« エコ通勤9 | トップページ | お遍路高野山へお礼のお参り »

輪行お遍路第86番志度寺~第88番大窪寺結願

急に暖かくなってきました。このときとばかり残った最後の3ヶ寺に挑戦です。

昨晩はいつものお店で飲みすぎて自転車を輪行袋に納められず、朝から仕度から始まりました。

01 8:05総社発の吉備線で岡山駅まで行きました。吉備線は総社発岡山行きなので自転車などの大きな荷物を載せるには丁度良いです。

0215 岡山からはマリンライナーでいつものように瀬戸内海を渡ります。

03 今日は大分遅くマリンライナー15号に乗ります。高松行きなのでまたまた始発から終点までです。

04 輪行袋はいつものように座席に括り付けて倒れないようにしています。

05 車窓から瀬戸内海を見ます。天気は良いようですが、大分ガスが出ています。良く晴れた時は遠くの方まで島波が見えて良い景色ですが、残念です。

06 高松駅から高徳線各駅に乗り換えますが乗り換えが最初から2分なのに岡山駅で遅れている山陽線を待っていたので、高松駅では自転車を抱えて走った走った!帰ってから重さを量ったら、今日の荷物は締めて18.3kgでした。お遍路荷物もありますしね。。。

乗った高徳線は1両のワンマンでした。

07 JR志度駅に到着です。

08 JR志度駅は特急も止まる駅員さんのいる駅です。観光案内所もあります。ワンマン列車は無人駅では前下りなので一所懸命車内を一番前までふらつきながら歩きましたが、志度駅は駅員さんがいるので移動する必要は無かったようです。

09 雨上がりで道路が濡れているので駅前のバイクショップの横の乾いたところをお借りして自転車を組み立てました。親切なお店の方ありがとうございます。

10 第86番志度寺の駐車場に着きました。駐車場の横に海女の墓があります。

1186 海女の墓の説明です。藤原不比等が恋した海女のようです。

1286 海女の墓の横に高浜年尾の句碑がありました。

1386 駐車場から入るとまづ五重塔があります。ん~立派ですね!

1486 本堂に団体が納経していたのでまづは鐘を突かせていただきました。「後鐘突くな」と言いますので本日の一番に突いて、良い音がしました。

1586 鐘楼です。境内の堂宇は殆どが国や県の重要文化財になっています。

1686 鐘楼の先に仁王門があります。古い町並みから来るとこの門をくぐることになります。私も入りなおしました。

1786 山門の扁額です。補陀落山、本尊は観音さまです。開基は先程出てきた藤原不比等です。

1886 奪衣婆堂です。これも県の重文です。

1986 本堂です。

2086 大師堂です。

2186 大師堂に並ぶ護摩堂です。

小さいですが歴史を感じさせる堂宇があります。

2286 志度寺は海の直ぐ脇にあるので海を感じさせるものが多いですね。

ここからは真直ぐ県道3号線で長尾寺に向かいます。

2387 途中道の横に第87番の奥の院玉泉院があります。

2487 小さなお寺ですが、日切り地蔵が祀ってあります。一願の錫杖を回し数珠を一周させました。

2587 第87番長尾寺に着きました。表通りから一本入った通りにあるので何回か行ったり来たりしています。この仁王門の手前には

2687 こんな石が両側にあります。

ここの仁王様は志度から歩いてここまで来たそうです。

2787 長尾寺の本堂と大師堂です。境内は堂宇が少ないですが、かなり広く駐車場も広いです。また境内の中に静という休憩所があります。

2887 本堂です。

2987 大師堂です。お勤めの後本堂の横を見ると塚があります。

3087 静御前が義経亡き後母の出身地であるこの地に来て長尾寺で尼になったとの事で、剃髪塚があるそうです。

納経所で「今日は暖かいですね」と話かけると、「車で来ましたか」と聞かれたので「自転車で来ました」と答えると「最後の88番は一寸問題がありますね」と意味深な言葉をかけられました。

でもこれで最後です。いよいよ第88番の大窪寺を目指します。

大窪寺は山の上にあるのでここからは登りです。まずは緩い登りが続きます。

31 少し急になって前のギヤを一番小さくして暫く登ると前山ダムに出ました。綺麗な湖です。釣りをしている人がいます。のんびりしていますね。この駐車場には地域センターのほかに

32

お遍路交流サロンがあります。

33_2 向かいの道の駅から撮っています。

34 お遍路交流サロンの中にはお遍路のいろんな歴史や貴重な展示物があり、このような88ヶ寺がランプ表示される四国のジオラマもあります。ボタンをおしてランプが点くと思い出が出てきます。係りの方にお茶と飴を戴きました。飴の甘さがありがたいです。

35お遍路交流サロンで見送ってもらい走り出すと直ぐに坂が急になってきました。見上げるとこれから行く山々が見えてきます。

額峠を越えると軽い下りになり多和の村落に入ります。ここで信号を左折するとまた坂が急になって延々と続きます。前にトンネルが見えると左折して大窪寺の第一駐車場という看板が見えます。

この坂を上りきると大窪寺の山門が見えてきました。

3688 第88番大窪寺に到着です。

3788 一寸引いてもう一枚撮りました。

3888 駐車場(大師堂)側の山門です。ずいぶん立派で新しいです。

3988 駐車場側の手水場です。

右に本堂・納経所と書いてあります。

4088 鐘楼です。一つ打たせていただきました。

4188 大きなお大師様です。横に小さなお大師様が沢山奉納されていました。

4288 大師堂です。前に屋根が伸びていて雨の時などは助かります。

4388 お大師様が錫杖を納めたという宝杖堂です。沢山の杖が納められています。私も持っていますが、自転車では運べませんでした。

本堂です。

4488借景に見事な山を配して良い佇まいを持っています。

直ぐ横のお堂が阿弥陀堂です。

4588 4688本堂の中は日が入って明るくなっています。大分老眼がきているので助かります。

ご本尊は薬師如来です。山号も医王山です。

ここで最後のお勤めを済ませました。

4788 本堂の横に納経所があります。いつものように納経帳にご本尊を書いていただき、結願証(2000円)を書いていただきました。結願証と一緒に筒ももらえるので賞状を 丸めて中にしまいます。

やっとお遍路も四国一周が終わりました。

4888 本堂側の古い山門をくぐって

4988 山門を見上げると感慨深いですね。

54 山門の階段を下りたところに八十八庵というみやげ物やがあります。車で先程自転車を降りたところから更に坂を下るとここへ出てきます。でもここまで来るとみやげ物やさんの駐車場しかありません。

50 メニューです。ここはテレビでも何回か放送されたところで名物は「打ち込みうどん」です。

早速私も名物打ち込みうどんを頼みました。

51白味噌仕立ての煮込みうどんで山梨の「ほうとう」のようですが、もちろんかぼちゃが入っていないし甘くはありません。でも疲れたのと、山を登って大分汗をかいたので一気にいただきました。

暖かいお茶も沢山戴きました。親切にしてくれた沢山のおばさんありがとう。

52 八十八庵の中に段飾りの雛人形がありました。もう直ぐひな祭りですね。

5388  お腹一杯でお店を出ると階段の向こうに山門が見えます。そういえばNHKのてくてく旅で最後に四元奈緒美がこの階段から入って行きましたね。

5588 自転車を置いた駐車場まで戻り今来た道を戻ります。

大分登ったので帰りは凄いスピードでひたすら下りです。

56 多和を過ぎて登りが始まりやっと額峠まで来ました。ここからはふもとまで一気に下りです。

57 暫く下ると大師の水がありました。

この森は木が沢山あるので湧き水は多そうです。

58 ペットボトルで汲んでいる人もいたので一口戴きましたが、そんなに冷たくは無かったので普通な感じでした。冷やすと美味しいのでしょうが。。。

手と肩が痛くなるほど下って平らなところまで来たのでここから高松を目指します。

本当は栗林公園にも行って見たいですがもう既に3時半を回っています。列車は本数が少ないので待って乗っても高松まで走っても着く時間は同じなのでガンバッテ走ります。余り上り下りも無いので快調にはしります。

少し日が翳った5時頃高松駅に到着、直ちに解体して輪行袋におさめます。

5952 高松駅に入ると丁度マリンライナー52号が出るところで調子よく乗って岡山からは10分待ちで伯備線にのり総社に戻りました。

60 本日は最後の第88番大窪寺までの登りが結構きつかったですが、やっと結願(けちがん)できて良かったです。

この勢いで、明日は高野山に行きましょう。

本日の走りは、

所要時間3:14’00。走行距離61.36km。平均速度18.9km/h。MAX47.2km/h。でした。登りは7km/h~12km/hでしたから下りと高松までが(28km/h~33km/h)かなり平均値UPに貢献しているようです。

|

« エコ通勤9 | トップページ | お遍路高野山へお礼のお参り »

巡礼」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517801/44086724

この記事へのトラックバック一覧です: 輪行お遍路第86番志度寺~第88番大窪寺結願:

« エコ通勤9 | トップページ | お遍路高野山へお礼のお参り »