« イタリアン「湯田園」 | トップページ | 東城まちなみぶらり散歩ギャラリー »

帝釈峡の紅葉

今年の紅葉は最高だよ!という声を聞いて11月1日帝釈峡へ紅葉狩りにいきました。

朝7時過ぎに東城に着きましたがあたりは霧で真っ白!という訳で東城のお友達と(今日会ったばかりですが)お話の輪が出来て、8時半ころやっと晴れてきたのでもみじ橋を目指して進みます。

2008_110101 2008_110102 2008_110103 もう直ぐ帝釈峡というところで辺りは大分色づいています。

車を三坂駐車場に置いて、散策の道を神龍橋へ向かいます。朝の帝釈峡は晴れやかで気持ちが良く、山も映えています。

2008_110104 枯葉の敷き詰められた木漏れ日の道を歩くとまもなく神龍橋に着きます。風が無く橋が水に綺麗に写っています。橋から上流を見ると朝日に映えてきれいです。

2008_110105

橋を渡り上帝釈に向かうと直ぐに看板がありがけ崩れのため川岸は通れず迂回路を行くように書いてあります。

暫くは広い良い道でしたが、別れ道を迂回路の方に向かうと木の階段が続きます。300段程ですが、急坂を上ったりと汗だくになりながら行くと、やっと坂の上の東屋に着きました。

2008_1101062008_1101082008_110110_2

2008_1101112008_110146迂回路の道も広くて略整備されています。この辺りは家もあって山は里山になっており、ヒノキ林や栗林それに竹林など下草を刈ったり間伐をしてあって綺麗になって気持ちが良いです。  2008_110114 2008_110115 2008_110112

2008_110117 2008_1101211 2008_110122 2008_110123 暫く里山の道を歩くと行きと同じような急な階段を谷まで一気に下りてます養漁場に着きました。やっと川まで下りると素晴らしい景色がありました。上帝釈の道を周りの景色を見ながら更に登ると断魚渓が有ります。

この橋から観た川の景色も素晴らしいです。

2008_1101251 2008_1101262008_1101274 2008_1101307  2008_1101285 更に登っていくと自然石の雄橋に来ました。大きな見事な橋ですね。岩のトンネルとしても良いですね。ここから先も紅葉が更に色付いて綺麗な景色が続きます。

2008_110131 2008_110132 2008_110134 鬼の供養塔、唐門、と通って白雲洞まで来ました。ここは鍾乳洞です。

白雲洞から引き返して下帝釈を目指します。

2008_1101358 2008_11013710 2008_1101392 2008_110141 2008_1101423 雄橋を上流から見ます。アーチになった橋の様に見えますね。名勝の碑も横に苔むして建っています。

2008_110145 2008_110147 2008_110148 帰りもやっぱり300段程の階段と急坂を登って行きの坂を今度は下りて行きます。結構膝に来ますね!

やっと神龍橋にでて来ました。横を二人乗りの自転車が抜いていきます。この二人は一緒に上帝釈から階段を上り下りして来た人たちです。なかなかタフですが、かなりへばっていて帰りは・・・根性ですかね。

2008_110150 2008_1101523 2008_110153 2008_110155 11時過ぎて大分人が多くなっています。歴史民族資料館の辺りのおそばやさんで鮎そばを食べました。みりん干しの鮎が6匹入っていました。

いよいよもみじ橋から下帝釈のダムに向かって進みます。

2008_110157 2008_110158 2008_110161 2008_110163 2008_110165 少し行くと岩山の上に薬師堂があります。この岩山は川に向かって断崖絶壁のようです。石灰岩がごろごろしています。この辺りまで来ると紅葉が益々色づいて来ました。

越後と書いた辺りからみた帝釈川も両岸の紅葉が綺麗です。民家の柿も葉が全部散って赤くたわわになっています。形から渋柿の様ですが。軽自動車なら走れるような道をずっと歩いてきましたが、いよいよダムの方にみちが分かれます。

2008_110166 2008_110167 2008_110168 直ぐにヒノキなどのやはり手入れの行き届いた林に入ります。だんだん辺りは暗くなってヒノキの林を抜けると山道です。もうハイキングコースではありません。倒木があったりくもの巣があったりと先程駐車場で「熊に注意」の看板が頭をよぎります。

雑木林を抜けると今度は岩を削った急なつづら折れの坂が川の下まで一気に続きます。もうこの辺りでは膝が笑うどころか結構厳しくなってきました。やせなきゃね!!

2008_110169 2008_110171 2008_1101721 2008_1101742 2008_1101753 2008_1101754 2008_1101775

途中下流が開けたところで眺めるとこの辺りは川幅が狭く急峻なことが判ります。

足を引きずりながら坂を折りきり素彫りのトンネルを抜けるとご褒美か素晴らしい景色が広がっていました。う・美しい!ここまで歩いてきた甲斐がありました。ここまでの林を抜ける道は人が最近歩いた気配が余り無かったのでここまで来る人は少ないのでしょうね。休みながら湖を眺めていると遊覧船が前でUターンしていきました。今日は土曜日ですが結構人が乗っています。

2008_110178 2008_110179 2008_110187 2008_110188 2008_110541帰りは行きに足を引きずって駆け下りた急な岩の坂を上ります。そして暗い林に入りますが、道が良く判りません。そうだ倒木が、、ありました。役に立ちますね。急いで行きに来た道を戻ってくるともみじ橋から三坂駐車場までの道の紅葉も綺麗でした。

歩いた距離はマピオンの距離測で測ると

三坂駐車場⇒白雲洞⇒もみじ橋:12km、もみじ橋⇒帝釈ダム⇒三坂駐車場:7kmで約19km歩いた様です。

今日は帝釈峡の紅葉を堪能させていただきました。来週には上帝釈の方まできっと紅葉で一杯でしょう!

帰りは東城で「まちなみぶらり散歩ギャラリー」 をやってるとと情報があり一寸寄ってから帰ります。

|

« イタリアン「湯田園」 | トップページ | 東城まちなみぶらり散歩ギャラリー »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

rambleさん、こんばんは。
まっ、まさか、そんなハードなルートを開拓していたとは…。
全く存じ上げず、「中心部のギャラリー歩いてみませんか」なんてノーテンキな電話して申し訳なかったっす。
今度は、ちょっと遠回りにはなりますが、車や自転車が走れる迂回ルートをご案内しますね(起伏はありますが…)
ちゃんと説明しなかったボクが悪かったです。ごめんなさい。

投稿: ゆうなおパパ | 2008年11月 4日 (火) 23時57分

ゆうなおパパさんこんにちは、そんなことはありません。コースは色々なHPを見て自分で決めたので問題有りません。上帝釈まで自転車が使えなかったのは残念ですが、、おかげで植林されたヒノキや竹林が見れて久しぶりに山を大切にする姿にうれしく思いましたし、色々な出会いがあって楽しかったです。今日会社の朝礼で私の番だったので帝釈峡の宣伝をしておきました。
まちなみぶらりももよかったです。普段通り過ぎるだけの街が生き生きとしてきました。
ありがとうございます。私は懲りないのでご心配なく。

投稿: ramble | 2008年11月 5日 (水) 20時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517801/42999744

この記事へのトラックバック一覧です: 帝釈峡の紅葉:

« イタリアン「湯田園」 | トップページ | 東城まちなみぶらり散歩ギャラリー »