祭を楽しませてもらいました。

02 研究発表や政府を糾弾するみたいなのもありやっぱり大学だなと思わせるものもありますが、やっぱりサークルの食べ物の屋台や破天荒な催しがあちこちで行われていて我々も気持ちが若くなってきます。お昼はやっぱり充実した学食の一つで(学食ビルの中にいくつも色々な食堂があります。)しっかりいただいて訳の分からない食べ物を食べ歩きます。中央ステージでは軽音楽部がお昼から入れ替わり立ち代りでヘビメタやPOPSなどをやっていて暫く見ていました。

032 その後空手の演技が有って部長が大暴れしてバットや瓦やブロックを壊して流石!!です。次はダンス部?が演技の発表です。結構華やかでいいですね。

1日妻と友達と3人で大学祭を楽しみました。結構可愛い女の子が多かったのは田舎だけどやっぱ東京?と思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »