« お遍路第18番~20番鶴林寺 | トップページ | 伊那へ(信濃) »

東北旅行(山形)

夏季連休を使って山形県へ車で家族旅行に行きました。

第一日目は実家から東北自動車道・山形自動車道で酒田まで移動しました。

2008_0809640 2008_0809640_2 本当はこの海鮮市場で昼食のつもりでしたが道路が混んでいて思うように進まず15時頃の到着です。

1階は海鮮物も販売(美味しそうな魚やいかが並んでいます)そこで2階の「とびしま」という食堂で一品物を頼んでおやつをつつきました。鯵やイカなど美味しかったですね、なかには珍しくマンボウの刺身も食べました。2008_0809640_3 本日の泊まりはかんぽの郷酒田です。いつも家族旅行はかんぽを使いますが外れは殆どありません。でも民営化以後数が減ってしまったのが残念です。

2008_0810640 二日目は酒田を少し見物してから羽黒山を経て山形市内に向かいます。

まずは海向寺です。真言宗のお寺で即身成仏のミイラ2体に手を合わせました。お寺の人から月山・羽黒山・湯殿山や即身成仏の話をしていただきました。

2008_0810640_2 次に本間美術館にいきました。別邸を最初に見ましたが、すばらしい庭と透かし彫りなど贅を尽くした造りは富豪の凄さと粋を感じます。

昼食は鶴岡で寿司を堪能して羽黒山に向かいます。

2008_0810640_3 途中の道の駅にバンジー発祥の橋があり2008_0810640_4 バンジー台から見る川は大分高くて良くやったなと驚かせます。

2008_0810640_5 羽黒山の神社の鳥居と山門です。

ここは神様と仏教が一体になっています。

山門を抜けると2008_0810640_6 2008_0810640_7 2008_0810640_8 2008_0810640_9 杉並木の中を階段が続いています。少し歩くと爺杉という大きな杉の木があります。しめ縄が張られて威容を放っています。その横に国宝の五重の塔が杉木立の中に静かに立っています。まだ午前中なので屋根の下にも光が入って綺麗に姿を見せてくれました。

ここで車に戻って羽黒山の本殿に向かいます。

2008_0810640_10 駐車場から杉木立を抜けると沢山の堂宇が見えてきました。まづはわらぶき屋根の大きな鐘楼。そしてその奥に三神合祭殿(本殿)があります。

これもわらぶき屋根ですが大きいのなんの!驚きました。

月山・羽黒山・湯殿山の神を祭っています。境内には芭蕉の句碑もありました。

今夜は山形市内の山形グランドホテルに泊まりました、夕食は市内のお蕎麦屋さんです。

2008_0811640_2 三日目は上山城に行きました。小藩で沢山の城主が変わって行ったお城ですが中は博物館のようなつくりになっています。

いよいよ蔵王に向かいます。蔵王エコーラインを登ってリフトでお釜を目指します。

2008_0811640_3 2008_0811640_4 駐車場のリフトのりばまでは山を登っていくと辺りの木が広葉樹・針葉樹・だけかんばと変わって行ってリフトで登るとそこは唐松のような低い木しか生えていません。

2008_0811640_5 リフト頂上から歩くこと3分位でお釜が見えてきました。

近くに行って全貌を見ると昔見た通りすばらしい眺めです。

今回の旅行は天気に恵まれラッキーです。エメラルド色の水がこれまた綺麗です。

2008_0811640_6 2008_0811640_7 山頂のレストハウスで食事をして刈田岳の頂上へ、刈田神社の奥の宮にお参りしました。

今晩は蔵王の近くの遠刈田温泉のさんさ亭に泊まりました。

2008_0812640 久しぶりの温泉旅館に泊まってゆっくり部屋で夕食をいただきました。

四日目は山寺に向かいます。

2008_0812640_2 2008_0812640_3 2008_0812640_4 2008_0812640_5 2008_08121024 2008_0812640_6 2008_0812640_7 2008_0812640_8 山寺(立石寺)の奥の駐車場から中に入ると直ぐに根本中堂があります。ここは天台宗です。2008_0812640_9 根本中堂の横には清和天皇のご宝塔の前に芭蕉の「静かさや・・」の句碑がありました。日枝神社でお参りをして亀石に名前を書いたお金を置いて願い事をしてから階段を登りはじめます。このお寺は山のあちらこちらに堂宇があり階段がめぐっています。暫く階段を登ると姥堂を通り仁王門があります。中には閻魔様もにらみを利かせています。びんずる様をお参りして奥の院・大仏殿へ着きました。天気が良く非常に暑い日でかなり汗が出ます。2008_0812640_11 五大堂を回って下りてから 冷たい飲み物で一息つきます。

2008_0812640_13 ここには芭蕉の句碑もありますが芭蕉と弟子のそらの像があります。そらは芭蕉と少しはなれていて寂しそうです。

ここから一気に高速道路で実家へ戻ります。

今回の旅行は天気にも恵まれなかなか見れない蔵王のお釜も素晴らしい姿を見せてくれ、運転も子供がガンバッテくれたので非常に楽しい旅行になりました。

来年はもう一人の子供が入試なので一寸旅行は無理かな??

|

« お遍路第18番~20番鶴林寺 | トップページ | 伊那へ(信濃) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517801/42248801

この記事へのトラックバック一覧です: 東北旅行(山形):

« お遍路第18番~20番鶴林寺 | トップページ | 伊那へ(信濃) »