« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

スポーツセンターで汗を流す

土日で自転車に乗れなかったので19日火曜日勤め先近くの港区スポーツセンターでトレーニングです。

先日サイクル雑誌で最高負荷(220-年齢=最高負荷心拍数)の80%で運動すると良いと書いてあったので仕事終わりにスポーツセンターのエルゴノメーター(自転車)に乗って心拍数を見ながらこぎます。ここの装置はペダル上面に足が外れないようにゴムのベルトが着いているので押しと引きが使え、実車に近い感覚でこげます。私の場合80%は130拍/分なので負荷を調整すると130Wで80回転/分位で丁度その付近になります。そこで80~90回転でずっとこぐと30分を過ぎた頃から心拍数が上がり出して57分位には90%の150拍/分まで上がり60分に装置が強制終了して終わりました。結構つかれましたね。仕事帰りで疲れていたこともありますが汗ダクダクでしかもサイクルモデルのように前傾の姿勢が採れないので体重が全てサドルに掛かり、お尻が痛いの痛くないのしばらく普通に歩けません。でもしばらくぶりにこぐことが出来たので一寸満足です。

今度は実車でチェーン洗浄の効果を試したいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チェーンを洗う

今週は土日が曇ったり雨が降ったりとの事で走るのは諦めて念願のチェーンを洗いました。

01 以前岡山にいるときにブレーキクリーンで洗浄して以来です。ブレーキクリーンではなかなか綺麗に出来ず今回は、金曜日に御徒町のDBボックスでチェーンクリーナーを買いました。DBボックスにもこの1種類しかなくとりあえず1回分のデグリーザもついているのでヨシとしました。

02 他にホームページを検索するとスプロケットを外してチェーンマスターを付けて洗浄した方が良いと書いてあったのでチェーンマスターも購入しました。

03 16日土曜日の午前中はまだ雨が降っていなかったので早速家の前で始めました。今回はチェーンをチェーンクリーナーでスプロケットはブレーキクリーンで洗浄することにしました。

04 チェーンマスターを使おうと後輪を外し取り付けましたが私の持っているディスプレイスタンドでは固定できないことが判り仕方なく後輪をつけたまま洗浄となりました。取り付けや作業は日本語の取扱い説明書で上手く出来ました。クランクを逆転させること40~50回位で見た目にはチェーンは綺麗になりましたが手で触って見るとが黒くなります。そこでブレーキクリーンでスプロケットを洗浄して更にチェーンクリーナーで洗浄しましたがチェーンの隙間に入った汚れが出ずウェスで散々拭いてチェーンオイルを塗り今回はヨシとしました。

最初全く知らずにホームセンターで購入の高級チェーングリスを塗りましたが、これがいけなかったようでチェーンの隙間に汚れたグリスが入り込み落ちないようです。既に購入から10ヶ月2000km程を走っているので次はチェーンを交換しようと思います。そのときはスプロケットを全部外して灯油かデグリーザで綺麗にブラッシング洗浄しようと思います。

兎にも角にも大分綺麗になってオイルも塗ったので今度効果の程を試したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

多摩川へ行く

5月10日今日も暖かで天気が良いので布団干し?では無く、布団干しの後にポタに出かけました。この間行けなかった金沢文庫もいいけど「布団をしまう時間には帰ってきて」との事で行き2時間位ということで多摩川へ行くことにしました。

01_2 三渓園の時と同じく六浦⇒金沢八景で国道16号線に出てひたすら北上し八幡橋をこの間は本牧へ向かいましたが、今日は川崎方面に左折しました。運河沿いを走ると中村橋に出ます。ここを右に行くと中華街などに向かいますが、今日は真っ直ぐ鎌倉街道を目指します。

02_2 吉野町を右折して鎌倉街道を走って関内に向かいます。

03_2 関内北口です。頭の赤いビルは昔良く飲みに行きましたね。

04_2 左折するとすぐ伊勢崎町の入り口です。昔は(ばかりですね)野澤屋や松屋などのデパートがあってにぎわっていました。まだ映画館や有燐堂などの大きな本屋さん、カレー博物館?があります。この辺りは昔良く来たところなので良く知っています。(どんな店があるか判りませんが)

05_2 桜木町駅です。手前はぴおシティ、ランドマークタワーが見えます。こちら側は野毛という繁華街があって賑やかでしたが、今は場外馬券売り場が開いているときしか人では少ないです。このぴおシティで小生高校生の時初めてアルバイトをしました。今は反対側のMM21地区のが賑やかです。この先道路は真っ直ぐです。

06 程なく国道1号線にぶつかり16号線は終わり、右折して道なりに走ると横浜駅東口前を走ります。横浜駅は西口が繁盛していて東口はそごうなどができましたが、駅前は一寸閑散としてますね。

07_2 この辺りの国道1号線は首都高の下を走っています。この後青木橋から国道15号線を走ります。

08国道15号線は別名京浜1号線、略平行して走る国道1号線は京浜2号線といいますがこちら15号線の方が2~3車線あって走りやすいと思います。ひたすら北上してここは鶴見駅の交差点です。

09 鶴見川を渡って川崎市内を真っ直ぐ走っていると競馬場前の交差点に出ました。もう多摩川の端に来たはずですが橋は自転車通行不可のためこの信号を真っ直ぐ行って向かいの階段(真ん中が走れますが、人が多いので押します。)を上って橋にでます。

10 やっと多摩川に着きました。約2時間で到着です。良いペースですね。南側の土手はサイクリングコースという感じではないですね。

11そこでこの新六郷橋を渡って北岸の東京側に向かいます。

12橋を渡って六郷土手を降りると野球場で沢山の人が野球を楽しんでいます。

13 多摩川の土手の上はこの様に舗装されたサイクリングロードになっています。バイクは走れませんヨ!もち車も走れません!

14野球場は何面も沢山ありますが、全て埋まって少年・おじさん色々なチームと応援団がいます。ホント多摩川は河川敷が広いです。

15 折角来たのでサイクリングロードを少し走ります。ロード、クロスバイク、MTB、ママチャリと老若男女沢山の方が自転車やウォーキング、ジョギング、犬の散歩と利用しています。

16 あんまり天気が良いので私も川原に降りて一服しました。

17 川を眺めていると中に胸まで入って釣りをする人がいます。

18 こちらの川原には良く見ると沢山の釣り人がいました。「気持ちいい~」とあんまりゆっくりすると布団が取り込めないのでこの辺りで出発です。

19 川原側の舗装された道を走るとサイクリングコースの看板がありました。この辺りは大田区ですね。

20新六郷橋の反対側の歩道を走ると河川敷の中に立派な建物が。。。結構あるんですね。

21  来た道を戻ると鶴見市場付近にゴム通りという信号がありました。調べたところこの地に横浜ゴム(ヨコハマタイヤ)の工場があったそうです。私もゴム業界なので一寸気になりました。

22 国道15号線沿いに中高からの友達がいて急襲!し少し休んでから再度出発です。ここ青木橋で15号線ともお別れして左折すると国道1号線です。中学校の頃はお正月の2日に箱根駅伝で大学の先輩の応援にここにきました。

23 16号線から桜木町の直ぐ横に大岡川がこの辺りは運河になっています。桜木町から本町通りへ繋ぐ弁天橋を渡りながらMM21を撮りました。弁天橋は米軍の戦車を輸送する時に時の社会党の市長さんが重すぎるという理由で通らさないと言って有名になりました。右がコスモクロック、ホテルなどがあって左がランドマークタワーですね。昔は横浜港に来た貨物船から荷物を陸揚げするだるま船がこの運河をいっぱいに埋めていました。いまはジャイアントクレーンが陸揚げしています。

24 横浜相生町の通りに入るとここに船具屋さんがありましたが、今は大きなビルになってヘリーハンセンなどの用品を売っているようです。

25 馬車道です。映画館や劇場、洋風の洒落た飲み屋さんなど沢山有って真直ぐ行った伊勢崎町まで人が絶えなかったところですが、今は整備されてこんな感じになっています。

とこの馬車道を抜けて帰りは千載橋⇒中村橋⇒国道16号線と走って元来た道を戻りました。今日はしばらくぶりに非常に暑くて帰ってから風呂に入ると手がヒリヒリしています。東京は30℃を越えたようです。そうそう家に帰ったのは15時45分で早速布団を仕舞いました。

今日の走りは、所要時間:3:46’14、距離:81.71km、平均:21.6km/h、MAX:46.9km/hでした。80km以上をしばらくぶりに走ったせいか太ももが疲れています。

次は会社(芝公園)まで行って見ましょう。初めての100km越えに挑戦です。ね!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

一寸お散歩のつもりが

5月4日明日から天気が悪いというニュースで「一寸散歩に行ってくるよ」と家を出て、さてどこに行こうか走っていると金沢八景方面に向かっていたので「そうだ金沢文庫に行こう」と思い立ち走りだしました。

京浜急行金沢文庫駅まできましたが、金沢文庫に行ったのはもう十年以上前なのですっかり道も変わり全く判らず、「エイ!なら横浜の三渓園にいくか!」となって国道16号線を横浜目指して北上しました。

01 国道16号線はやはり連休の中なので大渋滞!左側を注意深く走りました。心配した谷津坂は大したことなく上ってここ屏風ヶ浦で高速をくぐります。あとは本牧側に道をとれば湾岸線の下の片側3車線の広い道をひたすら走ります。この高速下の道は高速をくぐってくるせいか結構風が強くスピードはイマイチでないでしたが、車が少ないのは良かったです。

02 程なく三渓園の看板が有ったので左折して余り広くない道に入りました。曲がったは良いですがその後の看板がなにも有りません、心配になってバス停の路線図を見ても書いてないので近くで大型バイクを止めた人に聞くと「後信号2個くらい行くとあるよ」との事その通り2個目の信号に駐車場整理の人がいて、曲がったところに大きく三渓園の看板がありました。

03 信号を曲がってから500m位で三渓園の正門に到着です。駐車場は余り広くないようで車はお勧めできないようです。私も以前何回か来た時は横浜市営バスで来ました。

04 門の前の様子です。中には昔の大金持ちの方が広い園内に京都から三重の塔を移築したり、素晴らしい庭があったりと1日楽しめる所ですが、今日は一寸のつもりで家を出てきたのでタッチアンドゴーで戻ります。

05 周辺地図ですが、横浜を中心に書いてあるので三渓園は地図の下の方にあります。

帰りは来た道を戻りますが、なんと大分手前の本牧プール辺りに南門があったのを発見して大分大回りしたのだと気がつきました。でもやっぱり正門から入らないと感じが違いますよね。帰って三渓園まで行ってきたというと完全に飽きれられてしまいました。お散歩にしては遠すぎ!?

今日の走りは、所要時間:2:09’42、距離:48.92km、平均:22.6km/h、MAX:46.1km/hでした。次はゆっくり1日園内を散策しましょう。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ご近所ポタ

5月2日一寸空いた時間にご近所をポタしました。

01 小生の住んでいるハイランドの坂を下りると坂東三十三観音第2番札所の岩殿寺があります。入り口に縁起がありました。縁起によると開山は奈良時代のようです。

02 山門です。ここは鎌倉によくある谷戸(やと)になっていて静かなたたずまいです。

03 山門をくぐり納経所を過ぎると観音堂に向かう苔むした階段があります。鎌倉の寺院は谷戸にあるのでどうしても湿気が多く苔むした所が多いです。佇まいは良いですね。

04 観音堂です。観音様と毘沙門天などが安置されているようです。本尊は十一面観音です。良く調べずに着たので余り情報はありません。

05 観音堂から逗子湾を望みます。湾の向こうは桜山でしょうか?写真からも分かるように谷あいに有ります。

06 観音堂を調べた様子が書かれていました。中は二重になっていて表からはご本尊は見れません。

07 境内には熊野権現社

09 猿田彦・稲荷社

08 奥の院がありました。他に観音堂の右手に鏡花の池があります。

10 今度は逗子の街を抜けて渚橋から逗子海岸に出ました。連休の中の平日ですが海岸は意外と人が多いです。

11 特に逗子海岸は波が無いのでウィドサーフィンが多いです。湾の形が

Photo 南西にツボのようになっているので湾から外に流されることも少ないようで、初心者にも安全ですし遠浅なので乗るのも楽で練習にはもってこいとの事です。

12 鎌倉側に徳富蘆花の小説「不如帰(ほととぎす)」の碑があります。渚橋付近には蘆花記念公園もあります。また逗子はこの関係で群馬県の伊香保と姉妹都市になっています。市内には浪子饅頭というのもあったと思いますが食べたことはありません。

と小生の住んでいる逗子をすこしご紹介いたしました。小さな町ですが海と山に囲まれた空気の綺麗な町です。夏は海に遊びに来る人で道路が渋滞してしょうがないですが朝早く出て帰りは19時過ぎに移動すれば問題有りませんよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

チェーンクリーナを探す

5月1日昨日三浦半島を回ったときに右足にチェーンの汚れがついて愕然として一念発起!「チェーンを洗おう」ということになりインターネットを調べて買いに走りました。

まずは「あさひ」ならあるだろうと辻堂のあさひに向かいます。

Dscf35201 鎌倉の滑川から国道134号線に出ました。鎌倉海岸由比ガ浜は人が沢山いてバーべキューやお弁当を食べているのでトンビが沢山ぐるぐる回って飛んでいました。

Dscf35211 江ノ島を抜けて浜見山の信号に来ました。

Dscf35221 浜見山の陸橋を登ると江ノ島が良く見えて1枚。

Dscf35231 浜見山の交差点を右折して辻堂駅に向かって走ると左に湘南工科大学があります。少し行くと正月の箱根駅伝で走る道に出ます。

Dscf35241 そこを右折してしばらく行くとあさひがありました。が!ここにはチェーンクリーナーは無く、聞くと町田にあったかな?とのこと。岡山県では倉敷のあさひにあったのに・・・と言うことで今度は国道134号線を戻って滑川を通り過ぎ、材木座の登りのトンネルを抜けて逗子湾を通って逗子の街に入りました。逗子のヒラコーに行き聞いたところ、「あれなくなってる。今度入れときます」との事であえなく連休中の洗浄はお預けとなりました。

今日のはしりは、所要時間:1:28’22、距離:30.94km、平均:21.0km/h、MAX:43.5km/hでした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

三浦半島ポタその2

4月30日連休に突入して天気が余りによいのでちょいと近場で三浦半島一周に出かけました。今回は前回拠れなかった所にも一寸拠って見ました。

01 もう一つ単身赴任で帰省にはANAに乗っていましたが搭乗券2枚でサービスが4月30日までだったので今日中に3枚引き換えをします。今日は9時ごろ家を出発です。何時もより早いですね。

02 前回と同じくJR逗子駅からJR東逗子駅を通って船越から国道16号線に乗り一寸怖いトンネルをいくつも抜けて横須賀へ急ぎます。

03 ショッパーズを過ぎると右が京浜急行横須賀中央駅に続く中央通りです。横須賀はJR横須賀駅周辺は寂しい?ですがこちらの京浜急行側が栄えています。(三浦半島はどこもそうですが)

04 三笠公園から16号線を離れて海岸道路を行くとLIVINGの向かいにゴルフパートナーがあります。ここでゴルフボール3個と引き換えです。1回入場で1回しか使えないのであと2枚は他で交換です。

05 国道16号線に合流して観音崎にでました。今日は観音崎灯台を見学します。急な坂を上ると取ってつけた様なトンネルがありました。

06 これは砲台の跡で2門の24cm砲の間にトンネルを作っていたのだそうです。東京湾入り口の守りのために作ったとの事です。

07 灯台へは岩を削った道や山の中のような道が続いています。ここを抜けると海が開けます。

08 観音崎灯台です。明治時代に我が国初の洋式灯台として明かりがともって今は3代目との事です。小さい時に「おおいら岬の灯台守は~」という木下恵介監督の名作映画「喜びも悲しみも幾歳月」を見たのを思い出します。

09 灯台から見た浦賀水道です。対岸の千葉県房総半島は霞んでいます。

10 浦賀湾です川のように細長い湾で左の白く見えるところが渡し舟の発着場です。

11 ペリー来航記念碑。道路の脇にあるので直ぐに判ります。東京湾フェリーの直ぐ近くです。

12 今日はゴールデンウィークといっても平日なので流石に三浦海岸も空いています。自転車とも余りすれ違いません。左の旗が見えるでしょうか?風が強くて自転車があおられ参りました。

13 三浦海岸の信号です。前回はここを左(真直ぐ)に行って剣崎方面から三崎に向かいましたが今回は右に道なりに行きます。

14 程なく上りが続き丘の上に出ました。三浦半島の南側は台地になっていて大根やキャベツが有名と言いましたが、この辺りもキャベツ畑が沢山あります。

15 引橋の交差点です。右に行けば国道134号線で逗子へ、今回は左へ行って三崎を目指します。

16 以後三崎までは略下りで途中の城ヶ島方面と分かれて三崎港に坂を下りてゆくと京急バスのターミナルを過ぎてすぐ左折して更に下って海に出ると三崎産直センターに出ます。この辺りいったいにまぐろや地魚の料理を出すお店が沢山有ります。

17 私は産直センター向かいの立花別館に入りました。

18 まぐろ料理も色々あって驚くばかりですが、どれもスポーツの途中に食べる感じではないし高い!のであちこち色々見ましたが、

19 この立花には我々に優しいランチメニューがあって気に入りました。早速中に入るとやっぱりお昼時、前に3名程待っています。後ろに座って待っていると、サイクルウェアに身を固めたおじさん達10人位が2階から下りてきて出て行きました。私は近くなので飛び込みですが、皆さんは大勢なので予約してきたとおもいますが結構このお店当たり?

20 まぐろの二色定食です。違う種類のまぐろを使って漬け丼になっています。美味しかったです。

21 お腹もきつくなったのでそのまま三崎港を走っていくと三崎の市場がありました。この辺りにはまぐろや地魚の販売センターがいくつかあります。

22 海岸沿いに走って行くと油壺に出ます。ヨットが多いですね。

23 県営油壺ヨットハーバーです。日本のヨットのはしりは逗子のあぶづる港、葉山マリーナ、この油壺で育ったようです。ここ油壺は湾の懐が深くて小さい時聞いた話では大きな台風が来た時は近くの船は皆ここへ逃げ込んでくるそうです。また東京オリンピックでは江ノ島にヨットハーバーを作ったので三浦半島はヨットなどのマリンスポーツのメッカになったようです24

油壺の上りを上がりきり左折すると京急油壺マリンパークに着きます。三浦半島では江ノ島とこの油壺が水族館・イルカのショーで有名です。ほかに魚の学校というのもあったと思います。

25 国道134号線の戻る途中見事な藤棚がありました。素晴らしい!

26 国道134号線を北上して引橋を通過し武駐屯地から林交差点を左折し更に佐島方面に国道から離れます。少し登りのあと下って海沿いの道を行くと佐島港があります。向かいは荒崎・長井の浜です。

27_2 少し行くと「左 佐島マリーナ」という看板があります。佐島マリーナは森繁久弥が作ったマリーナでその後日産が買い取って続けていると聞きましたが、今はどうでしょうか?最近は小生も海に出ていないのでそのあたりの事情は判りません。

28 港の出入り口です。出来立ての頃はここに大きな岩があって大きなヨットが出れないとの事で爆発してどけたという話です。いまでもこの入り口は狭いですね。

29 天気もよいので近くの釣り人と一緒にここで一休みです。水色が海の色と合って良いですね。なんて・・・

30 佐島から国道134号に向かう途中に淡島神社があります。3月3日の祭礼の時には大変にぎわって安産などのお札をもらいに来る人が引きも切らさないと言いますが、今は完全にOFFなので人もいません。

31 境内に猿田彦大神と書かれた碑がありました。所で淡島神社の祭神は少彦名命(すくなひこなのみこと)です。

32 これが本殿です。小さな本殿ですが歴史は古いようです。

33 さて国道134号線を更に北上して立石海岸に遊歩道のような公園ができていたので一寸拠ってみました。岩の感じといい綺麗な余り大きくはない公園です。

34_2長者ヶ崎を過ぎて御用邸の信号を直進し葉山の町に向かっていくと裕次郎灯台が見えます。先に見えるのは江ノ島です。

35 このまま海岸沿いを走ってビーチサンダルで有名な「げんべい」の前を過ぎて葉山マリーナを左折すると「あぶづる港」に出ます。ここは江ノ島と同じく学生のヨット部が良く使っている港で逗子開成高校の生徒が沢山台車に荷物を積んで運んでいました。

36 もうここからは10分程で家に着きますが最初のANAの券の引換に大船の駅前にあるコナカに行きました。コナカカードにポイントを入れてもらい、今度ネクタイでも買いましょう。

37 こちらは同じく駅前のヤマダ電器です。こちらはコスメセットと交換ですがコナカで2回分変えてくれたので助かっちゃいました。

今日は天気も良くて道も比較的空いていて楽に走らせてもらいました。

本日の走りは、所要時間:3:42'30、距離:76.30km、平均:20.51km/h、MAX:43.7km/hでした。

また大船往復は、所要:0:57’19、距離:17.8km、平均18.6km/h、MAX:43.7km/hでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »