« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

日生カキオコお試しに行きました。

岡山県備前市の日生へカキオコを食べにいきました。

カキオコ研究会HPhttp://www.geocities.jp/kakiokonomi/kakiokonomi_1.html

カキオコ「日生のカキお好み焼き食べて来ました」http://portal.nifty.com/2007/02/02/c/

を見ているうちにとにかく食べて見なくては・・・という事で早速日生に向かいました。

2008_1123 総社から赤穂行きの電車に乗って1時間半余りで日生に着きました。

2008_1123_2 2008_1123_4 岡山を過ぎてずっと山の中を電車が走っていましたが、急に海が見えたと思ったら日生です。

2008_1123_5  早速上記HPにあった駅前の観光協会に寄ってカキオコ案内地図を貰いお店に向かいます。まずは今回はお試しなので有名な浜屋と安良田を目指しました。

2008_1123_6 2008_1123_7最初浜屋に行きました。ここは席が5席しかないのに沢山の人が表に待っています。

これは一寸大変との事で席数15の安良田に行きました。前に3人待っていましたが、30分位経って4人出てきましたので中をのぞくと席に座れず中で待っていた人が沢山いただけで全然空いていません。結局日曜日の16時という中途半端な時間に関わらず40分まってやっと座ることができました。

2008_1123_9

カキオコとやっぱビールを頼んで暫し待つとやっと小生のカキオコを焼き始めました。

まづは小麦粉を溶いたもの?を鉄板にかけて直ぐにキャベツを混ぜて大きなカキを沢山鉄板に乗せて焼きます。そしてそのカキをキャベツの上に置き、その上に溶いた小麦粉?を掛けて焼きます。卵を焼きその上にカキオコを乗せ裏返して小生の前に運ばれます。なんとシンプルな!特性ソースを塗るとオカカ、青海苔、紅しょうがを掛けお好みでマヨネーズをかけました。

小さな返しで切って口に入れると大きなカキが口いっぱいに入って「ハフ!熱!美味い!」普通はカキが「ブチュ!」となりますが全くそんな事は無く、そのまま入って行きます。ビールを飲みながらおいしいカキオコをたべながら至福の時を過ごします。

やっぱカキって美味いよな!次は数人でおっぱい焼きもいいですね!

2008_1123_10 後に待つ人も沢山いたので早々に引き上げるともう辺りは真っ暗です。

今回お試しで来ましたが安良田のお姉さんによると「11月なのにカキが大きくて」と言っていましたが、本番は1月・2月との事でその頃の平日に今度は来たいですね。。

いや!美味しくいただきました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ヒートテックで鷲羽山ポタリング

この冬は薄着で。。。UNIQLOのヒートテックを買ってお試しにポタリングに行きました。

2008_1121 2008_1121_2 2008_1121_3 前日会社をさっさと出て倉敷のイーオンにあるUNIQLOにヒートテックを買いに行きました。

あんなに宣伝してるのに結構ばらばらに置かれ、種類も意外と少なかったです。

でも取敢えず試しにタートルネックのシャツとズボン下、靴下を購入しました。

数日前旧友からのメールで「荒井yumingの映像がユーチューブにあるよ」という情報で早速見ている内に海を見たくなって(海を見ていた午後)早速行き先は鷲羽山に決めました。

012008_1121  022008_1121 032008_1121 042008_1121先ずは高梁川を南下して倉敷から水島緑地福田公園に着きました。

ここは沢山のグランドやテニスなどの球技場や体育館などスポーツ施設が整っています。平和の鐘でスナップ。今日のいでたちは、勿論ヒートテックの上に一寸厚手のシャツに下はジーパンです。まだスポーツ着を持っていないのでコンナものです。

052008_1121 国道430号線の岡を登ったところで水島の工場地帯が見えてきました。

大きな工場が立ち並ぶ中を走っていくといくつかのアップダウンがあって高速道路をくぐったところで県道21号?の山に登ります。

062008_1121 072008_1121 登りきったところに分かれ道があり、海は下津井方向に行くと下り始めると直ぐに瀬戸大橋が見えてきました。

そのまま坂をどんどん下りていくと、

082008_1121 092008_1121 102008_1121 下津井の港に着きます。ここは瀬戸大橋の真下!橋梁が大きく見えます。

毎月渡る橋ですが下から見るとやっぱり大きいですね~!

112008_1121 122008_1121 132008_112 そこからは鷲羽山まで登りの連続です。どんどんうねうねと登っていくとユースホステルを過ぎて岬の先端の日切り地蔵につきました。

ここは岬の先端だけあって270度瀬戸内海が楽しめます。

またここはお大師様だったのでお勤めをさせて貰ってから海を見ながらお昼を食べました。天気も良くてキ~モチイイ~!

142008_1121 ゆっくりしたところでそろそろ帰らないと今夜の先輩の定年の送別会に間に合わなくなります。ゆっくり走っていくとなんと鷲羽山展望台の看板が、早速上って見ました。

152008_1121 162008_1121 さすが鷲羽山展望台は更に数十メートル登ったので景色が良いです。

景色を胸いっぱい吸い込んで、山を一気に下ります。

172008_1121 下り終わって真っ直ぐな道を行くと変な建物が?まるでスターウォーズに出てくるような建物です。直ぐに電光掲示板が見えて、ここが児島ボートと判りました。今週は開催日のようですごい歓声や人が沢山います。

ボートを過ぎたところでまた430号線方面に左折して来た道を帰ります。

行きは3時間余り迷いながら走りましたが、帰りは全く迷わず真っ直ぐ戻ります。

182008_1121 高梁川まで来ると川一面に沢山の鴨が泳いでいました。この辺りは流れが緩やかなので水鳥の多いところです。

和みながら日も暮れて暗くなってきたので、送別会に間に合うように祈りながら急いでかえりました。

本日の走り

正味走行時間:3:40’53。距離:72.69km。平均:19.7km/h。Max:36.7km/h

出発:12:12。日切り地蔵着14:40。出発15:10。帰宅:17:08

でした。永の出張で乗れてなかったので久しぶり疲れました。

ヒートテックは今日は暖かかったので余り威力を感じませんでしたが寒いという感じはありませんでした。今度は通勤で試してみませう。

明日は・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

出雲の旭日酒造

以前出雲の石州でご一緒した旭日酒造の社長さんから出雲のサンロードながまちにお店があるよと聞いていたので、今回は早い時間に出雲に入ったので寄ってみました。

2008_1115 出雲市駅北口からまっすぐ5分位歩くとサンロードながまちの仲見世があります。

日曜日に行きましたが、16時位では殆どの店のシャッターが閉まっていました。

通りを中程まで入って行くと佐藤酒店がありました。

2008_1115_2 恐る恐る入っていくと旭日のお酒が並んでいます。若い女の方が出てきて色々とお話を聞きました。

純米で美味しいお酒というと3種類のお酒を出してくれ、利き酒をさせてくれました。あっさり!後味が良い!深い後味。。。なかなかどれも美味しいです。

2008_1115_3 今年作ったお酒は飲んで若いところがありますが1年・2年と経つと非常にまろやかで飲みやすく味わい深くなりますね。

使っているお米も何種類かをブレンドして、今年のものと数年のものをブレンドした「純米酒旭日」を購入しました。

これは上手いで~!

この間東城で買った生熊酒造の超群も美味しいので飲み終わったら直ぐに飲まなくっちゃ!でもここのところ出張続きでいつのめるのやら・・・

また、出雲の楽しみが増えました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

秋祭り。学園祭。金光までのポタリング。

11月2日予定では輪行でお遍路のつもりでしたが、まだ昨日の疲れがふくらはぎに残っていて今日は昨夜行きつけで「うちの秋祭りに来てよ!」「学園祭に来て!」というお言葉に乗せられてランドナーを出していってきました。

2008_110201 2008_110202 まずは秋祭りに飲み友達の会社に向かいます。総社の私の社宅からは5km余り西にありますので総社大橋を渡って県道80号線を進むと川の堤にさざんかの道があります。白い花が咲いていますがちらりほらりですね。全部の木にパ!っと咲くときっと綺麗でしょう。

2008_110203 2008_110204 2008_110205 2008_110206 お祭りの会場に着きました。実はこの会社には総社市内に3つの工場があり、場所を聞かなかったので、一番近いところから順番に行って、最後の3番目の工場でお祭りをやっていました。大きなパネルトラックのあおりを開けて舞台を造り、沢山の家族連れがいます。テントの屋台では焼きそば・焼き鳥・鮎の塩焼き(美味しくいただきました)、もちろん生ビールにジュースなど格安で販売しています。舞台では楽しい催しやピンゴゲームで盛り上がっています。私も散々食べて生を少々いただきました。

2008_110207 なんといっても家族サービスです。子供が飽きないように色々なゲームなどで裏方さんもがんばっています。

この会社は自動車部品を作っているので、各自動車メーカーから沢山の車を展示して説明してくれます。私も新車を久しぶりに見てお話を聞けました。

お腹一杯になったところで少し腹ごなしに総社市の東北方向にある岡山県立大学の学園祭に行きました。

2008110200 2008_110201_2 2008_110202_2  2008_110203_2 2008_110204_22008_110205_2 2008_110206_2 中に入ると噴水の周りに沢山の出店が出展しています。学園祭らしい各クラブの屋台です。殆どが食べ物や飲み物屋さんです。一寸サッカー部でホットドッグを買い食べながら見てまわります。

噴水の広場にはメインステージがあって各クラブが色々な出し物を次々とやっています。学生会館の上では華道や茶道の部の発表があり日本的なところを見せてくれます。

講堂では写真展や私が行った時は合唱部が賛美歌を歌っていました。

講堂を出ると大きなものまで色々な大きさのリコーダで合奏をしています。

うー学祭!という感じですね。気が付きました?この大学、女の子が多いですね。かわいいし。。。

2008_110207_2 体育館の前ではエコ活動や中国電力の電気自動車の展示がありました。三菱と協力して作ったiMiEVです。家のコンセントでも充電できますし充電ステーションでも出来るように差込(コネクタ)が2箇所あります。

1回の充電で160km走れるそうです。

教室での日頃の発表が少なかったので一通り見て回って浅口市金光にあるお遍路のバス会社に行くことにしました。

今お遍路は自転車と車で回っていますが最後の88番目の結願と高野山のお礼はどのようにしたら良いか判らないのでバスで行くことにしています。そのバスの日程を聞きに行こうと思っていました。

2008_110201_3 総社から浅口市金光までは25kmです。1時間位で着けそうです。

また高梁川を渡り真備の町の中を通りまた西へ向かって進みます。谷間の道が近道といつものナビが示すのでゆるい坂をひたすら上っていきました。通っていった橋から見るとこの辺りでは結構釣りをしている人が多くいます。1時間半程でやっとお遍路で行く両備高速観光の金光車庫・事務所に着きました。

2008_110202_3 2008_110203_3 2008_110204_3 一度来たことがあるので近くまで来ると道を思い出して問題なく着けました。今年はうるう年で逆打ちで回る日程があり12月に行けることになりました。

安心して帰りは山を通らず国道2号線を走る事にしました。

暫く行くと金光は金光教の本部があり、2号線からも大きな建物がいくつか見えます。

2008_110205_3 2008_110206_3 高梁川に当たったところで川の堰堤の道を登ります。山陽本線の踏み切りを渡ると大きな橋が在って歩道があったので渡りました。この辺り河口近くでは高梁川も大分大きな威容を見せています。橋を渡ると倉敷市です。そのまま高梁川を上って総社まで帰りました。

一寸のポタリングのつもりでしたが、朝方飲んだ生ビールが悪かった(美味しかったです)のかかなり足を伸ばして、10時から出発して社宅に帰ったのは18時を過ぎていました。

今日も一寸ふくらはぎが張っています。

走っている正味時間が4:12’58。距離:86.11km。平均:20.4km/h。MAX:38.4km/hでした。吉野川以来フロントは大きいギヤで、リアのギヤを軽めにして走っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東城まちなみぶらり散歩ギャラリー

帝釈峡の帰りに通り道でもある東城で「まちなみぶらり散歩ギャラリー」をやっているよとの情報がありふらっと東城に拠りました。

01 02 東城では毎年秋にこのようなお祭りをしているようです。地図にある街の各商店で自慢のものを各々展示しています。

また、11月2日日曜日には秋祭りの「お通り」がありかなり盛り上がるようです。

2008_110103 2008_110104 この花のような各町の飾りを被った人が町中を練り歩くようです。祭りの詳細は良く判りません。でも綺麗ですね。

2008_110107 まちなみぶらりではスタンプラリーも行っていて各町の祠をめぐり手前のスタンプを押して投票しますと何かが当たる?様です。これも楽しみですね。

散歩ギャラリーは古くからあるお人形や着物、明治時代のミシンや絵、街の人が作った

2008_110105 2008_110106 日本画、漆喰を使ったこて絵、木彫りの器に漆を自分なりに塗った作品などこれは凄い!と驚くような芸術作品も展示されています。また造り酒屋さんではもちろんきき酒なども楽しめます。

回りだすと町の人とどのお店でも気さくにお話が出来て楽しくて何時の間には2時間余りが経ち日が翳って来てしまいました。

こんなまちの楽しい情報はこの人が教えてくれました。大感謝です!

2008_110108 スポルティーフが眩しいですね!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

帝釈峡の紅葉

今年の紅葉は最高だよ!という声を聞いて11月1日帝釈峡へ紅葉狩りにいきました。

朝7時過ぎに東城に着きましたがあたりは霧で真っ白!という訳で東城のお友達と(今日会ったばかりですが)お話の輪が出来て、8時半ころやっと晴れてきたのでもみじ橋を目指して進みます。

2008_110101 2008_110102 2008_110103 もう直ぐ帝釈峡というところで辺りは大分色づいています。

車を三坂駐車場に置いて、散策の道を神龍橋へ向かいます。朝の帝釈峡は晴れやかで気持ちが良く、山も映えています。

2008_110104 枯葉の敷き詰められた木漏れ日の道を歩くとまもなく神龍橋に着きます。風が無く橋が水に綺麗に写っています。橋から上流を見ると朝日に映えてきれいです。

2008_110105

橋を渡り上帝釈に向かうと直ぐに看板がありがけ崩れのため川岸は通れず迂回路を行くように書いてあります。

暫くは広い良い道でしたが、別れ道を迂回路の方に向かうと木の階段が続きます。300段程ですが、急坂を上ったりと汗だくになりながら行くと、やっと坂の上の東屋に着きました。

2008_1101062008_1101082008_110110_2

2008_1101112008_110146迂回路の道も広くて略整備されています。この辺りは家もあって山は里山になっており、ヒノキ林や栗林それに竹林など下草を刈ったり間伐をしてあって綺麗になって気持ちが良いです。  2008_110114 2008_110115 2008_110112

2008_110117 2008_1101211 2008_110122 2008_110123 暫く里山の道を歩くと行きと同じような急な階段を谷まで一気に下りてます養漁場に着きました。やっと川まで下りると素晴らしい景色がありました。上帝釈の道を周りの景色を見ながら更に登ると断魚渓が有ります。

この橋から観た川の景色も素晴らしいです。

2008_1101251 2008_1101262008_1101274 2008_1101307  2008_1101285 更に登っていくと自然石の雄橋に来ました。大きな見事な橋ですね。岩のトンネルとしても良いですね。ここから先も紅葉が更に色付いて綺麗な景色が続きます。

2008_110131 2008_110132 2008_110134 鬼の供養塔、唐門、と通って白雲洞まで来ました。ここは鍾乳洞です。

白雲洞から引き返して下帝釈を目指します。

2008_1101358 2008_11013710 2008_1101392 2008_110141 2008_1101423 雄橋を上流から見ます。アーチになった橋の様に見えますね。名勝の碑も横に苔むして建っています。

2008_110145 2008_110147 2008_110148 帰りもやっぱり300段程の階段と急坂を登って行きの坂を今度は下りて行きます。結構膝に来ますね!

やっと神龍橋にでて来ました。横を二人乗りの自転車が抜いていきます。この二人は一緒に上帝釈から階段を上り下りして来た人たちです。なかなかタフですが、かなりへばっていて帰りは・・・根性ですかね。

2008_110150 2008_1101523 2008_110153 2008_110155 11時過ぎて大分人が多くなっています。歴史民族資料館の辺りのおそばやさんで鮎そばを食べました。みりん干しの鮎が6匹入っていました。

いよいよもみじ橋から下帝釈のダムに向かって進みます。

2008_110157 2008_110158 2008_110161 2008_110163 2008_110165 少し行くと岩山の上に薬師堂があります。この岩山は川に向かって断崖絶壁のようです。石灰岩がごろごろしています。この辺りまで来ると紅葉が益々色づいて来ました。

越後と書いた辺りからみた帝釈川も両岸の紅葉が綺麗です。民家の柿も葉が全部散って赤くたわわになっています。形から渋柿の様ですが。軽自動車なら走れるような道をずっと歩いてきましたが、いよいよダムの方にみちが分かれます。

2008_110166 2008_110167 2008_110168 直ぐにヒノキなどのやはり手入れの行き届いた林に入ります。だんだん辺りは暗くなってヒノキの林を抜けると山道です。もうハイキングコースではありません。倒木があったりくもの巣があったりと先程駐車場で「熊に注意」の看板が頭をよぎります。

雑木林を抜けると今度は岩を削った急なつづら折れの坂が川の下まで一気に続きます。もうこの辺りでは膝が笑うどころか結構厳しくなってきました。やせなきゃね!!

2008_110169 2008_110171 2008_1101721 2008_1101742 2008_1101753 2008_1101754 2008_1101775

途中下流が開けたところで眺めるとこの辺りは川幅が狭く急峻なことが判ります。

足を引きずりながら坂を折りきり素彫りのトンネルを抜けるとご褒美か素晴らしい景色が広がっていました。う・美しい!ここまで歩いてきた甲斐がありました。ここまでの林を抜ける道は人が最近歩いた気配が余り無かったのでここまで来る人は少ないのでしょうね。休みながら湖を眺めていると遊覧船が前でUターンしていきました。今日は土曜日ですが結構人が乗っています。

2008_110178 2008_110179 2008_110187 2008_110188 2008_110541帰りは行きに足を引きずって駆け下りた急な岩の坂を上ります。そして暗い林に入りますが、道が良く判りません。そうだ倒木が、、ありました。役に立ちますね。急いで行きに来た道を戻ってくるともみじ橋から三坂駐車場までの道の紅葉も綺麗でした。

歩いた距離はマピオンの距離測で測ると

三坂駐車場⇒白雲洞⇒もみじ橋:12km、もみじ橋⇒帝釈ダム⇒三坂駐車場:7kmで約19km歩いた様です。

今日は帝釈峡の紅葉を堪能させていただきました。来週には上帝釈の方まできっと紅葉で一杯でしょう!

帰りは東城で「まちなみぶらり散歩ギャラリー」 をやってるとと情報があり一寸寄ってから帰ります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »