« 五色台:お遍路第82番~第77番 | トップページ | 初詣:元旦早朝の鎌倉鶴岡八幡宮 »

サイクルウェア購入記

今年の暮れも押し迫って大変寒くなってきました。そこで年末帰省した時に東京の御徒町へサイクルウェアを買いにいきました。

20081230db_2会社の仲間から事前に「御徒町のDB BOXにウェアが多いよ」と聞いていたので、まっすぐ御徒町に降り立ちました。ここは有名なアメ横がありますが、全く脇見もせずに向かいました。

御徒町は上野と秋葉原の間の下町で外国人も含めいろんな人がいて一寸怖い人も沢山見かけます。駅を下りて狭い商店街を入ると直ぐにDB BOXがありますが、こちらは山登りなどの道具の専門店でこの先の一寸入ったところに目指すDB BOX ANNEX館がありました。

20081230db    中へ入ると目指すサイクルウェアは5Fです。2階まで中階段を登って後は外階段で5Fまで行きました。

フロアーは余り広くないですが、今まで行った岡山のお店よりも沢山のウェアがあっていったいどれを選んだら良いかまた判らなくなってきました。そこでまたまた若葉マークの強みで「初めて冬走るのですがこれから3月位まで楽しむにはどんなウェアを選べば良いですか?」と店員さんに聞きました。店員さんは親切に色々なパンツや上着を出して色々と説明してくれました。そこでパンツは一寸寒くてもはけるしっかりしたものを、上着は春先まで着れてウィンドブレーカーを併用することにし、試着して購入しました。払いはカードです。(アキバなどに行く時は大金は持って行きません)

20081230db4f4Fは自転車と部品が沢山置いてあります。チューンナップもしてくれるようです。フロアが余り広くないので自転車の種類は余り多くないですが、靴は結構種類が多かったです。

その下の階も色々な山関係のものがあり楽しめました。

さてどんなウェアを選んだかというと、、、

200812306001smt  パンツです。

パールイズミのウィンドブレークタイツ6001SMTというタイプです。パンツは殆どが黒ばかりで一寸寂しいですね。冬のウェアはこんなものでしょうか?白い部分が厚くなっていて大分暖かいとの事です。

20081230nalini 20081230nalini_2上着はNaliniのものです。

フロントスタイルとバックスタイルです。

20081230montane  ウィンドブレーカは荷物になるので出来るだけ小さくなって軽いものが良いのではないかと考えてMONTANEのJetstreamにしました。パラシュートなどにも使っているという超軽量75gが気に入りました。

早速正月1日の朝これを着て実家の近くの鶴岡八幡宮に初詣に行くことにしました。

|

« 五色台:お遍路第82番~第77番 | トップページ | 初詣:元旦早朝の鎌倉鶴岡八幡宮 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

年末年始はリフレッシュされたみたいですね。
ボクは近場を走り初めしようかと考えていたら風邪を引いてしまい、昨日まで38~39度の熱が出てました。
さすがに39度超えた日は仕事を休みましたが、食事を作ってくれる人もおらず、単身赴任のつらさを実感した年明けとなりました(笑

投稿: ゆうなおパパ | 2009年1月 8日 (木) 23時51分

ゆうなおパパさん今年もよろしくお願いします。年末は24日から実家に帰ってのんびり?掃除の毎日でした。明けてからは元日以外は親戚参りと忙しく4日に同じくのどが痛くなり現在ものど飴とのどぬーるスプレーを離せません。ランドナーの走り初めは来週になりそうですね。今年はあちこち走り回りましょうね!(山は牛歩になりそうですが・・・)

投稿: ramble | 2009年1月 9日 (金) 00時08分

おおー、カッコイイのを買いましたねー。なかなか鮮やかな色使いですね。次の機会に是非見せてください。上着はウィンドブレークタイプを買ったのでしょうか?防寒性能はいかがですか?私もウィンドブレークタイプを持っていますが、重ね着をしなくて済むので、身軽な感じになれるのがいいですね。

投稿: bjun | 2009年1月 9日 (金) 23時15分

bjunさん今年もよろしくお願いします。ウィンドブレークタイプでパラシュート生地で基本と超軽量があり、やっぱり荷物にならないのが良いのではないかということで選びました。雪がちらついてビビリ気味ですがそろそろ走り初めですね。

投稿: ramble | 2009年1月13日 (火) 22時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サイクルウェア購入記:

« 五色台:お遍路第82番~第77番 | トップページ | 初詣:元旦早朝の鎌倉鶴岡八幡宮 »